FC2ブログ
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」 第5話
おっ!藤川も5話目にして、とうとうヘリに乗れたのか~♪と思いきや、梶が付き合ってくれてただけだったんですね。(^-^;A
途中からちょっと台詞が変だなと思ったのは、そのせいか(笑)

今回はガス管の爆発でドクターヘリが出動した訳ですが、かなり悲惨な状況でした。
藍沢、白石、緋山は現場へ向かったものの、藤川は残って比較的軽症な患者さんに簡単な問診をする…という担当でした。(^_^;)
先週の「諦めろ」という言葉といい、何だか黒田も徹底してますね~。
でもどんなに酷く扱われても、くさらず、最後まできちんと仕事をやり遂げる姿を、森本がしっかり見てくれてましたね。
緊急救命には黒田や藍沢のようなタイプの外科医の方が重宝されるんでしょうけど、“心のケア”という点では藤川のようなタイプも必要ですよ。
例え本人の意図とは関係なくても…(笑)ヾ(°∇°*) オイオイ

で、藍沢と白石はナースの冴島と共に、現場で鉄筋にざっくり刺さった患者さんの処置をすることになったのですが、重症にもかかわらず喋る喋る。(^^ゞ
なぜ痛みを感じないのか?と思っていたら、アドレナリンとやらの分泌のせいだったんですね。
段々と意識が遠退いて危険な状態…というところで、黒田から電話で指示が。
藍沢はその場で開胸、大動脈からの出血を止めて、鉄筋から一気に引き抜くシーンですでにTV前で力が抜けてました。(^▽^;)アハハ
ところがその後一段危険な状態になった患者さんの前で、藍沢が背を向けて諦めたのかと思いきや、拳を振り上げて胸に一発!
心臓が再び鼓動し始めたときはジーンときました。
真っ二つに切断されてしまった定期券を、藍沢が患者さんの手にしっかり握らせていたのが印象的でしたわ。
しかしこの患者さん、よく見たら山崎裕太君でしたやん。
“あっぱれ”からすっかり年月が経ち、もうお父さん役を演じるような年齢か~(しみじみ)

そして三井が裁判を起こされている医療過誤の詳細がやっと判りました。
お産で母子共に危険な状態に陥り、最初は母体を優先しようとしたものの、母親から「赤ちゃんを助けて欲しい…」と懇願されて、結局両方とも救えなかった…ということだったみたいですね。
その後、患者さんの夫・真壁(阿南健治さん)に説明しようにも、三井自身も相当なショックを受けていて、「全力は尽くしましたが…」と言うのが精一杯。
「あとは事務の者に…」とその場を立ち去ってしまったことで、夫の真壁には誠意の欠片もなく、冷たく聞こえてしまったようです。(・_・、)
しかし病院からは、立場上謝罪することも許されず…ということで、かなり辛い状況ですわ。
緋山が爆発現場で、「ありがとう」と言われた患者さんを救えなかったことでショックを受けていたようですが、三井が自分と重ね合わせてしまう気持ちも解ります。

で、前回「死んだ…」と言っていた冴島の恋人ですが、もしかして生きてます?
でも電話がかかってきていたのは母親からだったし、言葉の端々から想像するに、すでに植物状態とか、そういった類の状況のような気がしますね。
この伏線もちょっと気になります。

そして最後に運ばれた患者さんは、藍沢の祖母?
「そこにおるやん!」と二人がすれ違ったドラマらしいシーンにはイライラしましたが(笑)、どんな時でも冷静な診断と処置が出来る藍沢が、身内にはどんな状況に陥るのか…ってところですね。




ランキングに参加中なので、ポチッと押してくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^_^)

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : コード・ブルー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

オードブルはドクター地獄(ヘル)の9940
お久しブリトニースピアーズ(からの・・・ゲッツ!
とか言うついついこういう下らないのを入れてしまう私です。

いやあ、最近掲示板が廃止になってりんりん様のドラマのコーナーに書き込みにくくなってしまい足がちょっと遠のいていまして、今は古巣の方で相も変らず妙な見方をして人気ドラマをグダグダだとかマイナードラマの更にマイナーなところを掘り下げたりかしています。

で、毎週時間通り見れているドラマが今期レビューのなかではこの「コードブルー」だけなのでここに書き込みしました。掲示板が復活という形が一番書きやすいんですが、まあそれは管理人さん次第・個人の事情ありきなので多くは望みません。
「4つの嘘」はレンタルでまとめて見たいなとか、「シバトラ」はだんだん良くなってきてるかなとか、「魔王」はノーコメで「TOMORROW」はなんか難すぎで菅野ちゃんに比重がかかり過ぎ、以外に背中で演技するエドちゃんがいいとか思ってみています。

まあ、春ははっきり言って全体が悪すぎました。
その分この「コードブルー」は実はあの「ラストフレンズ」という私は体質的に合わなかった(1話と総集編のみ見ました)ドラマの後だったので心配もしたのですが、「ER」を若くしたような新人医師の群像劇がまあ新鮮に出来上がっていて好感がもててます。

月9は違和感はあったのですが、「CHANGE」と違い、名台詞作家の脚本によるけっこうあざとい野村伸司のようなつくりかもしれないと今日思いました。
TOKIO松岡君のやつは女優が頑張ってるし、

まあ、りんりん様のHPは一時ここしか書いてなかったほどだったのでたまには覗いてみないとねということで嵐を呼んで参上しました。
今回はテンポよくて1話が思い出されました。
そしてドクターヘリの救護バックって、動く医者セットのようなものが入ってるんだなーと感心。
で、3人で鉄骨から患者さんを抜く時に誰かがコケてもう1回刺さったり、今度はフェローの体に刺さったりしないのかな?ってホラーな事を考えちゃいましたよ。

んで、緋山。患者を死なせてしまった事をずっとひきずってる事に梶の「お前医者だろ?」のセリフに激しくうなづいてしまいましたよ。もしかして初めての患者の死だったんでしょうかね。

でー、ああいう患者数の多い現場ってなんとなく戦時中を想像してしまいます。被災地のドラマを見たんですけど、軽症の素人が重症の人を次々と手当てしたりして。1人の人間だけを相手に出来ない状態だから、精神的な強さってそういう所からうまれてくるのかなぁ。って思いました。

そして三井の過去が緋山だったわけですね。
しかしギバちゃんは誰に対してもキツイですよね~、言い方が。まぁ、曖昧な優しさよりいいんでしょうが。藤川は精神力も技術も知識も向上心も無いからやめろ。って言ってるんでしょうけど、やっぱ仕事がハンパなく忙しいし、家庭もボロボロになるし、優しすぎる藤川自身が将来後悔しないように…って思ってのキツイ発言だと、私は思いたいです。
それか、若い頃の自分と似ているから…とかだったら深いドラマなのに。
>しとろえんさん
お久しぶりです!(^o^)丿
>お久しブリトニースピアーズ(からの・・・ゲッツ!
私は、好きですよ(笑)
「ドラマ掲示板」はブログ開始と共に廃止しましたが、普通の掲示板の方を自由に使って下さってOKですよ。(^.^)
しかし、お久しぶりのしとろえんさん節も全開ですね~♪
そして“ツボ”はちゃんと押さえていらっしゃる。(’-’*) フフ
「ラスト・フレンズ」の1話と総集編…とは、また濃い~ところをご覧になったのですね。
>「ER」を若くしたような新人医師の群像劇…
うんうん(^_^) 「コード・ブルー」はそんな感じですね。
お医者さんにしては4人はちょっと若すぎるかな?と思いつつ、ドラマのスピード感は見応えあります。
「月9」はそろそろ慣れるかな~?って感じ(笑)
熱い織田さん…色も黒いし。コラコラ ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

顔を出して下さって、嬉しいです♪
また遊びにいらして下さいね!(^o^)丿


>茶夢さん
ホラーは苦手です~(笑){{(>_<)}} ブルブル...
「ドクターヘリの救護バック」…今は便利になってるみたいですね。
あんな小さな器材で、立派に役立ってたのには驚きました。
緋山はまだ経験が浅い…ということだったんでしょうね。
でも人が亡くなっても何も感じない方が、辛いですが~(^-^;A
黒田が藤川に厳しく接するのは、言葉の裏に何かある…と、私も思いたいです。
チラチラ登場している黒田のプライベートな部分や過去も、これから明らかになるかも知れないですしね。(^.^)
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク