「クロコーチ」 最終話
結局、全ての真実はまた再び闇の中へ…というオチでした。(^_^;)
原作が終わっていないだけに、これは仕方がないですけどね。
実際に「三億円事件」も未解決なままなので、これが一番リアルな最終回だったのかも…。

さて、連行される途中で清家たちをスタンガンで気絶させて、逃亡した高橋。
いやいや実はこれも陰で黒河内が絡んでた訳ですな。
黒河内に「三億円事件」の全貌を明かし、自首することにした高橋でしたが、最後は結局のところ始末されたか、また自由になれず再び別人として生きる選択をさせられたか。
どう考えても、まぁ前者かな~(;´∀`)アハハ
そして沢渡逮捕の為の証拠品となった「テープ」でしたが、あれってもしかして斑目が始末したってこと?
何か、彼女が作成した音声っぽいデータを抹消するようなシーンがチラッと映っていたような…。
う~、怖い~。(^_^;)
そのテープを持って自分の父親が殉職を装って殺されたことを直訴しようとするも、柿崎たちに拒否されるし…
ってところで、黒河内登場!
もうそこからは彼の独壇場でした。笑
「臭い物に蓋をする」「警察の不祥事は闇へ葬る」という体質を、「三億円事件」の真実を明かすことで何とかしようとする姿勢に心を打たれたのかな~と思いきや結局変えられず。
「警察は正義」という自負や世間の厳しい目がある以上、そこは譲れない訳ですね。
まぁ、雑魚事件ぐらいは明るみにされてますけども…。苦笑
柿崎と牛井は黒河内に心を動かされた「フリ」をしていただけ。(^_^;)
金庫の中の「三億円」を、守っただけ…。

クーデターが明るみになり、表向きは逮捕された沢渡でしたが、彼もまた「三億円」の番人の“コマ”として使われただけで結局始末される運命だった?
ひゃー!怖いったらありゃしない…。
ニュースで流れることもなく、「桜吹雪会」の実態はまた闇の中…。
いくら黒河内や清家たちが声をあげても、何も変わらないし、何も起こらない。

最後まで黒河内と殺された女性ジャーナリストとの関係は明かされなかったけど、結局復讐も叶わなかったってことですよね?(^_^;)
何もかもが“未解決”のまま、嫌~な感じのモヤモヤだけが残った印象。
まぁスッキリしたら、このドラマっぽくないか。笑


関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク