「太陽の罠」 最終話~「太陽をつかむ男」
観終わった後は、暫く放心状態でした…。
気が付けばドラマにどんどん惹き込まれて、長谷川沼にどっぷりと嵌ってしまった感じ。
この感覚、何か久しぶりでしたわ~。笑

前回の終わり、葵の言葉で打ちひしがれた後に静かに呟いた「俺をなめるなよ」の言葉にゾクゾク…。
そこから長谷川の本当の戦いが始まった訳ですが、まずはゼスター社の特許不正取得を証明するために必要なのは葵の証言。
その葵はすでにアメリカへと向かっていたものの、「一匹のアリ」はその名の通り、無残にも握りつぶされる運命だったようです。( ;∀;)
製造マニュアルのデータを入手した時に、もしかしたら何か特許侵害を免れるような細工をしていたのかな…とか思ったけど、結局はそこではなかったみたい。
澤田の事務所で書類を確認してた痕跡はあったから、一応は探したのかも知れないけど…。
でも一人で会社に直訴するのは、いくらなんでもちょっと無謀でしたよね。(^_^;)
結果的には澤田が葵の情報をセザキに流していたことから居場所が知れてしまったことになってたけど、それが無くてもすぐにバレていたかも。

しかし何といっても、二人の最後の電話のでした…。
淡々と事務的に話す長谷川が、泣きながら謝っている葵の「眞ちゃん…」の言葉で見る見る表情が緩むんですよね。
その一瞬で涙腺決壊ですよ~(/_;)
信じていた葵に裏切られて、悲しく悔しい気持ちでいっぱいだったはずなのに、やっぱり信じたい、許そうとする長谷川の強さと優しさ。
その前の澤田とのシーンで、誕生日ケーキを本人より先に頬張りながら「世の中を変えたい。少しで良いからイイ方向に…」と熱く語る長谷川の姿を見て、自分の罪を後悔する葵の様子が回想シーンで流れてたので、もうその時の彼女の感情やら思い出してグジャグジャにエライことになってました。(;´∀`)アハハ
ドアの外にいたセザキ達の姿を見て悟った葵が、大急ぎで「陳述書」を書き上げる様子がありましたが、書き出しに「I,Aoi Hasegawa…」と書かれていた名前が彼女の気持ちの全てだった気がします。

そして始まった証言録取…。
長谷川の復讐(欲望?)は、澤田が生み出した技術が今では何の価値もないことを知らしめ、裏では繋がっていたであろう葵とは自分が事実上の夫であること、そして彼女の死で澤田を一生後悔させること…だったのかな。
最初はのらりくらりとしらを切っていた澤田が葵の死を知り、トドメは子供の頃に発明して葵にプレゼントしていた「車」ですもん。
もう、落ちない訳がない…笑
でもその「車」も実は葵が失踪した日に燃えないゴミに出していたもので、偶然長谷川が見つけて拾っていた…という事実も、何だかちょっといい気味な感じ。
「陳述書」は結局公に出ることはなかったけど、置かれていた濱の手に葵の死を無駄にしない思いが感じられて良かった。
まぁ、本当に憎むべき相手は葵を死に追いやったゼスター社だったかも知れないけど、そこはあまり深く考えないってことで~(^_^;)

そこから少し遡り、亡くなった葵との対面、彼女が最後まで持っていたのが長谷川の発明品の一部の「葉っぱ」だったこと…。
冷たくなった葵に覆い被さって泣いてたシーンも秀逸でした。
やっぱり西島さんの細かい心情の演技には、いつも心揺さぶられます。
4話という短いドラマの展開には少々ツッコミどころはありますが、登場人物それぞれの「罠」にドキドキさせられ、「想い」に気持ちを重ねたり、本当に色々と楽しませて頂きました。
意外に、みつきキャラも可愛かったですよね。
占い師というより、殆ど名探偵のような活躍でした。笑
長谷川との少しコミカルなシーンは、重い展開が続く中で唯一ホッとできたかも…。
といっても一番笑いを取ったのは、復活を遂げた「村岡でございます!」の清々しい瞬間でしたが~(*≧▽≦)ノシ))

そして全ての“仕事”を終えた濱は自首、長谷川はあっさりメイオウ電機を辞めて、小さな会社で希望を失わず、また新たな開発に生き生きとしている様子が伺うことができて良かったですわ。
あ~、もうドラマも終わりかと思うと寂しい気持ちでいっぱいですが、またいつかお芝居のお仕事があることを願ってます。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク