「僕のいた時間」 第7話
拓人がALSだと知ってしまった以上、恵は心穏やかで過ごせる訳がなく。
でも元さやに戻ったところで、これから先の事は分かってしまってる訳で…。
そんな中、繁之のまた嫌~なところが露見しましたわ。
「俺って、心の広い人間だろ?」とでも言ってるかのように、守の提案をすんなり受けてしまうところが、もう…。
それとも変な自信が彼をそうさせているのか?
どちらにしても、尊敬できるような相手ではないな。

ていうか、いくらヘルパーの女性の仕事ぶりが目に余るからといって、代わりに恵を…と思いつく守もどうかと。
このままでは拓人も恵も傷つけてしまうんじゃないかな…と思ってしまうのは、私だけ?
しかし拓人の病気を知って、恵がそのままモヤモヤし続けるというのも不自然か…。
それなら何らかの形で二人が納得のいくまで側に居させてあげたい…と思うのが、親友の心情としては普通なのかな。
答えは最後まで出ないような気もするけど…。

そして結局、弟の陸人も医者を志さないのなら…と、両親が実家へ帰らせてしまうことに。
いくら仕事があるから残ると言い張ったとしても、あんな状態の拓人を一人残すのは信じられない。
これからどんどん症状は悪化する一方だと分かってる訳だし、今は辛うじて動かせる右手もいつ動かなくなるか、その前に呼吸器系や他の器官もどうなるか…。
ヘルパーさんも泊まり込みじゃないし、もし誰もいない時に何かあったら…
…って、早速ありました!(^_^;)
そこは恵が…という展開にしないと、ドラマにならないか。


恵のしたいことが、拓人も同じ気持ちだった…というのは、ちょっと涙腺緩んだかな。
これからどうなるかってところですね。
それよりどんどんやせ細っていく春馬君が、心配になってきた~(^_^;)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

演じ手も流石なんですが、見せ方が巧みですね~。最後の最後にヤラレました(/_;)「私」がしたいことは、「僕」がしたいことだった。。。「誰も代わってくれないんだから」そうなんですよねぇ。そこは諦めて自分の運命を受け入れて生きるしかない。「明けない夜はない」より過
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク