「アリスの棘」 第1話
おおー♪
上野樹里ちゃんの冷酷キャラにゾクゾクしましたわ。
設定や制裁方法には色々とツッコミどころはあるけど、そこはドラマってことで。笑

主人公・明日美は父親を医療ミスで亡くし、その復讐のために医者になって同じ病院に勤務した。
最初のターゲットはオペの担当看護師で、偽の手術看護記録を書いた師長の蛭子(六平直政さん)だった訳ですが、これがまた成敗されても仕方がないやろ~ってぐらいの悪キャラ!笑
そもそも、お顔からして…(コラコラ)
あんな方法どうやって??というツッコミは置いといて、最後の最後でトドメを刺さずに彼を利用することにしたようです。
でもいつか翻るかも…というハラハラ感はちょっとついて回るかな。

そして蛭子の証言から、次のターゲットとなった医師の伊達(藤原紀香さん)。
彼女もまた医師としてあり得ない発言の数々。(^_^;)
あの診療所では良いお医者さんだったのに。笑
どうやら新しい手術を取り入れて名声を得るために、患者さんを殆ど実験台のように扱っているらしい。
明日美の父親は伊達の腹腔鏡手術でミスをされ、開腹手術にも切り替えられずに失血死…だったようです。
また新しい術方法で無理やりなオペを強行しようとしたところを、明日美がデータのすり替えに気づいて~ってことだったのだけど、その証拠を掴む為の行動にまたこれがハラハラしましたわ~。
婚約者のお祖父さんも被害者だったことで、上手く味方につけることはできたけど、あんな短時間でどうやって事情を話して説得したのか気になるところ。笑
とりあえず大勢の目の前で伊達にぎゃふんと言わせたことだし、制裁はこれで終わりと思いきや、まだまだ続きが…

場面は変わり、気づいたら伊達は手術台の上で…。
てっきりどこか別の場所だと思ってたけど、思いっきり病院内だったようです。
おいおい、誰かが入ってきたらバレバレやん~というツッコミは置いといて。笑
医師の風上にも置けない奴には、もう二度とメスを握らせない為に、そこはトコトン成敗する訳ですな。
お腹に刻まれた明日美の父親の名前…。
これで呆気なく依願退職へ追い込むことに成功。
しかし復讐はこれで終わらず、伊達の口から指導医だった千原(田中直樹さん)が関わっていたことを聞かされ、次のターゲットとなるようです。

明日美の過去を知ってそうな記者の西門(オダギリジョーさん)も気になるし、あとは病院内で次期院長の椅子を狙うライバル教授同士の戦いも面白くなりそう。
父親の手術看護記録を明日美に送ってきた相手が誰なのかも気になりますしね。
成敗する相手には「不思議の国のアリス」になぞらえて、その登場人物に因んだカードを送りつける…というやり方でしたが、またあのハンプティ・ダンプティが六平さんに似てたのなんの。笑
ありがとうございました!\(^o^)/←
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリスの棘 第1話 何をやっても「のだめ」だという批判は 映画『奈緒子』やドラマ『ラストフレンズ』を観れば当たらないと今でも思っていて、役者としては「憑依型の女優」だと評価していたんだけど、『江』を境にテレビからほぼ消えてしまっていた上野樹里・・・・。 そんな背景もあってか、ドラマ設定以上に暗〜〜〜い雰囲気がただよい、上野樹里ちゃんがかつて放っていたシャープな輝きも幾分薄れちゃっ...
今度は上野樹里は、怖~いクールなダークヒロイン。もともと、かなりの演技派だけに、新境地開拓?!髪型やメイク、表情と、のだめ路線とは別人みたいでしたね。前クールは熱血お医者さんが多かったですが、ここに登場するのは、かなり問題アリで、憎まれ、復習されてナンボの感じ。でも、個人的に、六平直政をハンプティーダンプティーに見立てた、キャスティングのセンスには、思わずプププ… (^m^)だったのでした。...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク