「信長協奏曲」 第2話
サブタイトルから、タイムスリップしてきてる人物がもう一人いるのか~と思いながら観てましたが、西田敏行さん演じる「斎藤道三」だったんですね。


そして警察官…。
着物の柄一つで戦になるやも…な前フリだったので、一体信長はどんな着物を選ぶのかと思ったら、学生服て!笑
えーっと…。持ってきてましたっけ?
それともタイムスリップする時に着てた?
案外、覚えてないもんですね。(^_^;)
で、その学生服を見た道三が、二人っきりになってどんな荒ぶりを…?と心配したけど、ポテトチップスにご満悦。笑

タイムスリップして、約40年…
その間、彼がどれだけ心細い思いをしたのか計り知れませんが、帰蝶という最愛の娘にも出会えたし、戦国時代を切り抜ける術を学んで頑張ってたって訳か。
理由は全然違うんでしょうけど、何となく史実にも上手くリンクしてるところが面白いですな。
最後は息子の謀反のせいで亡くなるというのが、何とも切なかったですわ。(/_;)
タイムスリップって、最後はまた現代へ戻れるってパターンの話が多いけど、結局彼はそれも果たせないまま?
いや、そういえば死んだと思ったら現代へ戻ってた…って話もありましたよね?
確か「JIN」がそうでしたよね。
無事に戻られてると良いのですが…。

さて、今川義元のスパイという立ち位置だった伝次郎が、馬番の木下藤吉郎を名乗って信長の城へ潜入。
名前で思わず「仮面の忍者・赤影」を思い出したけど、後の秀吉やん!笑
どんな「秀吉」になるのか、興味津々ですわ。
やっと山田孝之さんの出番が増えそう~♪ヾ(O´∀`O)ノ
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長協奏曲(コンツェルト)第2話 小生は原作コミックもアニメ版も知らないので、予備知識もゼロ。 −◆− 斎藤道三(西田敏行)と会談を申し込んできました。 信長「絶対嫌だ!」 恒興「会見を断れば逆鱗に触れ、殿は斬り殺されます。」 信長「どっか遠くに逃げちゃえば良いでしょ」 恒興「無駄です。道三殿は地の果てまで殿を追いかけてきます。そして殿は斬り殺されます。」...
上手いですね~。『JIN』を思い出しますわぁ。。。歴史音痴な私でさえも感心したもんですけどね、今回はその当時より分かりやすい。大河のお陰かしらん(笑)貴一ちゃんの『武田信玄』の頃、信玄の里・山梨へお泊りツアーにも参加したのですよ。母親が大河を見てまして、当時は
当初、マムシの道三に西田敏行がキャスティングされてるのが、斬新だなぁ、と感じたのですが、まさか、こういうオチというか、大胆展開だったとは!タイムスリップものは数あれど、ダブルとはね (^^;)実は、斉藤道三(西田敏行)はタイムスリップの先輩。会見にあたり、サブロー(小栗旬)達、周囲が散々、服装選びに迷った結果、学生服で臨み、かたや警察官姿 舞台は戦国… その絵面自体に、大いにウケたのでした。...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク