「信長協奏曲」 第7話
信長@サブローを撃ったのが、まさかのゆき。(^_^;)
朝倉の間者ということは分かってたけど、そんな物騒なことをしたとは夢にも思わずでしたわ。
結局思い留まったけど、その後も瀕死状態のサブローにトドメを刺そうとしてましたもんね。
無事に意識は戻ったものの、自分を撃った相手がゆきだったと知った時のサブローの落ち込み様が。( ;∀;)
で、失敗した者は消される運命だったところを、サブローに命を受けた犬千代が助ける…と。
藤ヶ谷君は今まで何とも思わなかったけど、この時ばかりは「かっちょいい~♪」と、少し感動しました。笑
一度は失くした命、これからは帰蝶の為に…と、大岡越前様並みの見事なお裁きでした!

さて、藤吉郎の様子が怪しいことに気づいている半兵衛。
しかし頭巾で顔を隠した明智が信長だと薄々感づいたことで、流れが変わるのかな。
上手いこと繋げてくるわ~。(ノ∇≦*)キャハッ♪

そして益々サブローに嫉妬する明智@信長…という形になるんでしょうかね。
帰蝶の変わり様を一番感じているようですし。(^_^;)
そう、全ては自分に返ってくるんですよ。
優しく接すれば相手も優しくなるし、辛く厳しく当たれば自分も同じようにされるってもんですわ。
もうサブローを信頼しきってることはヒシヒシと感じているので、もしもの時は…と、半分本気の帰蝶に涙腺が緩みました。

ブレーンたちもイイ感じじゃないですかっ!
信長様を守れなかった…と悔やむ恒ちゃんに、「お主一人が殿をお守りしてる訳ではない!何のためにわしらがいる!」って、何かもう泣ける~。(ノД`)・゜・。
このセリフ、森りんに言わせたってことは何やら嫌な予感もするけど…。

浅井さんとの仲は元通りになって欲しいけど、史実通りではそういう訳にもいかないか~(^_^;)
板挟みになってるお市のことを思うと、辛いですわ。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サブローを鉄砲で撃ったのは、ゆきだったのー(ノ゚ο゚)ノ ホントならミッチーが撃たれるはずだったのにね。 命の恩人…救われるってこういうことなんですね。今度こそ、命に代えてもお守りすると心に誓うゆき。織田信長や豊臣秀吉が、容赦なく切り捨てて行った気持ちが分からない
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク