「信長協奏曲」 第8話
うん、森りんが亡くなるであろうことは何となく分かってたので…(ノД`)・゜・。
立派な…って言葉は今でも聞くけど、ずっと違和感だったんですよね。
でもどんな亡くなり方でも、そこで子供たちが何かを感じ取ってくれれば…と思いますよ。
残念ながら森りんのお子さんたちは後悔しか残らなかったけど、お父さんはきっと何処かで見ていてくれるはず。
何といっても、無事に楽市楽座を成功させたんですもんね。
皆さんの笑顔が何よりでした。

しかし今回は選挙を意識したのかしら?
何か、サブローの話が「公約」に見えましたわ~。(* ̄m ̄)ププッ
現代では普通の事が戦国時代には普通じゃないんですもんね。
サブローの周りにはどんどん人々が集まって、本物の信長は気が気じゃないでしょうけど…。
で、藤吉郎改め羽柴秀吉が光秀に色んな角度からカマをかけてみるも、まぁそうそう真実は語られないでしょう。(^_^;)

そしてサブローが誰も信長と信じて疑わないところが、ずっと謎だったのですが…
「落馬して頭を打った」ということで、皆さん納得されてたのか~笑
それにしては髪形も服装も?
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...笑
一応、もう着物は着てますもんね。
て、そういうことではなく。←

今回はちょっと中弛みしたかな~(^▽^;)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長協奏曲(コンツェルト)第8話 森可成「わしはこの命を織田のために捧げる。わしを支えてくれた皆のために。わしを許しそばに置いてくれた殿のために。そして!せがれたちの誇りであるために。」 敵兵に「織田信長が家臣森三左衛門可成!これより先一歩も通さん!」 そして、壮絶な討ち死に・・・。 息子・勝蔵にダメ親父だと思われた森りんが武士としての生き様を見せた。 −◆− ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク