FC2ブログ
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」 第10話
黒田の件があってから、白石と藍沢の様子がおかしい…。
電気の配線工事中に転落した患者が搬送され、いつも冷静で的確な処置をする藍沢が初歩的な判断ミス。
白石も田所に辞職願を出してしまいました。

そんな時、西条によって黒田の息子・健一(今井悠貴君)の脳腫瘍を取り除く手術が始まった訳ですが、腫瘍は言語中枢に近い場所にあったため、一旦麻酔から覚まして話しかけている間に電極で脳を触って境界を見つける、という方法をとることになり、会話をする役目になった黒田。
最初は戸惑っていたものの、健一君と会話をするうち、医者としてではなく、まさに“父親”の心境になっていったのが印象的でした。
健一君も黒田が父親だと知らないまま、しっかりと受け答えしている姿に涙腺が緩んだのですけど、
ここで黒田も自分が父親だと名乗れない歯がゆさ…。
そんな気持ちを察したのか、西条が術後に「家族だけでゆっくり話せ」と言ってくれたことに、また(T_T) ウルウルでした。
そして手術は無事に終了。
でも健一君は、残念ながら黒田と話した会話のことは一切覚えてなかったんですよね。
それでも動揺することなく、医者として接していた黒田の気持ちを思うと、また涙腺が決壊…(・_・、)

そして次に運ばれてきたのが、本棚の下敷きになったという妊娠36週の妊婦さん。
彼女は骨盤骨折していて、胎児は仮死状態…というところで、三井の過去とダブるわけですわ。
一旦は母体を優先すると決意した藍沢でしたが、妊婦さんの諦めきれない様子を見て、帝王切開の後、タオルパッキングという方法を用いて母子ともに助けようと方針を変更。
結果的には母子ともに助けることは出来たのですが、自分の決断が正しかったかどうかと迷い続ける藍沢。
「名医とは何ですか?」と黒田に尋ねるも、答えは出ない…。
でもこうやって悩み続けることが、藍沢にとって一つの成長ともいえるかも知れません。
お医者さんって“物”を見るんじゃなくて、血の通った“人”を診るんですもんね。

一方、白石の方にも試練が…。
ICUの患者さんが大動脈瘤破裂で急変して、オペ室へ運ぶよりこの場で緊急手術…となったわけですが、他に居合わせたのは右手の使えない黒田と藤川。
意を決して白石が手術に挑んだものの、経験の無い動脈瘤の剥離ができず苦戦。
でも黒田が横で上手くフォローしてくれてました。
工事現場で藍沢がやった、開胸して大動脈をクランプするよう指示された白石は無事に成功。
その様子を見ていた健一君から「凄いね!おじさん!」と声をかけられて、こみ上げる思いを胸にICUを後にする黒田に、またまた(T_T) ウルウル。
いつか父親だと名乗り出る日が来て欲しい…。
つい、実際にも良いお父さんなんだろうな~と思いながら、ギバちゃんに重ねて観てしまいました。(^^ゞ

みんながそれぞれ大きな壁を乗り越えた…とホッとしたのも束の間。
最後に高速道路で多重衝突事故が発生。
死傷者が50人以上…というところで、つづく。(^_^;)
で、予告であった「耕作…?」という、藍沢とおばあちゃんとのシーン。
てっきり記憶が戻ったと思っていたのに、実は違ってたんですよね。
ドラマやな~とツッコミたかったのに…じゃなくて(笑)、本当に記憶が戻って欲しいと切に願います。

最終回は15分の拡大版になるそうです。




ランキングに参加中なので、ポチッと押して帰ってくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^^ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : コード・ブルー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

ながらみで見たので・・・
感想もこまぎれに(笑)
いや、最終回だったら真剣に見るつもりだったんですけどね^^;

冒頭では生きるしかばねの様だった白石が後半で手袋をはめてきた時には立ち直りはやっっと思いました。

んで、初めて訪れる耕作の挫折。
でも、失敗を知らないでやってきた人は1度挫折して、そこから気持ちをふっきった時にはそれまで以上に強くなるんですよね。
だから私は耕作が若いうちに挫折を経験して良かったって思いました。ベテランになってからだと立ち直れない人もいるしねぇ~・・・と、ここまで語ったけど、ギバちゃんとの話し合いの前に用事で出かけたので耕作の気持ちがどうなったのか教えてください(笑)
根は・・・
>茶夢さん
白石もやっぱりお医者さん…というところでしょうかね。
確かに立ち直りは早かった(笑)

耕作は気持ちを吹っ切った…というよりは、救命医療の最善の治療に対して悩み続けているという感じだったかも。
今までは何の躊躇もなく、腕の切断に踏み切ったり、目の前のことだけで患者さんの“その後”を想像しなかった自分を反省した…みたいな。
人間らしく成長したって感じでしょうか。
でもまずは命を助けることが先決だし、その辺はやはり“現場”でどれだけ冷静になれるか?その辺のバランスは難しいかも知れませんね。
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク