「信長協奏曲」 最終話
そっか、続きは映画か~(^▽^;)アハハ
サブローはまた信長として戻ってきただけで、現代へ戻れた訳でもないし、時間的にも?あれ?
…と思ってたら~。
しかも来年の12月ってことは、1年後…。
覚えてるかな~。
いや、再放送作戦があるか…笑

しかし浅井とのことは切なかったですわ。
事実は変えてあるけど、史実にはスレスレに基づいてるんですもんね。
いやいや、実際にその場に居たわけじゃないから(もう誰も生きてないし:笑)、本当のところは文献や言い伝えのようなものでしか分からないんですけども…。
あくまでフィクションです。(* ̄m ̄)ププッ
高橋さん演じる浅井だったからなのか、彼なら本当にサブローと良い親友になれただろうにな~と思いながら。
憎しみは新たな憎しみしか生まないんですな~。
これって、現代にも通じますよね。(^_^;)

で、偽信長のサブローを城から追いやった恒ちゃんは、結局また連れ戻しに行ってました。
やっぱり今まで培ってきたサブローの人柄ですわ。
彼なら自分の夢を託せる、信頼できる…ってことだったんだけど、本物の信長の冷酷なことったら~。
まさかあの場で半兵衛が殺されるとは思いませんでした。
頭がキレる参謀は、周りに居られると逆に困るってこと?
その傍らで秀吉が着々と策略を進めているのが怖すぎます…(;・∀・)
あれを目の当たりにして、またあらためて信長への憎しみを強くしたかも知れません。
そして光秀に戻った信長から、あの『本能寺』へ繋がる訳か~。
上手いわ~。笑

さて、今回は何といっても帰蝶とのシーン。
本当のことを話そうとしたサブローに“握り飯”で話を逸らしたり、散歩へ行くと嘘をついたサブローのリュックにちゃんと“握り飯”を忍ばせておいたり。
彼女にはもう、サブローが信長じゃないことは全く関係ない。
再び戻ってきた姿を見て、本当に嬉しそうでした。
この先の事を思うと、色々とまた切ないですけどね…。

で、家康はあのキャラでイイの??笑
徳川300年なのに~(≧m≦)ぷぷ

時代劇という異色な月9も、何だかんだと楽しめました~♪
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「憎しみは新しい憎しみしか生まないからさ。 傷つけられたから傷つけ返す。 それで大切な人を失っていく。 その繰り返しだよ。 その連鎖を断ち切らなきゃ、 本当の意味での戦のない世はつくれないと思う。 だから俺たちの手で終わらせよう」敵を討つ!仕返しの繰り返
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク