「流星ワゴン」 第1話
原作は数年前に読んでいたのですが…
うん、細かいところは所々忘れてるよね。笑
…ということで、そういえば読みながらここで涙腺緩んだな~と微かな記憶を取り戻しながら2時間もあっという間でした。
『忠さん』のイメージは香川さんそのまんま!(*‘∀‘)
めちゃ豪快なキャラに見えて、実は繊細…。
まさに昭和のお父さんって感じ。
息子・一雄役の西島さんとのコンビで思わず「MOZU」を思い出してしまいましたが、途中からは気にならなくなりました。笑

さて、物語は自身のリストラに奥さんの不貞、息子さんの家庭内暴力が重なり、もう死んでもいい…と絶望の淵に追い込まれていた一雄(西島秀俊さん)が、ひょんなことから交通事故で亡くなった父子のワゴンに乗るところから始まります。
そしてその父子が“大切な何処かへ”と過去に連れて行ってくれる訳ですが、そこは一雄にとっての人生の“分岐点”。
破天荒だった父親を反面教師に、家族を一番に考えて…と過ごしてきたはずの一雄。
それが何処でどう間違った選択をしたのか?(TAXIではなく:笑)
初回から仕事も奥さんも息子さんも…と、結構イイ感じに軌道修正できた!とホッとしていたら、破り捨てたはずの離婚届がポケットの中に。
はい、あれだけ頑張ったのに全く何も変わっていませんでした。( ;∀;)
でも末期がんで余命わずかな父・忠雄が一雄と同じ歳で目の前に現れ、『朋輩』として一緒にワゴンに乗りこむことになった意味…。
物語が進むにつれて、二人の距離が徐々に近づくようになってくるのが救いでしょうかね~。
何度も何度も衝突を繰り返しながら、早速長年の誤解も溶けてましたし…
全く違う性格に見えて、実は似ている父子。
DNA恐るべしです。笑

橋本役の吉岡さんがコトー先生に見えても(笑)、事故で亡くなってる割には飄々としてるところが原作のイメージそのまんまのほのぼのシーンで楽しめました。
原作の通りなら…と色々と切ない気持ちにもなったりしながら、最後まで見届けますよ。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン 第1話 1月期ドラマの初回を追いかけて「ドラマ疲れ」してきちゃったうえに、直前の『花燃ゆ』がつまらなくて疲労感が増したところに、また2時間拡大版かぁ・・・・。 集中力を維持するのが難しいわぁ。 −◆− 家を出て離婚届けを送りつけてきた妻・美代子(井川遥)、家庭内暴力をふるう息子・広樹(横山幸汰)・・・。 一雄(西島秀俊)は会社をリストラされてしまった・・・。...
『人生は分かれ道の連続だ。 でも、その時には何も気づかない。 気づかないまま、ある時ふいに結果だけが突きつけられる。 あの時、別の道を行っていれば・・・そう気づいた時に ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク