「流星ワゴン」 第3話
うん、一雄の息子・広樹は受験に失敗しただけで家庭内暴力をふるうようになってしまった訳ではないんですよね。
実は中学受験を強く望んだのは、クラスでいじめを受けていたことも拍車をかけていた。
でもあの様子からすると、広樹もいじめを受けても仕方がないような言動でしたわ。(^_^;)
友達なら、もう少し考えて…とも思うけど、小学生じゃ無理もないかな。
だからといって、いじめはいけません。

一雄がどれだけ頑張っても今の状態が変えられないのは、本質が分かっていないから…。
「受験を止めてもいいよ」という言葉は、一瞬広樹の為を思ってるように見えて、本人にとってはそれもまた酷な話。
いじめが分かって慌てて引っ越しを考えたようだけど、それで解決するような問題でもない。
環境が変わったところで、それは物理的なことだけで、また違う気がしますしね。
一雄には、そこに早く気づいて欲しいですな。
結局、いくつか抑えた物件は全て白紙に戻ってしまいました。
解決を急ぐあまりイライラを抑えられず、美代子にもつい問いただしてしまう始末。
いや、このタイミングじゃないでしょう。(;´∀`)
この調子では、まだまだ見込みはないな。

一方、今回は気づいたら健太君まで一緒にワゴンを降りてました。
それにはちゃんと意味があって…。
ということは、ものすごく分かってるんですけど、逆上がりを一生懸命頑張ってるシーンの健太君の耳がもう真っ赤過ぎて!
あんな寒い場所で何時間も撮影してたのかな…とか、そっちが気になって仕方がなかったですわ。(^▽^;)
本当にご苦労様でした。
無理だと言われていた逆上がりが成功した時は、思わず涙腺が緩みましたよ。

家族を変えようと頑張ってる一雄ですが、まずは君から変わろう!
うん…。
「黒ひげ」の奇跡を再び。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんわ~♪
>健太君の耳がもう真っ赤過ぎて!
私も思った~!ここは北海道?
どんだけ苛酷な撮影なの~?って恐ろしくなったわ~( ̄▽ ̄;)
いや~逆上がりができたのは奇跡ですごいと思ったけど、
その前に忠さんのビンタとかもあったし~運動会のいろいろもあって
ドン引きよ~(笑
一雄も一雄でとんちんかんだし~いつになったら本質を見つめてくれるのかしら~?
こんばんは~♪(*‘∀‘)
>きこりさん
> 私も思った~!ここは北海道?
> どんだけ苛酷な撮影なの~?って恐ろしくなったわ~( ̄▽ ̄;)
うんうん、めちゃくちゃ寒そうだったよね。(^▽^;)
北海道の今日の気温が-30℃って聞いて、ビックリしたけど。
あの赤さは相当な時間、外にいたと思われ…。

> いや~逆上がりができたのは奇跡ですごいと思ったけど、
> その前に忠さんのビンタとかもあったし~運動会のいろいろもあって
> ドン引きよ~(笑
そういえば、結構なビンタでしたわ。(;´∀`)
子役ちゃんなのに大変。
「ホントは逆上がりぐらいできるのに~」って心の中で思いながら演じてたはず。笑

> 一雄も一雄でとんちんかんだし~いつになったら本質を見つめてくれるのかしら~?
とんちんかん…(≧m≦)ぷぷ
家族のことを一番に考えて…が聞いて呆れるよね~。
全否定は可哀想だけど、結果がこれだから空回ってたとしか言いようがなく。(^▽^;)アハハ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

流星ワゴン 第3話 一雄(西島秀俊)と忠雄(香川照之)、付いてきた健太(高木星来)は、公園で異様な光景を目にする。広樹(横山幸汰)が‘処刑’と称し、教師らの名前を書いた人形をパチンコで倒しているのだ。ここまで追い詰められていたのかと衝撃を受ける一雄は、受験をやめないかと提案するが、広樹は受験すると譲らない。そこに、級友たちがサッカーをしようと誘いに来た。塾を理由に断る広樹を、一雄は気分転換...
 う〜ん・・・何だろうねぇ・・・(ーΩー ) 同じ父と息子の物語だった『とんび』では毎回ラストには自分の中が浄化されるような充実感があったのに、こっちでは終った後に嫌〜なも ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク