FC2ブログ
「Tomorrow~陽はまたのぼる」 最終話
とうとう閉鎖されてしまった市民病院…。
病院スタッフがそれぞれ別々の道を歩き始める中、航平は病院閉鎖の異議を申し立て、愛子は病院閉鎖反対の署名を集めようと頑張っていました。

そんな時、リゾート開発へ向けて行われていたイベント会場で、風に煽られた立て看板が倒れるという事故が発生…。
ん?確か1話では七夕祭りで爆発事故が起きていたような?
何か大事故が起き過ぎ…。
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)

そこに署名活動で訪れていた愛子が下敷きになってしまう訳ですよ。
ところが、蓮見の娘・唯 (稲垣鈴夏ちゃん) の方がもっと重症で、一刻も早い治療が必要…ということで、蓮見に了解を得て航平の待つ市民病院へ運んだのですよね。
そしたら来るわ来るわ。
他の怪我人の方々も集まってきちゃいました。(^-^;A
でも病院には航平と愛子だけ。
最初はテキパキと処置を手伝っていた愛子でしたが、実は自身も内臓破裂を起こしていて危険な状態…というところで、元スタッフの皆さんや市内の開業医の先生方が集まってきてくれました。
そんなドラマみたいな…    \(^-^\) (/^-^)/ソレモコッチニ オイトイテ(笑)
唯ちゃんは頭を強く打って硬膜外血腫の恐れがあり、緊急オペが必要…。
こっちは脳外科専門医の遠藤先生が颯爽と登場で事なきを得ました。 ( 'ー`)フゥー

で、愛子のオペは航平が担当して危機は乗り切ったものの、意識は戻らず…。

しかし翌朝病院に訪れた松永代議士の「アピールのつもりか?」の言葉には唖然でしたわ。(^-^;A
今までは松永代議士側についていた蓮見が「市民を犠牲にしようとしたあなたには、何も言う権利はない!」と一喝してくれたのは、スッキリしました!
(自分の娘さんが助かったから…ってところは、ちょっと引っかかるのですけど。(^^ゞ)

その後、愛子も無事に意識を取り戻し、1年後…。
西山室市民病院は“オープン病院”として再出発。
亡くなった昌江の言葉をヒントに、開業医も自由に病院の設備が使え、市民病院と連携しつつ患者さんたちを治療する…という画期的な方法で、赤字も20%減。
これで松永代議士にも文句は言わせません!(笑)Σ\( ̄ー ̄;)コラコラ

愛子と航平の関係も、二人らしい終わり方でしたね。
雨の日は寝坊したい…なんて航平は言ってましたけど(笑)
しかし「病院再建」がテーマだった割には、途中から随分話が反れてしまってたような気もしますが、終わりよければ全て良し…という感じでしょうか?(^^ゞ





ランキングに参加中なので、ポチッと押して帰ってくださると嬉しいです♪
よろしくお願いします~(^^ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : Tomorrow トゥモロー 竹野内豊 菅野美穂 TBS 日曜劇場 視聴率 
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

最終回、見たわぁ
あの事故現場は最初の頃の事故現場を思い出しました。

しかし、こういう権利をふりかざす系のドラマはなーんでか、弱者ばかりが不幸な目に…。

時代劇だったら議員が怪我とかするのに…。

しかし「オープン病棟」でしたっけ?こういう案があるのなら
全国の廃病院も積極的にしていったらいいのに…。ってもうしてるのか?

自分敵には様々な今の病院に関するテーマを毎回見れて(いつも見ない枠なのに←ここポイント!!!)すがすがしいドラマでした~。
>茶夢さん
ここの市は事故が多過ぎ…(^-^;A

>しかし、こういう権利をふりかざす系のドラマはなーんでか、弱者ばかりが不幸な目に…。
そうなんですよね~。
とりあえず、最後は立場がちょっと逆転で、スッキリ(笑)

ドラマを参考にしよう…と思いながらご覧になられてた病院関係者もいらっしゃったかも知れないですね。
でも参考になったかどうかは、? (^^ゞ

前向きな終わり方は良かったですね。(^_^)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一昨日は、毎週日曜よる9時TBS系列にて放送されていた連続ドラマ『日曜劇場 Tomorrow~陽はまたのぼる~』の第10話(最終回)が放送されました。
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク