「流星ワゴン」 第6話
忠さんは、ご本人も驚きの頑固者。(^▽^;)アハハ
本棚から引っ張り出して原作をペラペラめくったら、『チュウさん』と表記されてました。
…て、これはどうでも良い情報。笑

リアルの現実で危篤状態の忠さんは、どうやらこの世に思い残したことがあるから生霊となってワゴンに乗ったらしい。
それはたぶん息子の一雄と、最後まで意地を張って分かり合えなかったことなんでしょうかね。
今は『朋輩』となって、何でも言い合える良い親子関係っぽく(?)になってるけど…。
で、過去の忠さんに関わってしまうと、今までの一雄の努力も水の泡になってしまうらしい。
といいながら、実際には何も変わってないようだから今更という感じもしないでもないけど。(;´∀`)
でも一緒に健太君がついて行ったことで、一雄の母親から色々と言葉をかけてもらったり、新しい家族と幸せに暮らしているママの様子を見て落ち込んでた健太君も元気になってたようですしね。
これ原作通りの終わり方だったら、映像で号泣するかも。笑

何とか病院へ行かせようと上手く連れ出せたものの、嘘口実の張本人とまさかのバッタリ遭遇て。
あ~、これで全て振り出しに戻ってしまいましたやん。
しかし澄江は本人がいなくても診てもらえないかと医師に直談判。
うん、確かにいくらノートに病状らしきことが詳細に書かれてあっても、それだけでは判断できませんもんね。
そして父親に振り回されて苦労している母親を不幸だと思い込んでいた一雄が、実はそうでなかったと知る訳です。
何か、目からウロコだったけど、端から見たらどう考えても苦労してる…としか見えないですよ。(^_^;)
でも端から見たら幸せそうに見えるであろう自分の妻も子供も、実際は全然幸せではない。
このことに気づけただけでも、一雄にとって収穫はあったというものでしょう。
あとは現実と向き合って頑張る覚悟がどれだけ出来るか…というところまでやっと来れたかな。

ところで澄江役の若い頃が渡辺真起子さんで、今は倍賞さん…というところで、「妖怪みたいになっとるな」ってご対面した忠さんのセリフで爆笑してしまったことは内緒です。笑
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 も〜この頑固じいさん、どうしようもないわ〜 忠さんの方は自分が向き合う問題がわかったようですが・・・ それは多分、意地を張って死ぬまで息子と和解できなかったこと。 で ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク