「流星ワゴン」 最終話
最後は原作に少し付け加えてて、明るい兆しの見える終わり方でホッとしました。
確か福山には帰ってなかった。笑
んで、北別府さんも出て来なかった…(≧m≦)ぷぷ
でも色んな意味でスッキリはできたかな~。
西島さんも漁師姿も見れたことだし…笑

結局、流星ワゴンで行き来したところで過去も未来も何も変えられなかったけど、一雄自身が変わったことで、これからどんな困難も乗り越えていけるだろうってことですよね。
「黒ひげ」と「写真」が残ってたことで、夢じゃなかったと気づけたことは大きいかも。
忠さんの最期にもギリギリ間に合って、二人が"共有"した時間がかけがえのないものだったと実感できたみたいだし。
でも子育てって、つくづく難しいな…と考えさせられたり。
自分が一生懸命子供の為に良かれと思ってやってることが、必ずしも子供にとって幸せだとは限らないし…。
忠さんは大袈裟に描かれてたけど、多かれ少なかれ自分でも思い込んでやってることもあるんだろうな~と思いましたわ。(^_^;)

忠さんが成仏せずに一雄の周りをうろついている…というオチも原作とは違ったけど、これはこれで良かったです。
香川さん演じるあの忠さんだったら、有り得そうですもん。笑
結局最後まで美代子には共感できなかったけど、おまけに最後も半年後にあっさり福山へやって来るとか、借金はどうした?とか、こちらの方は色々とモヤモヤは残りましたな~。
でも何だかんだと最後まで楽しませて頂きました。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク