「リスクの神様」 第6話
今回のリスクは情報漏えい…
限られた人間しか知り得ない情報が外に漏れるってことは、結局はそういうことですな。(^▽^;)
金銭の云々…という単純なものに見せかけて、最後は“復讐”が絡んでいたという。
まぁ最初から望月さんが怪しかったですけどね。笑
優秀、優秀言われる度に、居心地悪かったですし。←
でも自分のしたことで他の社員が、その家族が…とか、会社が…とか、そんなことまでは頭が回らないんですよね。
自分の事に精一杯で…(;´∀`)
これが怖いところ。
“復讐”からは何も生まれないんですわ。
スッキリしたように見えても、後味悪いですしね~。

そして関係ないと思われていた原田が、やっぱり?
あの表情からすると、かなり怪しい感じでしたもん。
情報漏えいの件は一応一件落着したものの、ここはまだ続くようです。

しかし何がツボったかというと、危機対策室の面々の皆さんの変装ですかね。
志賀さんはやっぱりお掃除のオジサンなのか。
違和感なかったですもんね…(* ̄m ̄)ププッ
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスクの神様 第6話 サンライズ物産と新陽薬品が共同開発した花粉症治療新薬は世界的な需要が見込まれていた。ところが、同じ製法の新薬製剤特許が既に出願されていて、かおり(戸田恵梨香)の恋人で薬品部主任・原田(満島真之介)と、新陽薬品のリーダー・貴子(中山忍)はがくぜんとする。西行寺(堤真一)は新陽薬品から情報が漏えいした経緯を探るべく、内偵を断行。社長・進藤(中丸新将)と開発担当取締役・大鷹...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク