「コウノドリ」 第2話
前回は衝撃的なシーンで続くだったから、覚悟はしていましたが…
うん、涙腺が決壊せずにはいられませんでした。
頭部の激しい損傷は、咄嗟にお腹の中の赤ちゃんを守ったからこそだった訳で…。
奥さんの意識は戻ることは殆どないと言われても、どちらかの命を選ぶなんて、旦那さんにとっては酷な話ですよね。
もちろんそれを伝える医師の方も感情を入れられずだし、心が痛む訳で…。
結果的には奥さんの急変きっかけで、赤ちゃんを優先させることとなりましたが、あれも見事なチームワークがあったからこそ。
心臓マッサージをしながら帝王切開とか、観てる方も力が入りましたわ。(^_^;)
川村さん、お疲れ様でした…。←

選択を迫られて苦悩する旦那さんが、携帯に残された動画を観て奥さんの意志をあらためて確信するシーン。
親心とはまさにこういうことなんですよね。
自分の命より大切なもの…。
ちょっと初心に帰った一言でした。

で、サクラ先生がピアノを弾くのは気持ちの整理のような感じなのかな。
どこにもぶつけられない感情をピアノに…。
その辺の流れは何となく理解したけど、なぜにあのカツラ?
それが気になって気になって…笑
小栗さんが赤ちゃんを抱いてるシーンは、さすが手慣れてるな~と思いながら観てしまいました。(雑念の塊)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コウノドリ 第2話 「ペルソナ総合医療センター」に臨月の妊婦・晴美(川村ゆきえ)が運ばれてきた。彼女は交通事故に遭い、頭部に重傷を負っていた。救命救急医・加瀬(平山祐介)らの処置で一命は取り留めるが意識が戻る可能性は極めて低いという。そんな中、知らせを受けた晴美の夫がセンターに到着。サクラ(綾野剛)はぼうぜん自失の彼に、母体の命と赤ん坊の命、どちらを取るかという究極の選択を迫られる可能性が...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク