「下町ロケット」 第5話
今回でロケット打ち上げ編は終わりなのか~。
また相変わらず上から目線の帝国重工には辟易したけど、お約束だから仕方がない。笑

ドキドキの燃焼試験は、残念ながら失敗に終わってしまう…。
もう最初から佃のバルブシステムのせいにしているところにはイライラさせられたけど、一つ一つのパーツの点検はもちろん、バルブを分解しても原因は見つからない。
ところが細か~い擦り傷を発見したことで、フィルターを通ってしまった物質に気づく訳ですな~。
それがバルブの中に入りこんでしまって誤作動をしてしまったようで…。
そのフィルターは帝国重工製だった…というオチ。
で、無事に試験は合格。

ところが今度は社長の説得が待ってました。
そこで財前の登場ですね。
技術者出身の社長の心をくすぐるような説得で成功して、佃製のバルブを搭載したロケットがいよいよ打ち上げですよ。
はぁ~。
もうテレビ前でめちゃくちゃ力入りましたがな。笑
何とか無事に飛んでくれ~あとちょっとで大気圏外へ脱出や~ん。
頼む、頼むよ~って。
ドラマなのに…(* ̄m ̄)ププッ
出演者の皆さんと一緒に成功を分かち合いたかったくらい。笑

さて、次は医学界「ガウディ編」がスタート。
心臓の人工弁らしいですが、ここでもまた色んな試練が待ち受けているようですよ。
孝太郎くんに、今田さん??Σ(・□・;)
世良さんという濃いキャスティングにはワクワクしてます。笑

関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット 第5話 佃(阿部寛)たちの努力が実を結び、部品供給のための最終テストは、燃焼試験を残すのみとなった。そんな中、製品テスト用の部品をすり替えた真野(山崎育三郎)が辞職を申し出る。一方、佃は利菜(土屋太鳳)と正面から向き合うことに。試験当日。財前(吉川晃司)は佃に、最後の壁として、完全内製化に強い思いを抱く社長・藤間(杉良太郎)の説得が残っていると明かす。そして、最終試験に合...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク