「偽装の夫婦」 最終話
観終わった後は…
うーん。ちょっと後味は悪かったかな。
でも嫌いじゃない。笑
それが逆にリアルだったというか、最終回に登場人物がみんな『イイ人』になることなく、超治とヒロが自分の気持ちを貫いたところはなるほどな~という感じでした。
結局のところ身も心も…という訳にはいかなかったようですけど。
でもまぁ、周りをかなり傷つけましたわね。(;´∀`)
弟子丸君なんか、巻き込まれた感しかないww
それにパパになってくれるはずだったヒロが突然「結婚できません」ってなって、子供のユウちゃんにはそりゃ納得いかないですよ。
最後まで泣きじゃくったまま。
大人になればわかる…的な説得も、わからないこともないですけどね。
確かに超治の母・華苗の言葉にはちょっとウルっときました。
子供の頃って、大人の人は物凄く大人に見えてて、自分もそうなるもんだと漠然と思ってたけど、実際結構な大人になった今でも全然変わってない。笑
そして自分の気持ちに正直に生きるのが一番難しいのも分かる…。
あんなに慈悲愛に満ちていたしおりが、別れ際にヒロへ悪態ついたのは説得力あったかも。笑

ヒロの心の声では毎回笑わせて頂きました。
かなり毒舌だったし。笑
あれは共感できた人も多かったと思います。
そして何といってもキムラ緑子さんのキャラがいなければ、このドラマは成り立ちませんでしたね~。
最初から最後までちゃんと筋が通ってたのは、結局叔母さんだけだったと思います。笑
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク