「オトナ女子」 最終話
そっか、ちゃんと愛のある小説だった訳ですな。
好きじゃない人の事は書けない…
なるほど。
高山は誤解されて平行線のまま、そんな時に池田が再登場してヤキモキさせておいて~の。
うん、弱った時に優しくされて、そのまま流されてしまうような選択を亜紀がしなくて良かった。
そこはブレないキャラ。笑
きっと、あの時の違和感は相当だったんだろうな~とあらためて。(^▽^;)アハハ

途中からは小説の手直しシーンが殆どで、何となく時間稼ぎな感じもしたけど…笑
結局、偽ハリウッド男(田代さん:笑)と萌子がそのままイイ感じで、みどりは元の先生と生徒の母親の関係に戻り。
散々女子社員に手を出して遊びまくった栗田は何のお咎めもなし。(^_^;)
社長さんだから?
あのカフェがステキだな~とか、ちくわのサンタ衣装が超絶可愛過ぎるわ~♪とか、最終回もそんなことばかりで、時に印象に残るシーンもなくww
高山と亜紀の関係も、予想通りの最終回でした。
お疲れ様でした。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク