「コウノドリ」 最終話
ちょっと詰め込み過ぎな印象もあったけど、やっぱり良い最終回でした…。
3度目の登場だった小栗さんも、仕事と子育ての両立で思い詰め、一度は我が子を母親に預けようと思ったようだけど、BABYの演奏を聴いて思い留まったようですね。
これからもきっと何度も心が折れそうになることはあると思うけど、頑張って欲しい。
そしてサクラもこの父娘に救われたような…。
母親の命を奪ってまで生まれてきたことをずっと心に引きずっていたようだけど、それは違うということ。
景子ママの話にも救われましたわ。
実の父親には家庭があったらしく、そこも上手く話をまとめ過ぎてたのはちょっと強引な気もしないでもなかったけど…(^_^;)

『命のバトン』は、西田さん演じる雑誌記者の妊婦さんの記事にも繋がっていました。
最初はBABYの正体がサクラだと気づき、それを記事にしようとしていたようだけど、本当に書きたかったことはこんなことじゃない…と、こちらも思い留まってくれました。
取材を進めていた妊婦さんが突然の心肺停止で死戦期帝王切開を余儀なくされたものの、無事に意識が戻り…
病院のチーム力にあらためて感動して、もちろんその後の奇跡にも…。
本当に不思議なことって良くあることだと思ってるので、全然違和感なかったですしね。
サクラと四宮先生のハイタッチも、物凄く微笑ましかった。
こうやってレビューを書きながら、また涙腺が緩んだり。笑

綾野さん、なかなかのハマリ役だったな~。
またスペシャルドラマとしてでも良いので、是非…。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク