「下町ロケット」 最終話
バタバタしてたら、あっという間に時が過ぎ…
もう心は1月からのドラマになってますけども。笑

さて、最終回の見せ場はやはり航平VS椎名のシーンだったんでしょうかね。
あの長台詞と、阿部ちゃんと孝太郎君のドアップ。(* ̄m ̄)ププッ
阿部ちゃんなんか、目ぇが血走ってましたもん。笑
結局は内部告発の連発で、人間の『良心』に救われた印象…。
それと一度はポシャリかけた週刊誌の記事を、世に出すことが出来たこと。
最後まで信じ続けた、嘘をつかない『技術』。
あ、帝国重工側の財前が自ら動いてくれたことも、モチロン。笑

手塩にかけたガウディの人工弁手術も無事に成功して、ロケットも再び飛んだし、色々とスッキリはできましたが~。
最終回の放送前に今までの総集編まであり~の、お腹いっぱいww
さすがに観てませんけどね。笑
娘さんが帝国重工に就職したってことでOK?
椎名も実は過去に父親が不遇な人生を送っていて、そこがチラッと描かれたことで、少しは可哀想に思えたかも…。
最後は佃製よりも更にハイレベルなバルブも開発したようでしたしね。
爽やかな孝太郎君に戻ってくれて良かった。笑
一応、今期の連ドラでは最高視聴率だったそうですよ。
お疲れ様でした~(*‘∀‘)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット 第10話(終) フリージャーナリスト・咲間(高島彩)の協力を得て、滝川(篠井英介)と貴船(世良公則)の癒着を暴いた佃(阿部寛)。滝川は審査官を降ろされ、ガウディ計画はまた一歩進展する。さらに、山崎(安田顕)の設計図を無許可で流用し、不完全なバルブを納入して医療事故を引き起こした椎名(小泉孝太郎)も追及。責任を認めない椎名に対し、佃らは証拠を調べあげ、両者の対立はついに決着...
ドラマ「下町ロケット」を見ました。 TBSにて 日曜9時からやってました もうおなじみと言ってもいい池井戸潤原作によるドラマ 今作もTBSでこの枠ということで半沢やルーズヴェルトと同じスタッフによる本作ですが・・・ いや〜 面白かったし、この熱さが良いですね ル...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク