「わたしを離さないで」 第7話
恭子のもとへ届いた「提供」の通知は、結局間違いだったようですが…
あんな風に誰の目にも触れてしまうような目立つハガキってところが、余計に怖い。汗
市役所でも、何だか普通の病院の待合室のような雰囲気でしたもんね。
そして3つの臓器提供が決まり、実質の一斉解体が決まった美和。
恭子も想像したように絶対大荒れになると思ってたけど、意外とあっさり受け入れた様子。
今更どう足掻いても無理だと諦めたのかしら・・・。
で、彼女の最後の願いは思い出の地「陽光」へ行くこと。
恭子がコテージを離れてから美和とも疎遠になっていたようですが、友は手紙は読んでくれたみたいだし、ちゃんと返事まで…
謎の絵は監視から逃れるためだったようで、無事に3人の再会となりました。

しかしあの異様な光景に見えた陽光の『塀』は気になる終わり方でしたわ。
あの頃より更に状況が悪化しているのか、それとも・・・
一応、恵美子先生もご健在のようだけど、すっかりお年を召されてましたしね。
予告では一体何が何やら・・・
どうやらタイトルは美和の言葉で、今回陽光へ行く道中の会話の中で、美和の今までの自分勝手に見えた言動の理由にも少しヒントが・・・って感じでした。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク