「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 第7話
かつて好きだった人に会って、揺れる女心…ってやつなんだろうけど、ドラマは御曹司目線で観てるもんだから、やっぱりどう考えてもアカンよね。笑
プロポーズもすぐに返事出来ずだし、指輪も咄嗟に弾くって…(;´∀`)
(かなりお高そうなダイヤの指輪だったな~ww)
朝陽も練に会いに行くことは言葉では許してる風だったけど、帰り際の玄関の鏡越しのあの表情にドキッとするぐらい嫉妬を感じた訳ですよ。
確かに知らぬが仏の言葉通り、知らなければ良かったことで、かといって裏でこそこそ会われるのも~って感じで、内心複雑ですわね。
仕事の方も、やっと自分の方に向いてくれた父親の期待に応えようと、たとえそれがどんなことでも必死に頑張らなければ…ってことで今が踏ん張りどころですし。
お兄ちゃんとの関係も悪化する一方…。
音の存在で何とか心の安定を保ちたいところだけど、このままだとどんどん追い詰められていきそうな…。
花瓶の件もそうだったけど、これから二人が益々すれ違っていくだろう展開が予想できますな。
仕事に誇りを持って頑張ってる人に「あんな仕事…」と言ってしまったり、別に彼女の生き方を否定しているつもりはないとはいえ、そこはお互いに生きてきた環境からの価値観みたいなものが違うから仕方がないのかも。
2年間も付き合ってきた割には、5年前とあまり変わって無さそうな…。
どう見てもまだ御曹司の片想いにしか見えないww
来週は父親に会わせるみたいだけど、もう予告には騙されませんで。笑
コヒさんがニコニコしながら、音に手切れ金を渡しそうにしか思えません。
結局練ともすったもんだありつつ、最終的には朝陽が自分から身を引くのでしょうかね…泣

さて、すっかり変わってしまっていた練ですが~
あっという間に戻りました。(◎_◎;)
元々性根はそのままだからなのか、ブラックな仕事には何の未練もなく…
ただ小夏の面倒を見るために仕事を選ばずだったような。
で、小夏はPTSDで引きこもり状態だと思ってたけど、専門学校を渡り歩くぐらいの元気はありますやんww
ということは、今の状態も練を繋ぎ止めるための演技なのかと勘繰ってしまいますわ。
こちらの方は塩…じゃなかった、晴太に任せられそうなので大丈夫そう。笑

練は髪形も元に戻り←、敷居が高かった静恵さんの家へも帰ってきた事だし…
心残りはやんちゃだったサスケ役のワンちゃんが交代してしまったことでしょうかね~。
前に御曹司に抱っこされて嫌がってる様子に思わずクスクスしながら、素のにっしまさんを見せてくれてありがとう~とほのぼのしてた頃が懐かしいです。笑
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク