「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 最終話
あ~、このドラマのレビューを書くのも最後だと思うと妙に寂しい。笑
ツッコミどころは多々あったけど、とりあえずそれぞれが色んな形でハッピーエンドだったのは良かったかな。
とはいえ、朝陽のお別れシーンには涙腺が緩みっ放しでしたけどね…
「僕を選んだらダメだ」
お母さんの手紙を読んで、自分が音のつっかえ棒になってはいけない…と思ってしまったことが切な過ぎましたわ。
一時、音への想いが強過ぎて暴走してしまったことは心配したけど、彼女の幸せを願う方向へ軌道修正出来たのは、かつての自分の言葉。
この付き合ってた2年間は一体何だったのかな~と、朝陽目線でドラマを観てた方はがっかりだったけどww
「いつの間にか始まってるものでしょ」
恋する気持ちとは、そういうもんだよね~と、納得させられた朝陽のセリフでもありました。
もう遠い昔だけど。笑←
朝陽が音の涙を指で拭おうとして、自分も涙を堪えながら、その手をハンカチに持ち替えたところは本当に秀逸の演技でしたわ。
あのシーンは何度観てもアカン…。
御曹司の「ご飯食べに行こう?」を聞くのは3度目ですが、同じセリフでも今回が一番切なくて優しい言葉でした。
最終的に朝陽は音との別れを選んでしまった訳ですが、父親にちゃんと意見を言える関係になれそうな様子も伺えたし、お兄ちゃんともまた仲直りできそうだったので、彼なりのハッピーエンドだった気がします。
お兄ちゃんの奥さんが旅館の娘さんだったのには、ビックリしましたけどね。笑

さて、散々御曹司への感想を語りましたが…笑
結局音と練は遠距離恋愛の道を選んだってことですよね。
あの桃缶を笑顔で食べ切った音は、練への想いをキッパリ断ち切って北海道へ帰る決心をしたのに、またわざわざ逢いに来てくれたんですもん。
しかもファミレスの奇跡!
いや、店員さん実は覚えてたんじゃ?と思ってしまう程のGJで微笑ましかった。笑
最初は練を突き放そうとしてたように見えてた音に少しずつ心が解れていって、トマトソースきっかけでさらに深まって、最終的に彼の気持ちを受け入れるところ…
実はこの二人のシーンを途中まで少し冷めた目で観てしまってましたが、音の「井吹さんが… 優しい人やったから 東京へは帰られへん。」という台詞で、一気に号泣してしまいまして…
この言葉に私も救われました。(←何様?)
別に東京に拘らなくても、練は北海道で引越し屋さんになったらイイやん!と思ったことは内緒です。笑

道があって 約束があって ちょっとの運があったら また逢えます。
この言葉を胸に、私もまた頑張りますよ。
3か月間、皆さん本当にお疲れ様でした!
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク