FC2ブログ
「イノセント・ラヴ」 第2話
もう怖いわ~、めっちゃ怖いわ~{{(>_<)}} ブルブル...
このドラマって、ホラーでしたっけ?(笑)

今度もまた偽名を使い、別の清掃会社の派遣清掃員として働き始めた佳音。
その帰り道、“ストーカー・佳音”(勝手に命名:笑)は、つい殉也の家に足が向いてしまう訳ですな~。(^_^;)
そして派遣先の駅で、ハンカチも拾ってしまう訳ですな~(笑)
そのハンカチを届けようとして、いつものように(笑)殉也の家に来た佳音。
そこには施設からの呼び出し電話を受けた春江が、仕事をまた途中で放り出し、鍵も掛け忘れて…というところで、その隙に佳音が勝手に入ってしまったじゃないですかっ!
立派な不法侵入やん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
たまたまやって来た昂に危うく警察に通報されそうになったようですが(当たり前やん)、そのまま無言で逃げるか~(/_;)/アレー

ところが、殉也は佳音を再び清掃員として雇ってくれるわけですよ。
なぜに?
…と思ってたら、植物状態の聖花が久しぶりに笑ったらしく、これはきっと佳音のお陰だ!ということになったみたいですね。
そうとも知らず、これはチャンスだと素直に喜ぶ佳音。
さすが、ストーカー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そして冷蔵庫を勝手に開けて、サンドイッチを作り、ストーカー佳音の本領を発揮(笑)
殉也の本心も知らず、ピアノで一緒に聖歌を歌ながらドキドキする佳音。
その音を聞いたせいか定かではありませんが、今度は聖花がまばたきを…。
ていうか、怖いです。
はっきり言って、かなり怖いです~(^_^;)

しかし、殉也の態度もちょっと思わせぶりなんですもん。
グランドピアノのオルゴールのお礼に…と、小さなオルゴールを渡したり、サンドイッチも美味しかったと褒めてくれたり。
佳音が有頂天になるのも、仕方がありません。(^-^;A
昂から“大切な人”(聖花)の存在を聞かされた佳音ですが、「今は一人ぼっちだ」って言われたら、そのままの言葉で受け取ってしまいますわね。
で、そんな昂はやっぱり殉也のことが好き?
今回は聖花に繋がれてるチューブをこっそり外そうとしたり、3人で写っている写真の中の聖花を隠したり…と、意味深なシーンがありました。

そして一番怖かったのが最後のシーン。
殉也が植物状態の聖花を抱きかかえて、ピアノの前で自分の横に座らせ…って、あんな状態で後ろに倒れたり、ずり落ちなかったが一番ホラー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
目も開きっぱなし…\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
そんな二人をカーテーンの隙間から覗いてしまった佳音。
彼女には寄り添う二人…にしか見えなくて、殉也に食べてもらおうと持って来たサンドイッチは彼女の心のように落っこちてバッラバラ。
3秒ルールで、すぐなら食べても大丈夫(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

そして前回佳音が恋をしていると知って、大暴れした耀司。
面会にやって来た雑誌記者の池田には、「放火はしたが、両親を殺してはいない…」と言ってましたね。
ということは、犯人は他に?
クリスマスイブのシチュエーションといい、つい「眠れる森」を思い出してしまいましたわ。(^^ゞ
池田は佳音や耀司にとって敵か?味方か?まだまだ謎ですが、チョコパを注文してたところを見ると、そんなに悪い人でもないような?(←単純:笑)
そしていよいよ耀司が仮釈放されるみたいですね。
予告で殉也を睨みつけて「お前を殺す!!」とか、物騒な台詞もあって、益々ホラー街道まっしぐらです~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・






ポチッと押してくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : イノセント・ラヴ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れちゃ~ん
もうめっちゃおもろいわ~(`ー´) クククッ
ホラ~忘れちゃいけません。浅野脚本を♪

勝手に家に入り込んだのも、勝手知ったる我が家と勘違いもアリ~ノ。
「あらら、こんなに散らかって」と純粋にお片付けしてただけなのに…
トツゲナイ~ノ。
無言で逃げたらまた疑われるやないか~ぃ(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪

でもね、殉也の行為は勘違いしますって。
純粋(または鈍感とも言う)佳音なんですから。
ずっと幸薄いんですから。

>そんな二人をカーテーンの隙間から覗いてしまった佳音。
カーテン閉めとけや~ぃ。
で、ピアノのオルゴールのように、こそっと置いて行くサンドウィッチ。
(もちろん、3秒以内にフーフーしてね)
そして…
「あ、このサンドウィッチは…」てな感じの昭和風流れを密かに期待♪

豊原さんはいい人に決まってる(笑)

来週はどんなホラーが?ほら~あなたの後ろに…
ガン見の有紀ちゃんが(||゚Д゚)ヒィィィ!
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
髭男爵が抜けない(笑)
>manaさん
そっか~、脚本・浅野さんですもんね~Ψ('-'*) フフ
>「あらら、こんなに散らかって」と純粋にお片付けしてただけなのに…
トツゲナイ~ノ。
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
聖花とは性格が正反対みたいだし、どうやったら佳音と殉也が恋人同士になるのか?気になりますわ~。
公式サイトの赤いヒモ(笑)が意味深やないか~い!(*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)チン♪

そうそう!思わせぶりな殉也が悪いんです(笑)
サンドイッチをフーフーしてから元通りに…お腹痛くなったら、どうするんかーい(笑)(*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)チン♪

後ろにガン見の聖花…ホラーやぁ!(笑)(@_@;)
>このドラマって、ホラーでしたっけ?(笑)
♪ホラー ホラーホラー 好きになったね ヘキサゴン~
っていう挿入歌はどうでしょう?(笑

>“ストーカー・佳音”
>そのまま無言で逃げるか~
偽名は仕方ないですね。こういう状況下で正直に暮していたら干上がってしまいます。
まだ、大映ドラマお得意の悪役キャラが出てこないから微妙にピリッと来ないんだなあ。「少女に何が起こったか」の「薄汚ねぇシンデレラ」の石立鉄男さんとか「スチュワーデス物語」の両手マネキン毎度毎度口ではずす為だけに手袋つけてる片平なぎささんとか。(笑
宮崎美子さんはクビになるんでしょうなあ。今週で見納め?いやいや無理やり絡めて最後は恐喝から殺人、「あんたが悪いのよォ!!」と叫んでから逃亡者、いつの間にかマフィアを仕切る情婦になって登場という犬の卒倒でいきましょう。(笑
mana様の2話のところにはこれからのストーリー希望妄想編の第二弾を書いてしまいました。もう既に滅茶苦茶ですが。(笑 第三弾はないかなあ・・。(笑

ストーカーというか、情緒不安定ですよねえ。(笑
診断の結果、責任能力なし、病院送りという感じ。ドラマ的に言いますと「音無可憐(榎本加奈子)」「白鳥麗子(鈴木保奈美)」「アンナさんのおまめ」のベッキーに続く四天王になりそうです。(笑

>殉也は佳音を再び清掃員として雇ってくれるわけですよ。
>今度は聖花がまばたきを…。
瞬きをしながら歌う青木さやかさんもちょっと怖い。(笑
う~ん、内田さんをオバケ扱いってバチが当たりそう。(笑
ストーカーは自分勝手なストーリーを頭にはべらすものですよ。そういうストーリーのストーを取ってのストーカー。(ウソ)

>殉也の態度もちょっと思わせぶりなんですもん。
>そんな昂はやっぱり殉也のことが好き?
思わせぶりは男女問わずありありますよねえ。好かれてる方はそういう意味合いを考えないから、テキトーなことをするんだけど、けっこう勘違いされるような事をしても「そんなつもりではないんですよ」でプツッと希望の糸を裁ち切ってしまう。ああ、これこそ残酷かなあ。

好きというのもホモっぽく描いて欲しくないなあ。
出来たら、淋しい感情の延長くらいで止めて欲しい。同性だから同性愛だとかおういう短絡的なものでもなく、女性が入る事で友情が壊れたりする事はよくあることで 両立するのが難しい場合は邪魔者は去れという感情もありうるんですがねえ。
そういうところまではさすが、踏み込みそうにないかなあ・・。

脚本が女性が多いせいか、コンセプトが単純すぎるせいか、男性よりも女性の描写がなおざりになってるように感じます。宮崎淑子さんをはじめ、あまりに濃いストーリーの為、ほとんどの感想で表に出てこない香椎由宇さん。
先週放送の「我はゴッホである」を見てたら、香椎さんの熱演が素晴らしかったので、「え?確かこっちにも出てたよね?印象がまるでないんだけど???」
と思い見た第二話。
掘北ちゃんの魅力が出てないなあという思い、内田さんのあまりにもな設定に驚いていたら、谷間に埋もれた香椎さんの演技や描写は今のところ雑な扱い。
懺悔をしてたからこれから先は見せ場があるのかなあと思いながら、また今のファンのご期待に沿うようなホラーな展開になりそうな予感。

>殉也が植物状態の聖花を抱きかかえて、ピアノの前で自分の横に座らせ
>目も開きっぱなし…\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
マンガだ。マンガだ。(笑
頭がおかしくなった主人公が、一緒に行った女の子の変わりに3体のマネキンをオープンカーに乗せて走るエンディングの「ファンハウス~惨劇の館~」という映画を思い出します。
BGMにはサスペリアのテーマをどうぞ。(笑
(かすれた声で)♪ら~ら~ら~ら~ら~ら~ら

>殉也に食べてもらおうと持って来たサンドイッチは彼女の心のように落っこちてバッラバラ。
ここは「トッカータとフーガ」をBGMに。(笑
走る佳音には引退したQちゃんが金メダルを取った曲、現在再婚して妊婦になったhitomiの「LOVE2000」で。(おさえで爆風スランプの「ランナー」でもいいか)

>そして前回佳音が恋をしていると知って、大暴れした耀司。
>面会にやって来た雑誌記者の池田には、「放火はしたが、両親を殺してはいない…」
>「眠れる森」を思い出してしまいましたわ。
「眠れる森」はオシャレなキャスティングでしたよねえ。野沢尚さんがいっそのことネットを見なければもっと長生きをされていい作品を残されていたのではないかと思うと残念です。あの仲村トオルさんが「グッチー♪」とか言っちゃってるし。(笑
あのサントラの中でもクライマックスシーンに陣内さんを中心にかかる曲は相当聞きましたねえ。
お兄ちゃんにはやっぱ、プリズンブレイクを希望。(笑
豊原さんはそこを恐喝して欲しいなあ。

>チョコパを注文してたところを見ると、そんなに悪い人でもないような?
健康オタクだったりして。(笑
チョコのカカオに含まれるカカオバターには中性脂肪の分解、ポリフェノールはがんの抑制、食物繊維まで入ってる優れもの。
では何故あんなに甘いかというと、「カカオ99%」というチョコが市販されてますが、ムッチャ苦いです。ミルクや砂糖など加えてマイルドにしてあるわけです。糖分は脳の栄養として必要ですものねえ。

「流星の絆」にカレーにチョコの隠し味というのが出てきますが、カレーにコクを出すものには他にコーヒーがありますね。隠し味にはハチミツだとかウスターソースとかまあ、大体味がついていれば何でもなりそうなものですが、ヨーグルトだとかサワークリームとか、トマトでもトマトジュースの濃縮還元とかがよかったりしますねえ。
うちは、ワイン・ケチャップ・醤油・蜂蜜・ウスターソース・中農ソース・一味唐辛子・コンソメ(ビーフ&チキン) 時折コーヒー・キムチの素・焼肉のタレを加えます。でも一番大事にしてるのは、大めの玉ねぎで水分をそこから取ることかな。
毎度遅れて、申し訳ないです。
>しとろえんさん
♪ホラー ホラーホラー 好きになったね ヘキサゴン~
っていう挿入歌はどうでしょう?(笑
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

そういえば、悪役キャラがいませんね。
しいて言えば、春江ぐらい?
でも佳音は今まで十分苦労してきているので、敢えて意地悪キャラを出さなくても…ってことでしょうかね。(^^ゞ
とりあえず、予告で観たお兄ちゃん@耀司が相当悪キャラっぽい感じ(笑)

>好きというのもホモっぽく描いて欲しくないなあ。
「ラスフレ」の浅野さんですもん。
飛び道具はお得意なので、そのうち「出すぞ、出すぞ、ほらー!」みたいな(笑)

香椎由宇さんの扱いは、確かに勿体ないですよね。
後々殉也を巡って、佳音VS美月になるのかも知れませんが、今のところは良い人そうですし…。
そしてもう聖花が画面に映るたび、殉也の愛はそっちのけで、大爆笑の我が家(笑)
この辺、思いっきり狙ってます?

トオルさんは「バチスタ」に出演中なので、急に犯人役で登場することは無いですよね。(’-’*) フフ
佳音が、お兄ちゃんの脱獄を手伝う…?(笑)
「プリズンブレイク」は、噂に聞いてます~♪
しかし野沢尚さん…。ホント残念でしたわ。

少し前に、「カカオブーム」来ましたもんね~♪
99%は私も食べてみましたが、暫く苦味が抜けませんでした。(^-^;A
口の中の水分が、全部吸い取られたような感覚に陥りましたもん(笑)
やっぱ、砂糖は大事!(^.^)
そういえば「流星の絆」でも登場してますよね。
夏場は持ち歩くのが大変だろうな~(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
で、しとろえんさん特製カレー!!
凄い隠し味ですやん~♪
水分が玉ねぎだけ…というこだわりも、美味しそうですね♪
我が家も醤油、トマトホール缶、牛乳、ハチミツetc…入れたりしますよ。(^_^)
コーヒーは誰か、芸能人の方が入れたてたような?
大昔に、とんねるずの番組で「カレー対決」みたいな企画があって、見たような気がしますわ。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どうか失明する前に、聖花の目を閉じてあげて…そう願ってましたが、今回そう来ましたかぁ!怖いよ~(||゚Д゚)ヒィィィ!「優しくもなかったし、誠実でもなかった…」と聖花のことを美月に話す昴。これから先の殉也のことを心配する二人。でもそれはちょっと違った意味で
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク