FC2ブログ
「風のガーデン」 第4話~ゲラニウム
娘のルイがよさこいソーラン祭りに参加すると聞かされた貞美は、札幌へ…。
桟敷席から6年ぶりに見た娘の姿に、目頭を熱くする貞美でしたが、札幌に来ていることは夜に会うギリギリまで黙ってて欲しい…と、さゆりに頼んでいたのが、残念ながら裏目に出てしまったようです。
大阪へ転勤が決まっている恋人の宮内と会う予定が先に入っていて、さゆりの話も聞かずに待ち合わせの喫茶店へ…。
ま、結局奥さんが札幌へ来てるとかで、会えなかったのですが。(^_^;)
ホテルへ戻ったルイは、さゆりから父親の貞美が札幌へ来ていると聞かされたものの、やはり拒否。
6年ぶりに急に現われて、今更会おうと言われても?
・・・という訳ではなく、宮内に会えなかったショックの方が大きかったみたいですね。
貞美もまた、娘に会えないショックを隠しきれない様子で、その後姿から落胆振りが伺えました。

翌日、列車に乗って6年ぶりの富良野へ向かう貞美。
でも誰にも会わないように顔を伏せ、こっそりと妻・冴子の墓参り、ガーデンで息子・岳の姿を見つけるも、陰から様子を伺うだけ…という寂しい里帰りとなってしまったようですわ。
とりあえずもう一度立ち寄った花屋さんには判ってしまったようですが、「天使ガブリエルの哀しい過ち」の話を岳が貞三に聞いていたってことは、もしかして?
でも、たぶん父親とは知らずに…。
貞美が富良野へ来ているとは知らない貞三は普通に受け答えしていましたが、これが後に繋がってくるのでしょうかね。

水木のクリニックで再検査をした貞美ですが、結局治療の効果は出ていなかったらしい。

そんな時、二神が警察の事情聴取を受けたり、心無い記者から写真を無断で撮られたり…。
体調を心配した貞美が病室を訪ね、なおも悪態をつく二神に自分も同じすい臓がんを患っていると告白。
これは思わず息を止めて見入ってしまうようなシーンでした。
自分のことを“少し後輩”と言い、「こうやって自分を抑えて、人の為にやってる意識を持つことが、自分を支えてくれているのかも知れない。あなたを診ることが自分にとっての支えになっている」と告白。
そしてこの事実を病院関係者に隠し続けているのは、“見栄”だと。
二神が今のような状態になっても、まだ株を動かそうとする…。
これもきっと同じような「思い」だったのかも。
二人が心を通わせた瞬間でしたが、結局その後、妙子には全てが判ってしまい、覚悟を決めることになってしまったようです。

翌朝、貞美は院長に「退職願」を提出。
医者として限界まで働かせて欲しい…という切実な思いを訴えた貞美の気持ちを思うと辛かった。
院長も彼の気持ちを尊重したいという気持ち半分、命を預かる職業としては難しい選択を迫られたはず。
妙子はまだまだ貞美への想いを残している様子なんですが、旦那さんが全く登場しないのが気になりますわ。(^_^;)

そしてルイの恋人・宮内は大阪へ…。
見送りに来ていた人々から離れ、一人で飛行機を見送るルイ。
あの様子から察するに、話し合って「きれいに別れる」ということは、きっと出来なかったんでしょうね。
結局、それだけの男だったわけですよ。(^-^;A
石山の息子・修がルイに一目惚れしていたみたいなので、観ている方は少し明るい気分にはなれましたが…。

妙子や院長に病気を知られ、これから貞美は何を支えに生きていけばいいのか…。
「富良野」への思いが、より一層強くなるのも時間の問題かも知れません。



今回の花言葉は・・・・

 ・「ゲラニウム・ジョンソンズブルー」…大天使ガブリエルの哀しいあやまち
 ・「オリエンタル・ポピー」…女の盛りは40過ぎからよっ!
 ・「リクニス・フロスククリ・ホワイトロビン」…アルツハイマーの冬将軍が、忘れていった雪の結晶

毎回ユニークな花言葉に、ほっこりさせられます。(^_^)



ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

>娘のルイがよさこいソーラン祭りに参加すると
仕方が無い事ですが、もうちょっと踊りのシーンがあるかなあと思ったら、少なかったですね。本筋ではないので当たり前ではあるんですが、そういう意味でも贅沢な作り方をしています。

ダンスですが、自分でトライし始めたのは「フラッシュダンス」「スリラー」の頃で、ロボットダンス的な動きやムーンウォークを見て、「マスターしたい!!」と思ったのがキッカケで、まだ少年隊もデビュー前でした。ムーンウォークは自力でマスターしました。しかし、ムーンウォークはもっと前にマスコミに登場しており、「なるほどザ・ワールド」の中であたかもローラースケートを履いたような動きをする人と紹介されていて、真似をしたけどうまくいかなかった事もありました。(笑

>宮内に会えなかったショックの方が大きかったみたいですね。
ここが、FURINの大きな矛盾なんですよねぇ。本来頭では奥さんという一番手があっての二番手ということを理解してるはずなんですが、自分を大事にして欲しいという心情が支配してしまう。恋愛って片方終わったらその時点で終わりなんですもんね。納得いく終結なんかそうそうめぐり合えませんよ。
>結局、それだけの男だったわけですよ。
そりゃ、FURIN(つまみ食い)だもの。(笑)うまくいくのが奇跡で、騙されたのならとかくも、事情を知っていての話であらば当然の結果でしょう。FURINは所詮誰かが泣く残酷なものです。

>「天使ガブリエルの哀しい過ち」の話を岳が貞三に聞いていた
行き詰まりそうな説明に思わず笑ってしまいました。案の定行き詰りましたが。(笑
相手が、恋愛を理解できないからあえて身近な話題を選んだのでしょうが、記憶力がいいことを忘れて自分が墓穴に落ちる事に。(笑

>これは思わず息を止めて見入ってしまうようなシーンでした。
いつ、カミングアウトするんだろうと思ってましたが・・さらっと話して麻薬パッチを見せる なんかしんみりしましたねえ。
二神としては駄々っ子みたいに当り散らすつもりが、有無を言わさぬ説得力のある医者の現状に黙って聞いてるだけでしたしね。
人はある意味自分だけがつらく、自分だけが不幸だと思いがちですが、幸不幸の大きさは定規で測るみたいに比べられるものではなく、まず自分自身と向き合う勇気を持つ事が大事なのかなと齢をかさねる毎に重く感じる最近です。

>結局その後、妙子には全てが判ってしまい
さすが、事件記者チャボ・「相棒」の右京さんの嫁さんだ。(笑
辛いけど、愛すればこそ・・観念せざるを得ないですが。
>旦那さんが全く登場しないのが気になりますわ。
婦長さんだから外泊も気にならない?でも出なさ過ぎ・・・旦那も知ってるか、お互い様なんだと思いますね。夫婦も年を重ねると複雑なところもあるので好き嫌いだけで一緒にいない事は往々にしてある話ですからねえ。

>石山の息子・修がルイに一目惚れしていたみたいなので、
そりゃあ、北海道にあんな美人が華の無い職場に居れば誰だって惚れますって。
「惚れてまうやろ~~~~!!」(BY宴人改めWエンジン)

>「富良野」への思いが、より一層強くなるのも時間の問題かも知れません。
本来と閉ざしてきた気持ちを開かなければいけなくなってくるんでしょうね。
自分の子供に会うなと言われてそのまま諦めてしまうようでは、親とはいえないですもんね。本来あるべき姿に気付かされるんでしょう。

>女の盛りは40過ぎからよっ!
女性の魅力は若いうちは自然と出てますが、30・40になるとその人の生き方が反映してきます。木の実ナナさんも言ってましたが、30過ぎていい女が本物、それは努力の結晶だと。年齢を越えて更に上回る魅力が本物と私も信じております。

前回が説明くさい回だったので、今回はドラマに引きこまれました。
今回沢山ドラマが見れてるのも、この核の作品があるからかもしれません。
>しとろえんさん
いや、私はメイサちゃんの踊りのシーン、結構多いな~って感じでしたわ。(^.^)
でもその前で踊っているというさゆりの姿は、確認できず(笑)
「スリラー」「フラッシュダンス」の時代は、まだ高校生でした。
懐かしいですわ~(^^ゞ
踊るしとろえんさん…益々想像できない(笑)

>本来頭では奥さんという一番手があっての二番手ということを理解してるはずなんですが、自分を大事にして欲しいという心情が支配してしまう…
しとろえんさん、女心を良くご存知で(笑)
ホント、矛盾してますよね。(^-^;A

貞美が二神にサラッと告白すればするほど、辛く哀しいシーンでした。
>まず自分自身と向き合う勇気を持つ事が大事なのかなと齢をかさねる毎に重く感じる最近です。
_¢(0_0ヘ) 身につまされます。

そっか~。妙子が鋭いのは、チャボ+右京さんの奥さんだから…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
でも旦那さんのことは、教授に推薦するほど貞美が褒めちぎっていたので、お互い様っていう感じでは無さそう。
余程、鈍感?(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

>女性の魅力は若いうちは自然と出てますが、30・40になるとその人の生き方が反映してきます。
( ..)φメモメモ(笑)
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク