「Chef~三ツ星の給食」 第6話
やっぱり光子と晴子は母娘だったのか~
でも娘と3歳で別れた光子は気づいてなくて、晴子は偽名を使って近づいていた。
その二人がどうやって…?
きっかけは「オニオングラタンスープ」でした。
光子が作った特製ブイヨンの香りが、子供の頃から作ってくれていた父親のそれと全く同じだったことで逆上。

母親に捨てられた…と思っていた晴子でしたが、事実は離婚裁判の末。
結果的には夢を捨てられなかった光子だった訳ですが、娘の事は手放すつもりは無かったようで…
ありがちといえばありがちですけどね。(;´∀`)アハハ
とにかく荒木のお蔭で無事に誤解が解けてよかったですわ。
最後は素敵な母娘な関係で終わって、ほのぼのさせてもらいましたし。
これで後は、VS篠田か~。
順調な光子の屋台をどんな方法を使って潰しにかかるのか…
いや、他にもっとやることがあるでしょうに~。笑

しかしドラマ観ながら、「オニオングラタンスープ」が食べたかったのなんのって。笑
あのウズラの卵をポン…
今度やってみよ~っと。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク