「逃げるは恥だが役に立つ」 第7話
今回は何とも切ないお話でした。
平匡さん@放火犯の衝撃のキスから、その後が気になってた訳ですが・・・
どうもずっと狸寝入りで誤魔化して、家路に着いたらしい。(* ̄m ̄)ププッ
鬼スルーは、安定の平匡さんクオリティ♪笑
そしてその後も全くその件には触れることはなく、みくりの遠回しの攻撃にも動じることなく、結局は妄想だった…とマッチ売りの少女は諦めた訳ですな。
「焼いた鱚」が飛び出した日にゃ、平匡さんの平泉成さんまでは出ましたのにww
とにかくバスガイドさんやらマッチ売りの少女やら、コスプレガッキーちゃんの可愛いことったら~でした♪

そんなある日、平匡さんはみくりの誕生日をすっ飛ばしていたことに気づき…
各方面にさり気なくプレゼントした物を聞いたり、一日中探し回った挙句、結局現金3万円て!笑
でもそこがまた平匡さんらしいというか、なんですよね。
「キス」が頭から離れなかったみくりは、『慰謝料』だと勘繰ってしまったようですが…。
で、そのお礼のメールの勢いで、ついに"理由"を聞いてしまう訳ですけども、すぐに返事できる訳もなく、部屋の中でどうやって返信しようか長時間苦しんでる平匡さんの姿がまた可愛いの。笑←
結局謝罪で何とか収めようとしたものの、みくりの寛容な対応で救われたというか。
最後の「こちらこそ、末永く。」の一文に、観てるこちらまで嬉しくなりましたもん。笑
その後はもう、お互いの好きが溢れ出てましたな。
懐かしいベストテンとか~♪
35分辺りで「恋」が流れた時は、あれ?って思いながら、ドラマによくありがちな急ブレーキをかける車…で焦りましたが、何事もなくホッとしましたけども…。笑
で、このまま順調に二度目のキス…と思いきや、「平匡さんならいいですよ…」なんて思わずみくりが言葉を発してしまったことで、大変な事態に。
うん。それはまだプロの独身・平匡さんには酷だというもんです。
きっとパニックで頭が真っ白になって、「無理です」という言い方になったんでしょうけどね。(^_^;)
「契約結婚」がネックになったというか、それが始まりじゃ無かったらもっと違ってたのかな…と思うと切ないですわ。
このことがきっかけで、みくりは実家へ帰ってしまうようですが、家事はちゃんとこなしてからなところが、いかにも彼女らしいところですよ。
また次が待ち遠しい…
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク