「Chef~三ツ星の給食」 最終話
最後、カギになったのは光子の「ワクワクする場所」。
篠田と光子の会話を聞いていた晴子(ひかり)が、ラ・レーヌへ戻ることを後押ししたのかを思いきや…
光子のワクワクする場所は、『給食』と『屋台』だったことに、彼女自身あらためて気づかされた訳ですね。
それは自分の料理を作ることで満足するのではなく、料理を食べてもらって、そして最高に美味しいと喜んでもらう。
そっちの方が圧倒的に『ワクワクする』と感じることが出来た。
光子がキッパリとラ・レーヌ復帰を断って、その潔さにスッキリ…。
そしてそんな気持ちが篠田にも伝わったのか、奥寺料理長をはじめ、今のチームでお店の三ツ星を狙う。
今回は惜しくも星を一つ逃したものの、清々しい表情にホッとしたかな。
あの金のサンドバックもお役御免になってましたしね。笑
そして長沼さん演じる菊池均也さんがドアやアチコチにぶつかる度、クスッとさせて頂きました!(*‘∀‘)

さて、給食センターの設立に伴って三つ葉小学校の給食室の存続が危ぶまれる中…
地産地消のメニューを考えたイベントで子供たちも出席者も大満足させたものの、結局一度決定したことは変えられないと諦めざるを得ない展開。
まぁ、市の予算云々が絡んでると、確かにそれだけのことでひっくり返ることは無いでしょうね…
そんな諦めムードの中、三つ葉小学校の給食にまさかの一つ星の称号がっ!
うんうん。
これは予算がどうのこうのと言ってる場合じゃないですよ。
ドラマだから。笑 ←コラッ!
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...
お店の「星」を決めるお二人が給食のイベントに参加しているところで、薄々は気づいてしまいましたが。笑
終盤はワクワクの展開が続いて、観てる方もホントに楽しませてもらいましたわ~♪

最初はチグハグでバラバラに見えていた給食室の皆さんが、光子に影響されて変わっていく様子。
光子も不当解雇で腐ることなく、「給食」や「屋台」で色々と制限される中で、次々に工夫やアイデアを生み出したり、それが上手く良い方向へ向かっていくところも良かったですしね。
サッカー少年たちも、ちゃんと最後まで登場させてくれて、そんなところも含めてステキなドラマでした。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク