「嘘の戦争」 第3話
子供だった浩一に嘘の証言を強要した刑事…。
コワモテの六平さんがそのまんまの悪キャラではなく、実は…な展開に思わず涙でした。
それに今回は、五十嵐や六反田のように自分の身から出た錆的なものではなく、浩一たちが完全に陥れてましたもん。
この流れで三輪があのまま自殺するような展開だったら、後味悪いなと思ってたから良かった。
浩一の言う『報い』がずっと三輪の心に突き刺さっていて、全てを悟っても隆の前では面識がないと言って黙ってくれた訳か…。
あの涙の謝罪に隆は何も違和感は覚えなかったようだけど、視聴者は涙腺緩みましたよね。

30年前の事件のことは隆も興三から聞かされていて、このところの一連の流れで何となく関係がありそうなことには気づいているものの、「千葉陽一」のことはネットを鵜呑みにしているところは、ちょっと無理がありそうな。
ドラマだから仕方がないか。笑
後は本当の「陽一」を知っている五十嵐がまだ生きていて、正気に戻った時にどうなるのかってところですね。

次回のターゲットは、ジュディ・オングさん。
「銭の戦争」のデジャヴになりそうなww
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク