「嘘の戦争」 第8話
やっぱり浩一の罠には引っかからなかった六車。
そんな簡単な奴の訳がない!ww
その後六車にハルカが拘束され、まんまと助けに行った浩一が逆に罠にかかったと見せかけて…のシーンはハラハラしましたよ。不測の事態に備えて防弾チョッキを用意してたお蔭で、助かったから良かったものの。(^_^;)
まぁ、主役が死ぬ訳がないとは思いましたけどね。笑
それより六車の足に食い込んでた、金属の仕掛けの方が痛そうで痛そうで~。
今思い出しても痛いww

で、結局浩一は正体がバラされる前に、自分でバラした訳か。
もう殆ど確信されてたし、興三が完全に目覚めるのも時間の問題だったから、そっちの方が効果的だったかも知れませんね。
晃はやっと自分の浅はかさに気づき、楓は失意のどん底に…
一時は興三も生死の境を彷徨ったし、浩一が望む「二科家の崩壊」が近づきつつあるように見えるけど、復讐がそんなことで果たされるのかは疑問な気がしたり…。

そしてやはり三瓶も係わってた訳ですね。
家族を守るために、浩一の父親を裏切ったらしい。
浩一がずっと信じてきた人の裏切り…。
騙すのは簡単だとはハルカに言ってたけど、あの時の涙は本当だった気がする。
悔しさと哀しさが入り混じったような苦しそうな涙の表情…
三瓶さんへの復讐が一番辛いな。
浩一の父親が託した真実も気になるとことですわ。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク