「カルテット」 第8話
えぇーーーっ!!??
また最後の最後に声が出ましたやん。(;´∀`)
登り坂~下り坂~まさか~♪…な展開が、そのまんま。笑
(あのメロディーを一度聴くと頭から離れません)
お離婚した真紀が、実は真紀では無かったって?
富山県警の刑事さんが言うには、『早乙女真紀』は実は全くの別人。
では幹生の横に写ってる女性は?ってことになりますわな。
どうやって戸籍を手に入れた?とか、その前になぜその女性に成りすました?
う~、また物語は一気にサスペンス風味へ…
今回はすずめちゃんの切ない片想いが満載のストーリーだったはずなのに、最後の最後で全部持って行かれてしまった。(^_^;)
しかし触れない訳には…笑

自分の好きな人が好きな人の事を好きで、自分がその気持ちを成就させてあげたい…と願うすずめ。
別府が別荘の事で悩んでることを知り、バイトを探して自立しようとしたり、真紀が喜びそうなことを先回りして別府に指示したり、二人を演奏会へ行かせたり。
そして、そんなすずめに絶賛片想い中の家森も巻き込まれることに。
不器用な彼は『S・A・J』で、何度も恋愛を乗り越えてきたんだろうな…って感じでしたよね。
あまり表に感情を出さないから今までは半信半疑だったけど、駅前の屋台でたこ焼きを買って帰ってきたのは、そういうことだったのね~って後々視聴者は気づかされる訳です。
すずめの鉄板焼きの嘘も、ちゃんと知ってたのか~みたいな。
たこ焼き屋さんのおじさん、GJでした!笑
それにしても「家森⇒すずめ⇒別府⇒真紀」…見事な一方通行。(^▽^;)アハハ

しかし今度のすずめちゃんのバイト先のご老人の方々(失礼)とは、イイ感じの職場環境になりそうな。
彼女が宅建の資格を持ってたのは意外だったけど、あの不動産屋さんに若い人材は貴重で重宝がられてたし、反対に年の功の先輩には色々と人生の相談に乗ってもらえそうですしね。
カルテット以外の居場所を見つけた…って感じかな。

さて、真紀が『早乙女真紀』じゃなかったことで、この先どんな展開になるのか全く予想がつかなくて~
残りは後2回だったかな?
最後までミゾミゾさせて頂きますよ~♪
そういえば冒頭で別荘に来る「リス」の話の前フリがあって、幹生の母親が作った料理を4人がコソコソ口に溜め込んで「リス」みたいな頬袋が仕上がってたシーンには大爆笑させて頂きました。
ありがとう!( *´艸`)
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク