「カルテット」 最終話
限りなくグレーだった最終回。
色んな伏線があった割には殆どスッキリしなかったけど、そこがまたこのドラマらしい終わり方といえば終わり方だったかも。
大人は秘密を守る?
もしかすると違った角度から観れば、何かヒントが隠されてたかも知れませんけどね~。
あーだこーだ深読みしながら、最後まで楽しませて頂きました。
サンキューパセリ!笑 (*‘∀‘)

さて、1年後…
残された3人は別荘でそれぞれ真紀を待つ日々。
真紀の代わりにバイオリン奏者を捜したものの、結局カルテットの雰囲気には馴染めず「わらび餅」を残して脱落。
ノクターンが「のくた庵」になった経緯はよく分からなかったけど、ちょっとウケましたわ。笑
真紀の義父殺人容疑の罪は起訴猶予になったことで、すぐに戻ってくると思ってたけど、そんな簡単にはいかなかったようで…
世間からの風当たりは、別府やすずめにも飛び火してましたしね。(^_^;)
しかしそんなことは全く気にしてなくて、ずっと真紀を待ち続ける三人…
週刊誌で見かけた「コロッケデート」で近況を知り、写真から居場所を探す様子のシーンに、ロケ地を探している自分とちょっと重なりました。笑
ストリートビュー様様です。(;'∀')アハハ

そして大体の目星をつけた三人は、そこで音楽を演奏して真紀を誘き出す…作戦は大成功でした。
すずめちゃんと家森さんが、やっと逢えた真紀を抱きしめるシーンは涙涙。
別府さんの相変わらずの『定位置』にもクスッとさせてもらったし…笑

再結成した「カルテット」は、世間から好奇の目に晒されている今だからこそ…という真紀の提案から、大きなホールで演奏会を開くことに。
集まったお客さんの中には家森を追いかけてた怖いお兄さんたちや、あの最後まで謎だった有朱ちゃんの姿も。
結局、彼女はお金目当てだったのか!(^_^;)
何やら「チョロかった」らしいですからね~笑
あの帽子を目深に被っていた女性は、辛辣な手紙の差出人?
演奏の途中で邪魔をする者、途中で退席する人たち…。
最後まで残って聴いてくれた方々には、きっと心に残る「音楽」が飛ばせたはず。
CMで「ドラクエ」の曲が流れる度、私もこのドラマを思い出してますよ。笑
これからも音楽と共にみぞみぞしながら生きていく四人…というふんわりな最後で、まだ少し余韻が冷めきれないままですが、気持ちは春ドラマへシフトチェンジです。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク