FC2ブログ
「風のガーデン」 第6話~デルフィニウム
今回は岳と“大天使 ガブリエル”になりきってる貞美が会っているところをルイに見つかって、もっとストーリーが進むかと思いきや、最後の最後でした。
ま~、何となくは察しがついてましたが…(^_^;)

貞美がガーデンを歩いている時に、岳が戻ってきて二人は鉢合わせ。
先に“青い花”がガブリエルの象徴だという前置きがあったので、青い花が咲いている向こうに貞美…という構図が良かったですわ。
その為、岳がガブリエルだと思い込み、咄嗟に肯定した貞美。
会ったことを内緒にしていれば、また会える…というのは、格好の約束でしたが、意外にも岳は黙っていられなかったようで、あっさり貞三に話してしまってました(笑)
でも貞三は岳の話を尊重しつつ、話を上手く合わせていた…というオチ。(^^ゞ
このエピはほのぼのとしたシーンでしたが、後に貞三が本当のことを知った時を思うと、少しハラハラします。

そんな時、町へ身の回りのものを買い出しに行った先で二神の写った雑誌を見つけた貞美。
そこには世間のイメージする二神の面影は無く、憔悴しきった表情…。
貞美もたぶん、自分と重ね合わせて見ていたのでしょう。
帰りにエリカ(石田えりさん)の営む理容店に立ち寄った貞美。
会話から想像するに、二人は学生時代に付き合っていたらしく、昔話で盛り上がっていました。
エリカは貞美の病気のことはまだ知らないけど、きっとこの先力になってくれそうなキャラですよね。

翌朝、再び岳と会った貞美。
“ガブリエル”になりきりながら、天国の話をする貞美でしたが、「父親」は亡くなったことになっているらしい。
一瞬寂しい表情になってましたが、「父をよろしくお願いします」と頭を下げる岳に胸がいっぱいになっていた様子。
自分が父親だとは名乗れないもどかしさを隠しつつ、純粋な岳の心に打たれる。
岳のピアノ伴奏でチェロを弾けるような日がやってくるなんて、夢にも思わなかったでしょうね。
そこへ入って来たルイ…というところで、つづく。
彼女は無言で車を急発進させて出て行ってしまいましたが、久しぶりに会えて嬉しい…と思えるには年月が経ち過ぎてしまってますわ。
咄嗟に「ガブです…」はあかんやろ。(^-^;A
それに貞三に勘当された原因が原因ですからね~。(^_^;)
この二人とはどうやって和解できるか…。
エリカと訪れたバーに、修がたまたま来ていた…ということで、彼がルイの父親だったと気づくのも、時間の問題かも。
貞美の残された時間は、刻々と近づいてきています。

そして今回、二神はとうとう亡くなってしまいました。
貞美は熊避けの電柵につい触ってしまって、感電。
大雨の中やっと意識を取り戻し、キャンピングカーで休んでいるところへ、窓の外に「先生、先生…」と呼ぶ声と共に二神の姿が…。
丁度、亡くなった時間だったようですね。
もう少し穏やかな表情だったら良かったのに、まだまだ苦しそうな表情だったのが辛いですわ。
 

今回の花言葉・・・・・

 ・「デルフィニウム・ブラックナイト」…大天使 ガブリエルの蒼いマント

 ・「エリンジウム」…大天使ガブリエルの贖罪

 ・「ネペータ・グランディフローラ・シックスヒルズジャイアント (キャットミント)」…大天使ガブリエルの飼い猫





 ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
         
関連記事

テーマ : 風のガーデン
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

このドラマはストーリーを追うドラマでないので、急ぎすぎると物足りないかもしれませんね。重美が「乙女の祈り」を聞きながら外を眺めてるそんな時間の中に漂う、心の中の有象無象を空っぽにしてみる事をお薦めしたいです♪
そうしてると重美の心に近づけますので・・。

>彼女は無言で車を急発進させて出て行ってしまいましたが、
最後のシーンはドキドキしました。ルイの動揺が伝わってくるようで。「北の国から」の横山めぐみさんの親父が事故を起したように事故るんじゃないかと思うほどに。
そういうドキドキの中で静寂のエンディングが流れます。あ、もう終わってしまったのか・・・と気付く瞬間ですが。
>年月が経ち過ぎてしまってますわ。
というか鮮明に当時の記憶があるからこそ、その時の感情が逆流して彼女を襲ったのでしょうね。母の死んだ時、いない父へ向けられない愛情が憎悪に変わり、相当辛かったんだ、悔しかったんだと推測できます。
>咄嗟に「ガブです…」はあかんやろ。
「あの世ぉ~」ではもっとあかんか。(笑

>先に“青い花”がガブリエルの象徴だという前置きがあったので
ウ~ン、こういうのはなりすまし詐欺とはいわないんだろうか。(笑

>貞三は岳の話を尊重しつつ、話を上手く合わせていた…というオチ。(^^ゞ
多分、その時はこの話すら思い出さないくらい怒ってる事ですから、心配御無用でしょう。(それでは、慰めになりませんか・苦笑)
おじいちゃんはけっこう彼とは向き合ってるように見えて自分の土俵に引き込み話を自分の範囲で完結させるようにしてるように見えます。心配のあまり手の届く範囲においておきたいという親心(ある意味仕方がないですが過保護よりの)でしょうか。(笑

>帰りにエリカ(石田えりさん)の営む理容店に立ち寄った貞美。
あまりに自然で最初誰だかわからなかった。あまりにも自然なので。石田えりさんだよねえって・・声が違うみたいだけど・・・と思いながら。さすが、若い頃から演技力に定評のある石田さんだ。うまい具合な力加減で語り合う何気ない言葉のやり取りが心地よい。
「ウルトラマン80」に出てることはかなり有名でデビューまもなく映画「遠雷」でヌードも披露したのですが、私は文部省推薦の初出演映画「翼は心につけて」を見てます。
この映画は十五歳の少女がガン・片腕切断・そして死を経験するまでの実話の映画化ですが、小品ながら若い人に特に見てもらいたい作品ですねえ。

>きっとこの先力になってくれそうなキャラですよね。
オシッコやオシリを見られてた話でああもサラリと流せるっていうのは、なにかしら好意があったんでしょうかねえ。
彼女の使った「おはるかぶり」を咄嗟に検索したら、信州・松本の方言でした。「白線流し」の地元なんですね。

翌朝、再び岳と会った貞美。
>“ガブリエル”になりきりながら、天国の話をする貞美でしたが、「父親」は亡くなったことになっているらしい。
「じゃじゃ馬ならし」にてよく貴一さんは一人芝居をして世界に入り込んでいましたが、またやってますね。(笑 根っからの芝居好きなんでしょうか。

>「父をよろしくお願いします」と頭を下げる岳に胸がいっぱいになっていた様子。
神木君でよかったと思える瞬間ですね。(微笑

>岳のピアノ伴奏でチェロを弾けるような日がやってくるなんて、夢にも思わなかったでしょうね。
チェロの方がベーシックを弾いていたようですが・・。
チェロのトリオはあとバイオリンが入ったら完成ですので、布施さんの奥さんの設定がバイオリンの先生だそうで・・・呼んでる場合ではない。およびじゃない。これまた失礼いたしました!!(効果音

>エリカと訪れたバーに、修がたまたま来ていた…ということで、彼がルイの父親だったと気づくのも、時間の問題かも。
これは、確実にフリでしたね。(笑)逆で二人がこのバーで喧嘩してるところに、修がかかわってくるのもアリかも。修君これが富良野塾からのデビューだそうで、さすが舞台役者出身はうまいです。しかし、「ショムニ」の頃の高橋克実さんがバイトをしなければ食えないくらいだったので、彼もおそらく蜂の世話の後はバイト、もしくは貯金切り崩しの生活なんでしょうねえ。

>丁度、亡くなった時間だったようですね。
>まだまだ苦しそうな表情だったのが辛いですわ。
まだ、死にたてのホヤホヤですから・・残痛があるのかもしれません。
死んですぐ電話ってのも律儀というか、職業柄なのか・・・。

>今回の花言葉・・・・・
ガブ ガブ ガブの三連発。おなかいっぱい。(笑

主婦で子供が大きくなるとなかなか時間に合わせるのも大変そうですね。
さっきも主婦の友人から子供を迎えに体育館へとメール受信。大変そうだ。
私が見たのは冷や飯を卵に混ぜる炒飯でした。炒飯は中華の基本、玉子焼きは和食の基本というくらい奥が深いものなんですが、その後周富徳さんが、炒飯は暖かいご飯の方がいいのだというのを聞き今は直に鍋へで混ぜてもいません。味付けをするときに火から鍋をはずして焦がさないようにというのも周さんに教わりました。(笑
後からあんかけにしてみたりすると、なるほどあんかけには下のものにも味がうすくついていた方がいいのかと。そういう意味でもスパゲティに塩を入れて茹でるのはなんかわかる気がします。NOVAでは料理工程でスパゲティに塩を混ぜるのが出てこなかったので、かなり力説した事があります。(笑

りんりん様と今期全く見てるドラマがまるかぶりしてますねえ。
おそらく来年の次期はこんなに書いてないんじゃないかなと思いますけどね。(笑
ルイが岳に「懐柔されちゃって」て言いましたが、なかなか懐柔なんて会話言葉に出てきませんよ。「飼いならされちゃって」くらいでしょう?(笑 機嫌が悪いと文学的になるルイちゃんでした。
>しとろえんさん
ルイにはかなりの動揺が表れてましたね。
ホント、事故らなくてよかった。(^-^;A

>そういうドキドキの中で静寂のエンディングが流れます。あ、もう終わってしまったのか・・・と気付く瞬間ですが。
ストーリーの展開はゆっくりと流れていますが、ドラマの方はあっという間に時間が経ってしまいますわ。
また平原さんの歌声と物悲しいメロディーが、何ともいえません…。

そして父親といきなりのご対面ですもんね。
札幌では拒否したけど、今回は心の準備も無いまま否応がなしに…。
今はきっと許せない気持ちの方が大きいと思いますが、これがもっと年月が加わるとたぶん変化するはず。
でも貞美に残された時間はあとわずか…。(・_・、)

>おじいちゃんはけっこう彼とは向き合ってるように見えて自分の土俵に引き込み話を自分の範囲で完結させるようにしてるように見えます。心配のあまり手の届く範囲においておきたいという親心(ある意味仕方がないですが過保護よりの)でしょうか。(笑
_¢(0_0ヘ) フムフム 

石田えりさんの「ウルトラマン80」…
そうそう!思い出しました!
理髪店での中井さんと石田さんのやり取りがとても自然で、流石だな~って感じでしたわ。
学生時代のエピも、倉本さん脚本っぽい(笑)

修役の平野勇樹さんの横に(新人)と書いてあるのは、そういうことだったんですね。
「流星の絆」泰輔を思い出したり(笑)
演技がとても自然で、ちょっとした仕草に惹きつけられますわ。

そういえば周富徳さん、最近お見かけしませんが~(^^ゞ
中華料理といえば、周さんか金さんだったのに(笑)
卵は鍋へ直接…( ..)φメモメモ
混ぜなくていいなら、そっちの方が簡単そう~♪
一度「あんかけ炒飯」にも挑戦してみたいのですけど、これがなかなか。(^▽^;)
塩は使い方一つでグッと味がしまったり、旨味や甘みを引き出したり…と、これが結構奥が深いのですよね~(^_^)

>「懐柔されちゃって」
ルイぐらいの年頃の女の子が使うような言葉じゃない?(笑)
橋○先生の脚本も、時々子どもらしくない台詞があったりしますし。(’-’*) フフ
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク