FC2ブログ
「イノセント・ラヴ」 第5話
今回も“ツッコミどころ”が、そこかしこに(笑) 
このドラマはストーリーを追うより、そっちを探す方が楽しいかも…オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )

残業中の池田を、耀司が背後から金槌で…といっても、「石頭」な池田は数日の入院で無事に退院。
それどころか、佳音が治療に通っていた長野の「山本心療内科」へ彼女を連れて行き、医師を使って思い出せない過去の記憶を無理やり…って、怪我をさせられた代償にしても程がありますわ~(^_^;)
おまけに守秘義務も守れない山本医師。(゜-゜)ウーン
先回りした耀司はお得意の不法侵入(笑)で、病院から当時のカルテを盗み出して燃やしたのに、これは無駄な努力になってしまいましたね。(^-^;A
で、横浜に戻った耀司は、鉄工所で知り合った卓夫(浅利陽介さん)に匿ってもらうのでした。
あれだけ虐めてたのに…?卓夫、案外イイ奴やん(笑)

一方、耀司が起こした襲撃事件でマスコミから取材攻撃を受ける佳音。
アパートに押しかけたり、電話で取材の申し込みがあったり…と、スクープを撮ろうと躍起になってた割りには、取材拒否を続ける佳音に諦めて、あっさり帰り支度です(笑)
レストランにも姿を見せず、連絡も取れなくなった佳音を心配した殉也が昂から住所を聞きだし、アパートを訪ねてきた…というのに、全く気づきません。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
それどころか、アパートに刑事が張り込んでる風でもなく…。
捕まえる気、あるんかいな?(^▽^;)アハハ
結局、耀司は後に自首してましたが…。

ところで、佳音の思い出せない記憶は事件の1年前にまで遡るものの、肝心なところになると過呼吸状態に…。
すぐに思い出す人もいれば、一生かかっても思い出せない人もいる…と山本医師(山本圭さん)が話してたところを見ると、もしかして初めから池田の前では思い出させる気は無かったとか?
いや、このドラマはそこまで奥は深く無いか。(^-^;A
そして横浜に帰る途中の車内で、池田が入手した家族写真を見せた途端、佳音は車から逃げ出してしまってましたけど、車はちゃんと止まってて良かった(笑)
でも森の中を池田に追いかけられた佳音が、何やら“過去”を断片的に思い出したらしく…。
「何かされたのか?親父か?兄貴か?」
佳音は、池田に何らかのヒントを与えてしまった模様…(^_^;)

ところが横浜に戻った佳音が部屋で血のついた耀司のシャツを見つけて、とうとう事件当日のことを思い出してしまったようです。
そこには部屋で倒れている両親の前で、血のついたナイフを手にしている耀司。
丁度タイミング良く、バイトに現われなかった佳音を心配した殉也が訪ねてきて、鍵のかかっていなかったドアからそっと中へ…って、殉也まで不法侵入ですやん(笑)
殉也は部屋の隅に蹲っている佳音を見つけ、「耀司が両親を殺した…」と肩を震わせて泣いている彼女をそっと不自然に(笑)抱きしめるのでした。

そこにいつの間にか土足で入って来ていた耀司。\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
も、もしや殉也も“金槌”で一発?と思いきや、「よく思い出したな」といって微笑み、「これ以上何も思い出すな」と言い残して部屋を飛び出して行ってしまいました。
で、踏切の遮断機が邪魔をして、耀司の姿を見失う…ドラマの定番(笑)
でも耀司の言葉と表情から察するに、彼は両親を殺して無さそうな気がするんですが…。
となると、やはり佳音を庇って?
しかし13歳の少女の力で、そんなことが出来るのか?ってことですよね。
いやいや、このドラマに“不可能”はありません(笑)

佳音の『救いの手』となった殉也は、彼女を家に連れ帰って泊めていましたが、あれだけ広い家でソファーか?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
真希ちゃんが小っちゃくて良かった(笑)
そんな二人がほのぼのしている中、その姿を見届けたかのように聖花の命が静かに終わりを迎えていましたよ。
機械がキンコンキンコン鳴ってるのに、聖花の異変に全く気づかないって、どないやねん!(^▽^;)アハハ
予告では辛うじて一命を取り留めていた風なので、ホッとしたようなしないような…。
そして結婚式前日に自殺を図った理由が、とうとう明かされる?
きっとその『理由』も強引なんでしょうね~(笑)(; ̄ー ̄A アセアセ・・・






ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : イノセントラブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

いや~池田は2,3日の入院ですんだんでしょうか?トンカチの破壊力もたいしたことないですねぇ・・(笑
>も、もしや殉也も“金槌”で一発?と思いきや、
トンカチは池田をぶったたいてそこらへんに放置した模様・・・どうせなら、ずっとトンカチの男として君臨して欲しかった・・
>いやいや、このドラマに“不可能”はありません(笑)
そうそう・・このドラマではどんな設定もありですから、そういう意味ではすごく楽しみ・・(笑
>きっとその『理由』も強引なんでしょうね~(笑)(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
たいした理由じゃないんでしょうね・・きっと。
一部では殉也が薬を盛ったんじゃ?って噂もあるぐらいですから・・
来週は動き回る聖花が見られそうで楽しみですね・・(笑
>きこりさん
>トンカチは池田をぶったたいてそこらへんに放置した模様・・・どうせなら、ずっとトンカチの男として君臨して欲しかった・・
(≧∇≦)ノ彡バンバン!
何度もレジであんな「ドンッ!」みたいな買い方してたら、不審人物極まりないですもん~(笑)

殉也が薬を?{{(>_<)}} ブルブル
あの笑顔で?(笑)
今度はどんな“強引”が登場するのか、私も楽しみになってきました(笑)(^.^)

>来週は動き回る聖花が…
やっと内田さんのご活躍が~(’-’*) フフ
>このドラマはストーリーを追うより、そっちを探す方が楽しいかも
ストーリーはまじめに追うとmana様のように涙が出るような悲しい展開です。
ツッコむとその真逆に楽しむ事が出来ます。つまりは人は自然と苦しみを回避するように出来てるわけでして・・。
ツッコむところは ボーっとみてても降って沸いてくる まさに「神の領域のドラマ」(なんじゃそら)です。

>病院から当時のカルテを盗み出して燃やしたのに
これもお約束のシーン燃やすという行為は効果的に使われる昭和の演出ですよね。
シュレッダーでドン(笑 ネクタイが、ネクタイが~。(これお約束
それよりおばあちゃんの知恵袋でストッキングに入れて洗濯機の中に放り込むと紙片になって捨てやすくなるとありました。ウ~ン、役に立つのか立たないのかわからない。それより おばあがストッキングだ、マニキュアだの知恵袋を持ってることのほうが不思議だ。(笑 味噌とかヌカとか洗濯糊とか そういうのが知恵袋じゃないの?(笑

>あれだけ虐めてたのに…?卓夫、案外イイ奴やん(笑)
というか「何も考えてねえ」(北島康介風に)
それはそうと、新聞読まないのは彼だけでなく、この番組の主人公の男も新聞を読んでない。いい人そうにみえてホントにおバカの可能性がある。しっかりしないと「ゆず」より「羞恥心」の方が似合ってしまいそうだ。(笑

>スクープを撮ろうと躍起になってた割りには
さっさと帰らないとホントに近所迷惑です。メディアは事件があったら「ナイス犯人♪」と声を上げていそうな気がしますね。本当に悲惨な事件というけれど、その割には時間がかけられて楽しそうな感じがします。もう政治や経済を少し掘り下げて欲しいものですが。
TBSが御難と思いきや、サキヨミのモナさんのタイミングの悪さMAXに続き、ジャンクスポーツの石垣佑磨君が酒で大暴れとは・・。
大体、「ビーチボーイズ」からの快進撃に水をさすとは。よって暴れるって基本的にどこか不満があるからそんなのが出るんだろうなあ。所詮、中身はひとつですよねえ、人間は。
日テレは次の主役の亀梨君が酔って勘違いでタクシーと口論で通報されて、あわやというところ。内君もやっとこ復帰というのにKATTUNの柱がこれでは思いやられますなあ。

>捕まえる気、あるんかいな?(^▽^;)アハハ
捕まえたらあかんのでしょうね。このドラマは。(笑

>すぐに思い出す人もいれば、一生かかっても思い出せない人もいる…
この医者怪しい。(笑 怪しいのに本名なのも怪しい。
しかも極楽山本君に名前が似てるのもどうだか。(笑

>このドラマはそこまで奥は深く無いか。(^-^;A
いやいや深い。案外深い、入ったら抜けられないお笑いの底なし沼でッせ~~。(笑

>「何かされたのか?親父か?兄貴か?」
ぬあんかねえ・・・恋人の前の男性関係や「ど、どんな奴?」と聞く趣味の悪さに似てますなあ(×・ハレンチですわん※

>そこには部屋で倒れている両親の前で、血のついたナイフを手にしている耀司。
これも断片的だしねえ。「時をかける少女」ではないが、楽しいひな祭りの思い出が深町君でなくゴロちゃん(林ジョージ)だったとういう事はありえるんだけどなあ。

>そっと不自然に(笑)抱きしめるのでした。
あそこは抱くでしょ。自然でも不自然でも。(笑
でも心は(きよか~ きよか~ ぐるぐる◎

>そこにいつの間にか土足で入って来ていた耀司。\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
「カテーテルは抜いた」、いや「家政婦は見た」ですかな。(笑 美容師も見るくらいだからビヨンセだってビョークだって見るやもしれません。(笑
兄貴は妹を見るもんです。(ニィ曰く)

>「よく思い出したな」といって微笑み、
褒めると伸びる子です。(笑
>「これ以上何も思い出すな」と言い残して部屋を飛び出して行ってしまいました。
そして最後の課題は脳停止。 きよか~ きよか~ ←あ~もうやめんか(笑

>踏切の遮断機が邪魔をして、耀司の姿を見失う…ドラマの定番(笑
チャラン♪(ギター) ♪あの日あの時あの場所で君に会えなかったら~
「カンチー!」「リカ ・・」「よそに言っちゃうよ!」(どこへでも行ってしまえ・笑)

>でも耀司の言葉と表情から察するに、彼は両親を殺して無さそうな気がするんですが…。
彼が殺してたのは晩飯の鶏さっ!(さわやか・歯キラリン☆☆

>しかし13歳の少女の力で、そんなことが出来るのか?ってことですよね。
そりゃあ、危険が迫ると超能力、過呼吸の後にはエクトプラズムが出てウオ~~と唸り声がすると地響きがしてポルターガイスト現象が起こります。(今回は同時多発妄想劇場)
観月ありささんが14か15で「超少女REIKO」で映画デビューしてますね。
これも「キャリー」のような超能力少女のオハナシ。若くシャープなありさちゃんは有紀ちゃんをサイドに置く大物だったのですからね。今でも主演というのが実はネックですが。(笑

>いやいや、このドラマに“不可能”はありません(笑)
まともなストーリーにすることが不可能なようです。(笑

>その姿を見届けたかのように聖花の命が静かに終わりを迎えていましたよ。
自分の役割を終えたとでも?(笑 それにしても自分の意思で死ねたら苦労はないよねぇ。自殺大国日本の未来はWOW WOW WOW WOW♪

>機械がキンコンキンコン鳴ってるのに、聖花の異変に全く気づかないって、どないやねん!(^▽^;)アハハ
広いと音が聞こえにくいのですよね。それでは、あかんのだがなあ。
本当はガラス戸で見えるようにしておくのに、臭いものにフタをするみたいに・・。
介護だって必要になれば見た目なんか気にしないで全然不似合いな手摺とかつけちゃうのに。ここに聖花への愛情は感じられないんだなあ・・。

>きっとその『理由』も強引なんでしょうね~(笑)(; ̄ー ̄A アセアセ・・
ほんとに自殺ぅ?主人公キラキラ過ぎてウソっぽい、なにかあるんじゃないのでしょうか。誰かさんみたいに覚えてないだけかもネ。
だいたい、目を開けたままショック死の死後硬直みたいに意識不明になるってありえない。痛むにしろ苦しむにしろ力が抜けるにしろ目は自然に閉じますね。
どういう構造であけたままかちゃんと医師の説明が欲しい。(笑
それに誰も疑問も持たず触れないのもどうだか。(笑

免許書の裏面をプリクラ帖みたいに貼っていたら、お巡りさんにドヤシ回されるやろうなあ。(笑・別の所のレス
>しとろえんさん
>ツッコむところは ボーっとみてても降って沸いてくる まさに「神の領域のドラマ」(なんじゃそら)です。
“神の領域”! (≧∇≦)ノ彡バンバン!
久しぶりに、ツッコミが楽しみなドラマに出会いました♪

そうそう!証拠隠滅で燃やすのはお約束(笑)
あっ!ストッキングの…ちょうどそこだけ観てました!(^.^)
書類は2種類ぐらい…って、それじゃDLやらは追いつきません(笑)
そして、確かにおばあちゃんの知恵袋っぽくない!(笑)
洗濯機じゃなくて、洗濯板で…って、今じゃ洗濯板さえ売ってませんもんね。
100均のプラステック製とか?(笑)

で、殉也も新聞は殆ど読んでない…ということですが、たぶん聖花の看病で忙しいんでしょう。(’-’*) フフ
そういえば、この家にTVがついてるのも見たことがないですわ。

しかしフジさんも大変ですね~。
番組も次回は不自然にカットされるみたいですし…。(^-^;A
そうそう!K梨君も報道されてましたけど、大丈夫かな~(^_^;)

“不自然”なのは抱きしめた二人の位置です(笑)
お兄ちゃんが逆上しないように、気を遣っての“位置”ということで。(’-’*) フフ
でも心は(きよか~ きよか~ ぐるぐる◎

>彼が殺してたのは晩飯の鶏さっ!(さわやか・歯キラリン☆☆
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
いつの時代ですのん(笑)

>広いと音が聞こえにくいのですよね。
なるほど~って、コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
なんの為の機器ですのんって話ですよ(笑)
しかも変な“開かずの間”。

ををー!しとろえんさんも、殉也怪しい説?
確かにあのキラキラ笑顔には騙されっぱなしですわ(笑)
佳音と殉也…覚えてないコンビ(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

この際、シワもシミもバーン!と飛ばして、免許証の写真の上にキラキラプリクラでも貼ってみましょうかね~(’-’*) フフ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 美月(香椎由宇)に命じられた通り、殉也(北川悠仁)の前から姿を消そうとした佳音(堀北真希)だったんだけど、じ~っと見つめられ涙を流して去られちゃ お優しい殉也が黙っていられる訳がないじゃ~ありませんか・・ でも、神父(内藤剛志)がせかすから・・・追い...
お兄ちゃんが可哀想で…泣けた~。・゚・(*ノД`*)・゚・。 前回のあらすじでスタートしましたが、BGMがいいですね~。これがなかったら絶対シラけるセリフ回しだと思いますわ。そしてこのドラマのBGM使いもやっぱり『ラスフレ』を感じます。そしてドキドキハラハラの展開...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク