「コウノドリ」 第10話、最終話
最後は出生前診断のお話。
医学の進歩に伴って、出産にもまた新たな苦しい選択が…
「命の選別」という言葉を使ったりもしていましたが、難しい問題もあるけど、本当にご家庭の事情もありますし、産み育てるのは結局そのご家族ですもんね。
サクラも言葉を選びながらも、医師としてではなく自分自身の思いもあって…
ドラマではそれぞれの二家族が描かれていました。
産むと決断したご家族のことは、「オランダへようこそ」という詩を通じて最後の最後まで丁寧に…
妊娠や出産は明るいことだけでなくて、本当に奇跡で、当たり前じゃない。
命とはそういうこと…だとあらためて。

そして最後はペルソナに携わった皆さんの別れや再会、新たな旅立ち。
四宮は亡き父の遺志を継いで故郷の病院へ、白川は更なる修行へ…
今橋先生との別れのシーンには思わず涙しました。
きっとまた一回り大きく、良きパートナーとなって戻って来てくれることでしょう。
下屋も救命でなくてはならない存在になりつつ…
研修医の赤西は産科に決めたようです。
そして驚いたのが、もっと患者さんに寄り添える場所を作りたい…と、ペルソナを離れる決心をした小松さん。
でも新たな出会いもあったみたいだし、彼女ならきっと女性の皆さんの心強い存在になってくれそうですよね。
新井先生や、産休で職場を離れていた助産師の真弓が戻って来てくれたり、ペルソナはまだまだ大丈夫。
サクラが『家族』という言葉を使っていましたが、ホントにそんな雰囲気でした。
それぞれが離れても、また何処かでお互いを認め合い、助け合い、一つになってくれそうな…
そんな最終回でした。
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク