「99.9~刑事専門弁護士 seasonⅡ」 第2話
2話目にして、まさかの展開。
深山の父親の冤罪事件は小出しにしながら、最終回まで持越しなのかと思い込んでたのでビックリでした。

そして真相は…
結局、強引な裁判の印象だったのは犯人が警察官だったから…か。
それぞれの保身と打算が複雑に絡んでいて、無理やり深山の父親が犯人に仕立て上げられてしまっていた訳ですね。
コンビニ店員の証言も、確かにお客さんは居なかった。
でも警官が立ち寄っていたことはスルー。
同じ交番勤務だった男性も違和感は覚えていたものの、確信には触れないまま…
闇に葬られた真実に白を切っていた大友は流石に所々でボロが出てしまって、最後は全てを認めて検事の職を離れることに。
父親も真犯人も既に亡くなっていて、事件の真相を追及する意味さえ少々失いかけていましたが、深山が知りたかったのは真実。
そこはずっと一貫してぶれず、最後まで父親を信じ続けていた事が報われて良かった。
後に元警察官の男性から被害者のご家族に謝罪の手紙を送られていたことで、無事に疑いは晴れた…ぐらいでしょうかね。
すっきりしたような、しないようなww
時間が経ち過ぎてしまったことが哀しい…
あのお守りを突き返してくれたことがきっかけで真実へと辿り着けたけど、これもタイミングだったかのな。

さて、これでまた新たな気持ちで事件に立ち向かう訳ですね。
深山の口から寒いギャグが放たれる度に流れる風の効果音に、早く慣れなくちゃ。笑←
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク