FC2ブログ
「流星の絆」 第7話
政行が両親を殺した犯人だという “証拠”を警察に掴ませるため、偽装を着々と進める功一たち。
まずは幸博の形見の「時計」に、政行の指紋をつけさせることに成功。
次に塔子の形見の「口紅」と、サギがまた1000円の報酬で用意した「盗難車」、そしてなぜか柳原可奈子ちゃん似の「樽ドル」の写真集。
この3つを使って、どんな“偽装”に?と思っていたら、功一と泰輔は盗難車を使って横浜横須賀へ。
「あたしはあんたの何なのさー!」のサギの台詞から、上手く繋がってましたね。(’-’*) フフ

車の中には「時計」と「樽ドル写真集」と「キャップの無い口紅」。
そして元「とがみ亭」で、今は「BOOK ON」(OFFじゃないところがミソ:笑)になっている店舗へ忍び込み、「口紅のキャップ」を押入れの上に隠してました。
そこでオタクに扮した泰輔が、「樽ドル写真集」には某芸能人の昔の樽ドル時代の写真が載ってて、今は40万円の値がついてる…と店長に嘘情報吹き込み、警察に盗難の被害届を出させる。
→捜査中に「口紅」を発見→その古本屋は“ハヤシライス”で有名になった元「とがみ亭」だと気づかせる→幸博と政行の接点をさり気なく証言→警察の目を政行へと向けさせる手はずになっていたようです。

そして柏原たちは、功一たちの作戦通り、最後は政行へと辿り着いていました。
あとは警察に任せておけば、政行の逮捕も時間の問題…のはず。
「おはぎさん」は次回にもつづく?(笑)

しかし今回は、色んな意味で切なさ満載のストーリーでしたわ。
功一たちの“作戦”以外のところで、行成の人柄にどんどん惹かれていく静奈。
彼に連れられて行った元「アリアケ」はカフェになっていたようですが、今はすでに閉店。
でも店の中は昔の面影が残っていて、好きだった「柱」はそのまま…。
その後功一たちと流星を観に行った場所で、たくさんの流れ星を観てしまう訳です。
あのときは、1つも観れなかったのに…。
思わず泣いてしまった静奈に、「キスしていいで…」と“確認君”の行成が確認してきたところで、静奈の方からでしたもんね。
佐緒里としてではなく、あれは完全に静奈でした。

サギは静奈と功一たちが血の繋がらない兄妹だと知って、危機感を募らせていましたが、彼女が好きなのはやっぱり功一?
“タレ目の濡れせんべい”な泰輔には、全く興味は無いらしい。(^^ゞ
で、その泰輔は、静奈を妹としてではなく、もはや違う意味で心配しているようです。
「兄妹じゃないよ。お前が今でもそう言ってくれるのは嬉しいけど違う。心配したりイライラするのは兄貴だからじゃなく…」
突然の告白に戸惑う静奈でしたが、私はその時の泰輔の表情にまたまた胸キュンですやん。(・_・、)

翌日、ギクシャクする泰輔と静奈に気づいていたかどうかは分かりませんが、功一は「証拠」に「動機」を加えるための最後の指示を静奈に与えていました。
それは“ハヤシライス”のレシピが書かれているノートを、戸神の家に置いてくる…。
どうやって、佐緒里が家に招かれるように仕向けるか?
うわ~、難しそう…
ところが佐緒里からカナダへの留学を告げられた行成は、意外にも両親に会って欲しい…と、まるで飛んで火にいる夏の虫状態でしたよ。(^▽^;)アハハ
予告では戸神家に招かれた佐緒里(静奈)が、「ノート」を本棚に紛れ込ませているシーンがあったし、またちょっとドキドキハラハラな展開が待っているようです。

その頃、行成に本気で惹かれている静奈を心配していた泰輔と功一。
「本気で俺達の仇の息子に惚れてるよ…」の泰輔の言葉に、「いいわけねぇだろっ!」といつになく声を荒げる功一。
いつも冷静に見えていた功一の中に、“激しい感情”を垣間見た瞬間でした。
やっぱり、ニノ君イイですね~♪(u_u*)ポッ
サギが“アクセル”の何処に惹かれたのか、解る気がしました(笑)





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : 流星の絆
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れ様ですぅ
>なぜか柳原可奈子ちゃん似の「樽ドル」の写真集。
ですよね~。何度も見直したんですけど…やっぱ狙ってます?
でもそんなOK出るだろか~(笑)

>柏原たちは、功一たちの作戦通り、最後は政行へと辿り着いていました。
何か上手く行きすぎやしませんかっ(^▽^;)
柏原は何を企んでるのかなぁ。
やっぱり自己防衛的な行動?
柏原をまだ信じられない私です。

>いつも冷静に見えていた功一の中に、“激しい感情”を垣間見た瞬間でした。
えぇえぇ、ここはニノに胸キュンでした♪
お兄ちゃんだって甘えたいし、泣きたいんだよ~(・・、)

何で”アクセル”?
いつの間に”アクセル”?(笑)
>政行が両親を殺した犯人だという “証拠”を警察に掴ませるため、偽装を着々と進める功一たち。
ここへきて、どうも犯人の追い込みがへボイ計画になりつつあるのは、やはり感情先行の焦りからなのかしら。逆に完璧な証拠は怪しいんだけどね。柏原さんもまるまる信じてるわけではなさそう。
ツーショット写真を撮ったのは人柄がなせるわざ?それとも、隠し事の多い兄弟のなにかを感づいているからなのかしら。

>「あたしはあんたの何なのさー!」のサギの台詞から、上手く繋がってましたね。(’-’*) フフ
あ、そんな離れたところに。(笑 そりゃ気がつかなかったな。
ちなみに、横須賀ラブストーリーのように、デジタルでタイトルを刷り込んで風景になじませてしまう手法は今、アメリカで流行りですね。
HEROESのサブタイトルがあんな感じです。

>車の中には「時計」と「樽ドル写真集」と「キャップの無い口紅」。
>そして元「とがみ亭」で、今は「BOOK ON」(OFFじゃないところがミソ:笑)になっている店舗へ忍び込み、「口紅のキャップ」を押入れの上に隠してました。
こういう作戦は細かいんだけど3種の神器とか、夫婦対の証拠品とか、きれいさにこだわるとリアルさにかける証拠になっちゃうんだよねえ。さて、柏原 どこまでかぎつけて捜査してるんだろうかしら。
>そして柏原たちは、功一たちの作戦通り、最後は政行へと辿り着いていました。
>あとは警察に任せておけば、政行の逮捕も時間の問題…のはず。
その計画には大きな穴が既に何箇所も…。蟻の一穴(イッケツ)といって、小さな穴がいずれ全体を崩す事もありうるんですが、ああも穴が多くて気持ちが揺れていたら完全犯罪でさえドジってしまいそう。深入りをしないようにするのはもう無理な場所まで来てしまいましたが。高山の登場は3人を窮地に追い詰めるのでは。
もしかしたら、まずい場所でバッタリ会うんじゃないのぉ?

>おはぎさん」は次回にもつづく?(笑)
テレ朝刑事ものはシリーズ化しますからね。(笑

>しかし今回は、色んな意味で切なさ満載のストーリーでしたわ。
かなりクドカンがまくりをかけてる感じですね。ほぼ主体のストーリーは固まった。
おそらく東野作品はかなり大胆な悲劇を持ってくるんじゃないかと予想してますが。
その時に一番泣くのはやはりシーなのかしら。

>その後功一たちと流星を観に行った場所で、たくさんの流れ星を観てしまう訳です。
あのときは、1つも観れなかったのに…。
そ、そこ、そ~なんですよ。思わずあの時の素直な気持ちに恋心がシンクロしちゃったわけですな。しかもあの時とは違うフジテレビの月9の電飾さんが豆球ビカビカイルミネーションしちゃったみたいにお星様が流れた日にゃあ、好きトキメキKISS(さすがの猿飛)ですよ♪

>「キスしていいで…」と“確認君”の行成が確認してきたところで、静奈の方からでしたもんね。
気持ちが盛り上がってるところにキスのキーワードで反応しちゃったんでしょうねえ。
盛り上がる気持ちは♪もうどうにもとまらない(打楽器・コンガ系
そしてときめく心は♪狂わせたいの~(ギンギン系エレキギター





>“タレ目の濡れせんべい”な泰輔には、全く興味は無いらしい。(^^ゞ
濡れせんべいの出典はさま~ず三村さんですよね。(笑 クドカンもけっこうミーハーだから使いたかったんじゃないかしらん。タレ目のとつけてるところがオリジナル?(笑

>突然の告白に戸惑う静奈でしたが、私はその時の泰輔の表情にまたまた胸キュンですやん。(・_・、)
りんりん様は胸キュンでも、妹と育った娘としてはかなりKYなタイミングの発言になりましたねえ。若さが言わせるんでしょうが、ジェラシー満載、アンジェラアキ試演会、ランジェリーパブ支店長ゴキゲン♪(最後は原型をとどめてません。・笑
感情に任せると緻密な作戦もアナがあきますが、もう既にボロボロ開いてる穴のほとんどは、タイニィの天真爛漫のせいかも。

>それは“ハヤシライス”のレシピが書かれているノートを、戸神の家に置いてくる…。
あ~あ、おそらくレシピが二つになっちゃうよ。(笑

>どうやって、佐緒里が家に招かれるように仕向けるか?
>うわ~、難しそう…
ですよね。さらっと言いますね。
台本には「よろしくあって」と書くんでしょうか。(笑

>ところが佐緒里からカナダへの留学を告げられた行成は、意外にも両親に会って欲しい…と、まるで飛んで火にいる夏の虫状態でしたよ。(^▽^;)アハハ

>予告では戸神家に招かれた佐緒里(静奈)が、「ノート」を本棚に紛れ込ませているシーンがあったし、
なんか「白夜行」の図書館のシーンがダブります。

>いつも冷静に見えていた功一の中に、“激しい感情”を垣間見た瞬間でした。
>やっぱり、ニノ君イイですね~♪(u_u*)ポッ
なかなか二人が対照的な芝居をしてそのニノ君の怒号演技と静かなる怒りの錦戸君は見せ場を作ってしまいましたねえ。

>サギは静奈と功一たちが血の繋がらない兄妹だと知って、危機感を募らせていましたが、
ま、正直なところ血の繋がらない妹はかなりヤバイライバルかもしれないですしねえ。
千円で動く便利娘としては、敵は蹴落としておく方がいいか。

>サギが“アクセル”の何処に惹かれたのか、解る気がしました(笑)
アクセルだけに踏み込むだけ回転が増しますが、自分で止まることは出来ません。
お後がよろしいようで。


流星に流星のコラボではつまらないので、ちょっとお休みして、限定の新作のスピンオフ、奔放初公開の懐かしのドラマシリーズ第一弾。イラストなし。
主演は刑事のあの人。共演は、看護婦長と最近DVD発売で再結成。そして打撃天使からもレギュラーが。実はあの夫婦の片方が出ています。バックがイラストなのも意味が。では心して見てくだされ。
レスが遅くなりました~<(_ _)>
>manaさん
映ったのは一瞬だったけど、あれはかなりインパクトありましたわ(笑)
ご本人、公認?(’-’*) フフ

>何か上手く行きすぎやしませんかっ(^▽^;)
柏原は何を企んでるのかなぁ。
やっぱり自己防衛的な行動?
柏原をまだ信じられない私です。
(゜-゜)(。_。) ウンウン 私も「柏原犯人説」を捨てきれない一人(笑)
「おはぎさん」が鍵を握る?
でも彼はかなり信頼してますからね~(^^ゞ

もうねぇ、ニノ君とニッキド君には、キュンキュンさせられっ放しですわ。
観終わった後、暫くボー(u_u*)っとしてます(笑)

>何で”アクセル”?
いつの間に”アクセル”?(笑)
知らんがな~(≧∇≦)ノ彡バンバン!



>しとろえんさん
>ここへきて、どうも犯人の追い込みがへボイ計画になりつつあるのは、やはり感情先行の焦りからなのかしら。
そうそう!あまりにも証拠が簡単すぎて、しかもそれにまんまと乗っている柏原たち。
何か“ワケ”がありそうだ(笑)
やたらと泰輔と親しくなっている柏原も、ちょっと怪しいですし…(^▽^;)

>HEROESのサブタイトルがあんな感じです。
( ..)φメモメモ 不思議な映像だな~と思ってたんですが、納得納得♪

>ああも穴が多くて気持ちが揺れていたら完全犯罪でさえドジってしまいそう。深入りをしないようにするのはもう無理な場所まで来てしまいましたが。高山の登場は3人を窮地に追い詰めるのでは…
そうなんですよ。予告に高山がチラッと映ってましたもんね。
彼の登場は嬉しいけど、詐欺やらがとうとうバレてしまいそうな予感。(^_^;)

東野さんですからね~。
やっぱり最後はドーン!と…?
今回は何といっても、流れ星が次々流れるシーンが印象的でした。
電飾がピッカピカで(笑)
でも静奈の揺れる女心。
あんな形で行成に出会わなければ、普通の恋ができたのに…(・_・、)

>濡れせんべいの出典はさま~ず三村さんですよね。
_¢(0_0ヘ) フムフム
一度食べたことがあるんですが、我が家には不評でした。
やっぱりおせんべいは「パリッ!」と食べたい(笑)

>ジェラシー満載、アンジェラアキ試演会、ランジェリーパブ支店長ゴキゲン♪
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
KYと言われようが、もう泰輔の気持ちは、誰にも止められないんです~(’-’*) フフ

>あ~あ、おそらくレシピが二つになっちゃうよ。(笑
うわっ!そこですか?!
もしかしてそれでバレてしまうとか?(^-^;A

ε=ε=(*~▽~)キャー
また懐かしさが満載ですやん♪
しかもバックのイラストの意味が、私には難しすぎる(笑)
あっ!でも「Wiki」を見たら解りました!ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『おはぎさん』今時部下をあだ名で呼ぶ係長・金田明夫さんがここで登場ですかぁ。まさか犯人に繋がる人物ではないでしょうけど。。。この人が犯人なら、柏原より許せる(笑)ヾ(゚∇゚*)オイオイ樽ドルって本当に…ある訳ないか(≧∇≦)ノ彡 バンバン!柳沢加奈子ちゃん
 時効まであと3週間となりました。 港にやって来たアリアケ3を迎えたのは盗難車に乗ったサギ(中島美嘉)。 功一(二宮和也)と泰輔(錦戸亮)は、その車に乗って、横浜横須賀へ・・  その間、サギと静奈(戸田恵梨香)は秘密のガールズトーク。 「あんたが羨ま
アクセルが歩いていた横浜・関内・日本大通り。この先→現在の『戸神亭本店』であろう『アルテリーベ』があります! インド、大変でしたね・・・同時多発テロですか。パキスタンからの・・・。 いつ何時、何が起こるか分からない世の中です。両親が殺され、愛する妹も「
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク