「夢をかなえるゾウ」 第10話
今回のガネーシャの課題は 【男になる】
一体どうやって??「NO MORE ムチャぶり」(笑)と思っていたら、ガネーシャに上手く騙され、まんまと食べてしまった“ホルモン”で、心だけ『男』になったあすか…。
「ヒゲ ハゲ スネゲ ギャランドゥ…」
「ゲンキガ アレバ ナンデモデキルぅ~」ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
あすかがテーブルにぶつかった拍子に落っこちた“ホルモン”を、思わず「三秒ルール」で食べてしまったガネーシャは逆に『女』になってしまい、
「マカオノ オカマハ ナガデンワ」は、まだギリギリ許せても(笑)、
「ニンギョウニ カモンヲツケテ モリミツコォー」って、ナンデヤネン! (≧∇≦)/☆(.. )
あすかを会社に送り出すガネーシャは、完全におかんでした(笑)

しかしあすかったら、どんだけ『男』やねん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
街行く女性に目が行くわ、立ち食いそば屋では男前に注文&スポーツ紙のお姉ちゃんに思わず反応♪
会社では田島部長もビックリの、セクハラおっさんぶり(笑)
網田から「女がときめく男の勝負下着」なんて意見を聞かれても、心は『男』のあすかには無理な話です。(^▽^;)アハハ

そんなあすかは、ナンパを強行…。
本人は『男』になりきってましたが、どう見ても女性にしか見えませんでした(笑)
で、ヒールが折れた拍子にコンタクトを落としちゃって…というベタなきっかけで、偶然チョコたん(浜丘麻矢さん)に出会うのですよね。
彼女は男性には絶大な人気がある、お天気お姉さん。
下心満々のあすかは彼女を食事に誘い、その後…というところでしたが、高級寿司を奢り、タクシー代を出してそのまま帰してしまうとは、何とも勿体ないですが(笑)、心が『男』なあすかは、つい見栄を張ってしまったのでした。
ていうか、帰してなかったらどうするつもりだったんだ?(笑) ムリムリ ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
ま、女性のチョコたんの方が、一枚も二枚も上手…ということですね。

で、あすかが家に帰ると三つ指ついて待っていた、おかんガネーシャ(笑)
何にもわかってはれへんなー、お父さん。なぁー、タックン…人形に向かって話しかけてる姿に大爆笑です。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
髪には昭和なおばちゃん風のカーラーが巻かれていても、王冠はちゃんとついてるし(笑)
で、男はカッコつけても、基本的には財布が空になるだけ…。
自己満足で自分の男気に惚れ惚れする…。仕事やルックスで負けても自分を好きでおれる。
ホンマは弱いくせに、強がったり背伸びしたり…というのが、男の美学らしい。_¢(0_0ヘ) フムフム

セナ君の名言として「完璧な人間なんておらん。結局は他人の失敗や自分の失敗から、学ぶしかない」と話していたガネーシャに、即答で「知らないです」と答えるあすか。
「彼は鈴鹿で神を見た、ちなみにその神は基本的に…」のガネーシャの言葉を遮るように、「次の課題は?」と矢継ぎ早に話題を変えてたあすかの“間”が絶妙~♪(笑)
「ワシや…」のタイミングを、思いっきり逃したガネーシャなのでした。(^^ゞ

そして次の課題は【男の夢を聞く】
“男の夢”は心の奥底、いわば根っこの部分。
その夢をかなえるために、要らん見栄を張ったり、かっこつけたりする。
夢は心の一番守りたい部分。つまり心の色…。
男の内面を探るためには、物凄いエエ課題らしい。
・・・・ということで、今度は「ホルモン」の筋入りのミルクを飲まされたあすか。
ついでにガネーシャも?ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

翌日、「凶暴な河内弁の男の霊が取り憑き、抜けなくなった。ご迷惑をおかけするかも知れません。」と怪しまれないように社内メールを送り、男性陣に“男の夢”を聞いて回るあすかでしたが、もう水川さんの女優魂に脱帽ですわ~。
このシーン、お腹を抱えて大爆笑しましたよ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そんな網田は「田舎の山にでっかい城を建てる」という“男の夢”らしい夢。
母親に言われる通りの人生を選んできた近藤は、「夢を見つけること…」が夢らしい。
夢は“心の色”ということで、網田は金色、近藤は白色のクレヨンに例えて、揺れ動くあすかの心は一体どっちを選ぶんでしょうかね。
最終的にはどっちも選ばないような気もするのですが、最近の網田とのやり取りが絶妙なだけに、彼女らしい生き方が出来るのは彼かも知れません。
個人的には近藤さんも好きだけど(笑)

そして恋愛に直結する究極の課題…ということで【楽器をやる】
??? (・・?ハテ これはまた不思議な課題ですが、何か面白くなりそう~♪




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : 夢をかなえるゾウ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

>【男になる】
>まんまと食べてしまった“ホルモン”で、心だけ『男』になったあすか…。
とりあえず、1番 転校生の「心だけ男」というのと(入れ替わったし)、3番の男性ホルモンは正解でしたね。(笑

>「ヒゲ ハゲ スネゲ ギャランドゥ…」
ギャランドゥは確立しましたねえ。私、ヒデキファンだったので、「ギャランドゥ」はめったに歌わないカラオケでも歌ったことがあります。「激しい恋」もあるなあ。(笑
酒が呑めないので滅多にカラオケしません。

>「ニンギョウニ カモンヲツケテ モリミツコォー」って、ナンデヤネン! (≧∇≦)/
だんだん、「ギャルサー」のキャラに見えてきた。(笑
>会社では田島部長もビックリの、セクハラおっさんぶり(笑)
 けっこう女子同士のほうが露骨な話をしていることもありますよねえ。(笑

>網田から「女がときめく男の勝負下着」なんて意見を聞かれても、心は『男』のあすかには無理な話です。(^▽^;)アハハ
男がときめくのは布地の少ない下着…とは限らないんだなあ。挑発的がいいとも限らない。実は、ちらリズムが一番ときめくんですよ。だから、たまに変化球はいいんだけれども、主体が激しすぎるとそういう女かと誤解されますねえ。(笑
そういう意味では白いのが無難なんですよ。

>女性のチョコたんの方が、一枚も二枚も上手…ということですね。
 女性は常に男の上にいるものですよなんたって産むんやからねえ。

>髪には昭和なおばちゃん風のカーラーが巻かれていても
 そうねえ、見なくなりましたねえ。一頃は女子高生でもつけていたりしたような。
>で、男はカッコつけても、基本的には財布が空になるだけ…。
見栄は基本、金で買うものですよ。
>自己満足で自分の男気に惚れ惚れする…。
 なるほどなるほど ナルシスト。1月の石はアメジスト。雨が降ってもフランシスコのシスコーン。
>ホンマは弱いくせに、強がったり背伸びしたり…というのが、男の美学らしい。
 見栄っ張りでんがな。(笑 好きな女の子の前だともっとはる。悲しい性やがなあ。

>セナ君の名言として「完璧な人間なんておらん。結局は他人の失敗や自分の失敗から、学ぶしかない」と話していたガネーシャに、即答で「知らないです」と答えるあすか。
かなりいいことを言ってますねえ。そうそう、予見できるということは広く見て知ることが入り口なのですよ。
しかし、確かに若い人には知らない人が増えてきてる。それほど年をとったということかいなあ。

>【男の夢を聞く】
聞くということを狭くミニマムにしたという、つまりはマーケッティング調査の原理で御座います。統計調査を取る為にも色々とサンプルを取るのが大事なのですねえ。

>「凶暴な河内弁の男の霊が取り憑き、抜けなくなった。ご迷惑をおかけするかも知れません。」と怪しまれないように社内メールを送り
そんな設定 怪しい以外の何物でもないです。(笑
「河内のオッサンの唄」というのがありましたけどねえ。
よおきたのおワレ!上がっていかんかワレ!♪ すごい歌だよねえ。

>夢は“心の色”ということで、
 「オーラの泉」の江原さんによれば、オーラにも色があるそうで。
>最終的にはどっちも選ばないような気もするのですが、最近の網田とのやり取りが絶妙なだけに、彼女らしい生き方が出来るのは彼かも知れません。
現実でもドラマでも最後の最後に本命が現れるものであるが。
確かに彼女を伸ばしていくのは優柔不断な優しさよりも力強さと独創性かもねえ。


そして恋愛に直結する究極の課題…ということで【楽器をやる】
??? (・・?ハテ これはまた不思議な課題ですが、何か面白くなりそう~♪


え~、戸上を見たB案の一番違うのは、「息子さんが増えている。」でした。(笑
メイン以外で写真が違うのはとシーです。シーはちょっと前のシーンの顔になってます。

今回の限定はスピンオフの懐かしいネタで第二弾、初公開です。
主役が小さいのがちょっと可愛そうですが、この三人と結婚されたうちの一人はバラエティ、一人はドラマに出てます。敵役の部下の一人とボスは前のドラマ、もう一人はこの間のミニドラマのゲストですね。
>しとろえんさん
>とりあえず、1番 転校生の「心だけ男」というのと(入れ替わったし)、3番の男性ホルモンは正解でしたね。(笑
正解者には・・・・ 何も出ません(笑)
コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )

w(°o°)w おおっ!!
しとろえんさんは、お酒が飲めない…
( ..)φメモメモ
シラフで「ギャンドゥ」…チャレンジャーですね!(’-’*) フフ
そして、白…_¢(0_0ヘ) フムフム(笑)

>なるほどなるほど ナルシスト。1月の石はアメジスト。雨が降ってもフランシスコのシスコーン。
才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ(笑)

>しかし、確かに若い人には知らない人が増えてきてる。それほど年をとったということかいなあ。
いや、私も知らなかったです~(^-^;A
年はとってますが(笑)
女性にF-1はちょっと…
でも彼の言葉は名言ですね。(^_^)

>「河内のオッサンの唄」
これも懐かしい~♪
たぶん小学生でした(笑)
思いっきり大阪生まれなので、「ワレ!」もそんなに怖くもなく…(^.^)


>戸上を見たB案の一番違うのは、「息子さんが増えている。」でした。(笑
そこでしたかっ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
>シーはちょっと前のシーンの顔になってます。
奥が深いですね~_¢(0_0ヘ) フムフム

あぅ~、残念ながら「URL」に入ってないみたいです~(^^ゞ
失礼しました。ではどうぞ。
お帰りなさいスペシャル…って
>しとろえんさん
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

内田さんと中井さん、このドラマで共演されてたんですね。
実は1993年は『魔の年』(笑)で、殆どドラマを観てないんですよ。
調べてみたら、出演されてる皆さんが結構豪華メンバーなんですね♪
再放送、してくれないかな~?(’-’*) フフ
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク