FC2ブログ
「流星の絆」 第8話
時効まであと2週間…。
静奈が行成に惹かれていると察した功一と泰輔は、計画の続行を心配したものの、佐緒里がカナダへ留学する…と別れを切り出したら、行成から家に招待されたらしい。
いや~、これは願っても無いチャンス!
と、同時に失敗すれば刑務所行き…という、かなり大きな「賭け」でもあるのですよね。
静奈は兄たちに行成への想いを悟られ、逆に絶対成功してみせる!と意地になっていたかも…。

そんな時、戸神の家を訪れていた柏原とおはぎさん。
盗難車から押収されたお菓子の缶、「アリアケ7周年」 の刻印が入った「腕時計」と「口紅」を差し出すものの、全く見覚えがなく、「アリアケ」という店も知らないと言う。
うーん(゜-゜) この時の政行の表情を一秒たりとも見逃さないぞ!と画面に張り付いてましたが(笑)、確かに全然動揺もしてないし、本当に知らなさそう…。
いやいや、腕時計や口紅は見たことがなくても、「アリアケ」は知ってるはずなんですよ。
なのに…。(~_~;)
タダでは帰らない…という意気込みだったのか?柏原は「ハヤシライス」の匂いを嗅ぎつけ、上手く丸め込んでご馳走になることに。
そこで桜木町の喫茶店・ニューフロンテの話への持って行き方が、また上手いの何の…。
ところが当時出前はしていたが、そんなお店は知らないとシラを切る。
あまりにも具体的な内容の質問に、行成の方がイライラしていましたが、「それが、刑事さんの仕事なんだから、協力してあげないと」とまで言い出した政行。
その事件が殺人だと聞いても、顔色一つ変えない。
いや~、彼はなかなか手ごわそうです。(^_^;)
ところで「アリアケ」の常連だったらしい柏原は、その味が同じだと気づいたんでしょうか?

翌日、「ジョージクルーニー」にやって来た行成。
功一が横須賀出身だと覚えていたらしく、「アリアケ」について聞き出そうとするも、功一も上手くかわしていましたね。
ところが行成の質問に固まって、息を止めたり吐いたり、深呼吸したり…と、一々反応するジョージ。
本当は緊迫感でドキドキのシーンだったはずなのに、この時の尾美さんの演技がまた「視聴者代表」みたいで、ちょっと楽しめましたわ~♪(^.^)
功一は父親が殺されたことは冗談だと言い、名前は「有田」と名乗るのでした。(〃´o`)=3 フゥ
しかし佐緒里(静奈)にプロポーズすると聞き、功一は内心穏やかではなかったはず…。

緊張のあまり、2階で横になっていたジョージは時効前に警察が動き出したことを知り、「両親が生き返る訳じゃないが、これで成仏出来るっていうか…。お前らもやっと親離れできるわけじゃん。」と喜んでくれていました。
この言葉を聞いて、功一は犯人が捕まった後のことまで考えていて、泰輔は特に何も考えていなかった…対照的な兄弟の性格が伺えましたね。
もし両親が生きていたら…きっと親父は口うるさく、母親も用もなく電話してきては彼女や結婚のことを根掘り葉掘り聞いてくるような、鬱陶しい存在だっただろうと想像していた二人。
普通に生活していたら、もうとっくに親離れしていたはずなのに…。

家に帰ると、行成の家に着て行く服を楽しそうに選んでいた静奈。
泰輔はそんな彼女を眩しそうに見つめていましたが、静奈の方はウキウキしてるのを見透かされたようで不機嫌そうでしたね。(^-^;A
前回、勢いで告白してしまった泰輔ですが、何事も無かったかのように振舞う二人の様子が余計に切なく思ってしまいましたわ。
・・・というところで、いきなり始まった『妄想係長 高山久伸 アイルビーバック』(≧∇≦)ノ彡バンバン!
志穂への想いが募るあまり病院を訪れた高山は、「南田志穂」は偽名で、彼女が実は静奈だったということを悟ってしまったようです。
ランニングマシーンを軽快に走る高山。
その後のCMで「ソフトバンク」のお父さん犬がランニングマシーンを走っていて、思わず爆笑ですわ!
いや~、二度美味しかった♪(笑)

そして戸神家へと向かった佐緒里(静奈)。
功一は緊張のあまり、「娘を嫁に出す気分だ…」と言ってしまってました。(^▽^;)アハハ
行成から聞いていた「松島屋の羊羹」で、貴美子のツカミはOK♪
着物で登場…と、向こうも相当気合を入れていた様子ですが、佐緒里と話すうちにすっかり気に入ったようです。
貴美子と仲良く料理をしていると、そこへ帰ってくる行成…想像する静奈が可哀想でした。
で、肝心の「レシピノート」を置いてくるという任務は無事完了。
ノートが本棚になかなか入らなくてドキドキした上に、部屋から出ると政行の姿でドキッ!
その前も佐緒里から横須賀の洋食屋について、政行が強い口調で聞き出そうとするもんだから怖い怖い。
おまけにその日、柏原が戸神の顔を泰輔に確認させようとするものだから…。
功一が「キャバクラに行きたい!」と、上手く気を逸らせてくれたから良かったものの。
あ~、心臓に悪かった~(笑)(^_^;)
そういえば、行成が大切にしているという天体望遠鏡の前で「流星」の話が出てましたが、もしかしたらあの日、彼も見ていたんでしょうかね。
行成に家まで送ってもらい、帰りかけたものの、再び降りて抱きついた静奈。
「さよなら」の彼女の言葉の意味に、全く気づいていない行成。
そんな二人の様子をアパートの階段から見ていた泰輔の切ない表情で、またグッときてしまいました(・_・、)

そして柏原から今の段階では家宅捜索も出来ないと聞き、思わず声を荒げる功一。
「何者かによって、警察が誘導されているんじゃないか?」と不審がる柏原は、もしかすると何か感づいている?
「犯人がわかったら、どうする?」刑事じゃなく単なる50過ぎのおっさんだったら…と質問した柏原に、「殺しますね」と答えた功一。
功一からの同じ質問に「…殺すね」と答えた、友和さんの“間”といい、二人のシーンは鳥肌が立つほど絶妙でした。
裏メニューという「ハヤシライス」を柏原に出したってことは、功一の信頼の証なんでしょうかね。

行成と別れた翌日からお酒を飲んで荒れる静奈でしたが、4日後にはとうとう我慢できなくなってしまい、会いに行ってしまったようです。
そんな静奈を目撃した功一と泰輔は後を追ったのですが、そこへ現われたのが高山!
「南田志穂」が偽名だとバレて危機一髪…というところでカッコ良く登場したのが行成ですわ~。
彼女には2000万貸していて…と、ハッタリをかまして追い返してくれてました。
ところがホッとしたのも束の間、「アリアケ」のレシピノートを持った行成から「あなたは一体何者なんですか?」と聞かれた静奈…というところで、つづく。
うわ~、…o(;-_-;)oドキドキ♪




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : 流星の絆
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

柏原さんが犯人だなんて…

>よーこさん
はじめまして…
で、よかったでしょうか?(^^ゞ

情報ありがとうございます。
>同時に失敗すれば刑務所行き…という、かなり大きな「賭け」でもあるのですよね。
 コーニィの計画がだんだん危うくなっていく。こういうことに気付かないのも深みにはまってる証拠なんですが。
>そんな時、戸神の家を訪れていた柏原とおはぎさん。
 完全コンビ復活ですやんか。(笑
>この時の政行の表情を一秒たりとも見逃さないぞ!と画面に張り付いてましたが(笑)、確かに全然動揺もしてないし、本当に知らなさそう…。
いやあ、相当慣れてる奴ですよ。(笑 芝居の質でいえば、柄本さん自体があまり感情を出さない芝居が多い。騙されてはいけませんよ。(笑

>腕時計や口紅は見たことがなくても、「アリアケ」は知ってるはずなんですよ。
 「ああ、あれはアリアケでしたか。てっきりケアリアだとばかり…」(笑
>柏原は「ハヤシライス」の匂いを嗅ぎつけ、上手く丸め込んでご馳走になることに。
容疑者の家でご馳走になるなんて本来反則ではありますが、なかなか誘導尋問としては完成度は高かったですね。しかし、相手は百戦錬磨。まあ、レシピは盗んでいるだろうからこんな日をいつかは想定していたんでしょうねえ。
>「アリアケ」の常連だったらしい柏原は、その味が同じだと気づいたんでしょうか?
 レシピ盗難の話は殺人とは別話でしょうから、味の近似の点は不信感を感じてるはずでしょうね。犯人の罪滅ぼしにこれは解明しておくつもりかしらん。

>功一が横須賀出身だと覚えていたらしく、「アリアケ」について聞き出そうとするも、
今回はそういう意味では こういう腹の探り合いがあちこちに散りばめられてました。
そういうさりげなさもクドカンのマジックなんだろうねえ。ジョージのおふざけに気を取られてるバヤイではないのだ。(バカボンのパパなのだ。
>この時の尾美さんの演技がまた「視聴者代表」みたいで、ちょっと楽しめましたわ~♪(^.^)
ホントに、傍観者ですね。この人。困ったもんだ。(笑

>名前は「有田」と名乗るのでした。(〃´o`)=3 フゥ
アニータとかヨギータでなくてよろしゅうございましたわ。(笑
しかし佐緒里(静奈)にプロポーズすると聞き、功一は内心穏やかではなかったはず…。

緊張のあまり、2階で横になっていたジョージは時効前に警察が動き出したことを知り、「両親が生き返る訳じゃないが、これで成仏出来るっていうか…。お前らもやっと親離れできるわけじゃん。」と喜んでくれていました。



>この言葉を聞いて、功一は犯人が捕まった後のことまで考えていて、泰輔は特に何も考えていなかった…対照的な兄弟の性格が伺えましたね。
けっこうこういうちゃんと普通の兄弟の対比みたいな事をさらりと挿入してあるんですよね。今回のクドカンはけっこうセオリーも踏まえてます。



もし両親が生きていたら…きっと親父は口うるさく、母親も用もなく電話してきては彼女や結婚のことを根掘り葉掘り聞いてくるような、鬱陶しい存在だっただろうと想像していた二人。
普通に生活していたら、もうとっくに親離れしていたはずなのに…。

家に帰ると、行成の家に着て行く服を楽しそうに選んでいた静奈。
泰輔はそんな彼女を眩しそうに見つめていましたが、静奈の方はウキウキしてるのを見透かされたようで不機嫌そうでしたね。(^-^;A
前回、勢いで告白してしまった泰輔ですが、何事も無かったかのように振舞う二人の様子が余計に切なく思ってしまいましたわ。

>『妄想係長 高山久伸 アイルビーバック』(≧∇≦)ノ彡バンバン!
目玉とルビーの銀行ですか?(笑 ←それちょっと違うでえ~
この台詞、ターミネーター1で主人公がパクられた後、警察に面会に行ったら門前払いになったシュワちゃんが「また来るぜ!」と言い残して車かなんかで突っ込んできた時の台詞ですね。後に、「2」の宣伝文句にクローズアップされたというわけですわ。
しかし、よく小さい画面の隅のポストイット文字を読みましたねえ。
地デジ対応大画面の家ですかぁ?(笑

>「南田志穂」は偽名で、彼女が実は静奈だったということを悟ってしまったようです。
ポストイットシーン、カット違い追加別撮りしてましたねえ。拍手!!

>ランニングマシーンを軽快に走る高山。
 筋肉芸人(?)の腕の見せ所ですな。(笑

>その後のCMで「ソフトバンク」のお父さん犬がランニングマシーンを走っていて、思わず爆笑ですわ!
そうでしたっけ。(笑 でも微妙にCMがリンクしてる場合はありますねえ。CMのほうが出来がいい場合も…(以降自粛・笑

>行成から聞いていた「松島屋の羊羹」で、貴美子のツカミはOK♪
 りんりん様 ほとんど芸人目線ですがな。(笑
>貴美子と仲良く料理をしていると、そこへ帰ってくる行成…想像する静奈が可哀想でした。
 家庭が不幸だからこそ温かい家庭を思い描いてしまう。胸が詰まりますねえ。

>ノートが本棚になかなか入らなくてドキドキした上に、部屋から出ると政行の姿でドキッ!
>その前も佐緒里から横須賀の洋食屋について、政行が強い口調で聞き出そうとするもんだから怖い怖い。
かなり政行が怪しい人物として目をつけてましたね。アレだけ、状況証拠を捏造された影で動く人物の姿を感じているのだから、洋食屋というキーワードの接点を出したシーはあまりにも無用心。美味しかったことにしておけばよかったのに… それが出来ない恋は罪作りな奴ですねえ。

>おまけにその日、柏原が戸神の顔を泰輔に確認させようとするものだから…。
 これもうまく待ちすぎの気がしますね。今回急激に怪しさを増してます。
>功一が「キャバクラに行きたい!」と、上手く気を逸らせてくれたから
 兄貴がキャバクラ行きたいっていうのはそんなに珍しいのか。(笑
>もしかしたらあの日、彼も見ていたんでしょうかね。
 そして、おそらく父一人子一人の生活の中、父は外出中。う~ん、ここでもなんか可愛そうな子供の姿が見えるような気がしますねえ。

>「さよなら」の彼女の言葉の意味に、全く気づいていない行成。
お互い何か腹に持っていたのでしょうか。旅立つ前に時間を取って欲しいという意味合い。既に何かが裏で起こっていたように思いますが…。

>柏原から今の段階では家宅捜索も出来ないと聞き、思わず声を荒げる功一。
 そりゃあ、アレだけ危ない橋を渡ればねえ…。
>「何者かによって、警察が誘導されているんじゃないか?」と不審がる柏原は、もしかすると何か感づいている?
 ホント今回はことごとく怪しい彼。裏の事情を知る限りほとんど知ってる素振りですね。勘がいいというより 何かを誘導する口ぶり 気になりますねえ。
>「犯人がわかったら、どうする?」刑事じゃなく単なる50過ぎのおっさんだったら…と質問した柏原に、「殺しますね」と答えた功一。
 いやあ、殺してもないのに殺人を目の前で起こさんばかりの迫力でした。
>功一からの同じ質問に「…殺すね」と答えた、友和さんの“間”といい、二人のシーンは鳥肌が立つほど絶妙でした。
 うけてたつ友和さんはまたこれが静かにかみ締めるように…。すくなくともそこには、百恵ちゃんの共演の二枚目でもなく、汚れ役に挑み始めてた頃の面影もなく、安定した男の哀愁が漂います。素晴らしい演技でした。

>裏メニューという「ハヤシライス」を柏原に出したってことは、功一の信頼の証なんでしょうかね。
 いやあ、アグレッシヴなくらい挑戦的な態度だとにらみましたがねえ。いかがなものでしょうか。

>行成と別れた翌日からお酒を飲んで荒れる静奈でしたが、4日後にはとうとう我慢できなくなってしまい、会いに行ってしまったようです。
鏡に向かってピース敬礼を泣き顔でしている姿がいじらしいですねえ。破滅に向かう事をうすうす感じながらもそれでもとまらない恋心。葛藤がいい感じに画面に描かれていました。

>そこへ現われたのが高山!
 高山 おまえは、ゾンビか!(笑
>彼女には2000万貸していて…と、ハッタリをかまして追い返してくれてました。
 なれてましたよねえ。これも気になります。
>「アリアケ」のレシピノートを持った行成から「あなたは一体何者なんですか?」と聞かれた静奈…というところで、つづく。
 ノートレシピ、二度も追い詰められて絶体絶命のシー、隠れて見てて更に出るに出られない脚本家と共演者。三つ巴ですねえ。三角という構図は色いろと応用がきき、人間が安心できる構図です。これをラストに振りかざしてしまう。
なかなかクドカン普通のドラマも出来るんじゃないの?(笑


コラボ新作は新パターン。4コマ漫画風。2と3はほぼ、原型のままで台詞と小物を足したて着色しただけですが、後はかなり加工しています。こういうパターンもあるぞということで。(笑
お返事が遅くなりました~(^^ゞ
>しとろえんさん
>完全コンビ復活ですやんか。(笑
おはぎさん、異動したはずが(笑)

そっか~。政行が柏原の尋問に顔色一つ変えなかったのは、柄本さんの演技だから?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
危うく、騙されるところでした(笑)

>今回はそういう意味では こういう腹の探り合いがあちこちに散りばめられてました。
そういうさりげなさもクドカンのマジックなんだろうねえ。ジョージのおふざけに気を取られてるバヤイではないのだ。(バカボンのパパなのだ。
これでいいのだ(笑)(^.^)
兄弟の対比といい、こういうさり気ないエピがちょこっと入ってるところは上手いですね。

「アイルビーバック」が読めたのは、大画面のお陰(笑)
残念ながら、まだ我が家は地デジではありません。(^^ゞ

>アレだけ、状況証拠を捏造された影で動く人物の姿を感じているのだから…
なるほど~。だから政行の目が鋭かった訳だ~(゜-゜)(。_。) ウンウン
それで最後の、行成がレシピノートを突きつける…ってところに繋がるんでしょうかね。
それとも行成が自分で気づいた?
しー危機一髪…というところですが、もう一週間がドキドキです(笑)

キャバクラに行ってた功一の様子から、思いっきり初体験の様子。(’-’*) フフ
あのお兄ちゃんがっ!?って感じで、相当無理してたみたいですね。
変な柄のシャツだったし(笑)

>すくなくともそこには、百恵ちゃんの共演の二枚目でもなく、汚れ役に挑み始めてた頃の面影もなく、安定した男の哀愁が漂います。素晴らしい演技でした。
(゜-゜)(。_。) ウンウン
そういえば、汚れ役…続いてた時期がありましたね。
私はゴールデンコンビが懐かしいです(笑)

ニッキド君の切ない演技にやられ、ニノ君の冷静さと感情の激しさの対比にやられ、最後は思いっきり切ない恵梨香ちゃん…。
もしかしてこの3人の代表作になるんじゃ?ってぐらいの作品になりそうですね。
単なる「男前兄弟と美人な妹」…というイメージだったのに、すっかり観方が変わりました!(^_^)

天然の行成キャラは、偽り?
だとしたら、計算マコちゃんもビックリの計算ですよ(笑)
でもさすが政行の息子だけあって、実はしっかりしてそう…。


4コマ漫画風…
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
お腹を抱えて爆笑させて頂きましたわ~♪
おパンツもちゃんと(笑)
しかし聖花が鵜匠だったとは~(違)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆三浦友和さん(のつもり) 三浦友和さんは、毎週金曜よる10時TBSテレビ系列にて放送されている金曜ドラマ『流星の絆』に柏原康孝 役で出演しています。 昨日は第8話が放送されました。 ●あらすじと感想
「あなたは一体何者なんですか?」予告での行成のセリフがいつ出て来るのかとヒヤヒヤ待ってました。しかし、いつしか行成が変わり者に見えなくなってますよね。貴美子が登場したせい?(笑)「奴に惚れてるんだとしたら…」「戸神のこと好きなんだろ」「好きじゃないって!...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク