FC2ブログ
「SCANDAL」 第8話
やっぱりたまきの息子は亡くなってたみたいですね。
勝沼が部屋に入ろうとするのを必死に止める姿は、確かに尋常では無かったですもん。
貴子たちに「ずっと部屋には誰もいない…と、告白したたまきは、もう二度と貴子たちには会わないし電話もしないで欲しいと突き放すのでした。
もう少しで理佐子の居場所にも辿りつけられるかも…というところで、この展開は残念でしたが、さすがに夫・哲夫が一緒となると、たまきも冷静にはいられなかったのかも知れません。

その夜、貴子が家に帰ると咲希が体調を崩していたのですが、このところの両親の不仲に心を痛めていたようです。
そんな咲希を見て、貴子はいつものお母さんに戻っていました。
後に、最近の貴子の行動にイライラしている秀典に対して、「男子は黙ってて!」とビシッと咲希が言ってくれたシーンがありましたが、もしかしてこれは伏線だったのかな?
こういう時、娘ってホントイイですわ(笑)

そんなある日、息子・駿介の部屋から血のついたナイフが見つかり、勝沼に呼び出されたたまき。
柄の部分に理佐子の指紋がついていて、血痕は誰のものか判らない…ということでしたが、理佐子と一緒にホテルに入っていった回想シーンで、金沢は普通に歩いていたということは、やっぱり彼女が刺して怪我をさせたんでしょうね。
ところがこの事件が公にならないってことは、金沢の方に何か都合の悪いことでもあるってことで、これは後々明らかになることでしょう。
ひとみの夫・雄一がやたらと周りを遠ざけようとしているのが、益々怪しい…(^_^;)

しかし理佐子の居場所が判ったからといって、わざわざ久木田が貴子の家までやって来るとは…。
電話で済むやん~って言ったら、ドラマにならない?(笑)
ここで咲希が大活躍♪

そして哲夫の居場所を、たまきに知らせに行った貴子。
そこへひとみと真由子も加わって、結局4人に戻ってました。
心の整理がついたのか、駿介の部屋へと貴子たちと共に足を踏み入れたたまき…。
部屋は亡くなった日のまま、時が止まっているようで、椅子にランドセルがかかっていて、床にはプラレール。
そしてぽつりぽつりと話し始めたたまきですが、息子をたくましく育てようと臨海学校に参加させ、その時に海の事故で亡くなった…ということで責任を感じ、ずっと亡くなった事を認めたくなかったらしい。
そしてそんなたまきに、哲夫は長年付き合ってくれていた。
一人また一人と、たまきの話に泣き出した3人が大声で泣きじゃくっている様子を見て、理佐子もやっぱりこの4人じゃなきゃダメだったってことかな~?と今更ながら思いますわ。

そんなところへ、「ただいま~」とひょっこり哲夫が帰ってきました。
何かこのシーンはすっかりたまきの気分になってて、ホッとしたやら嬉しいやら、思わず一緒に感動しましたもん(笑)
で、哲夫は理佐子の手紙をとやらを持っていて、先に読んだたまきが「この内容を受け止める勇気があるなら、読んでもいいわよ」…という挑発的な台詞で、つづく?
また気になるところで終わりますな~(^▽^;)アハハ





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : SCANDAL
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

これは読むのに覚悟はいりません♪
>やっぱりたまきの息子は亡くなってたみたいですね。
 こういう展開ではよくある話ではありますねえ。
>さすがに夫・哲夫が一緒となると、たまきも冷静にはいられなかったのかも知れません。
 隠し事が見つかり、夫は失踪。踏んだりけったり、ホンダシ、入れたり、ラジバンダリ~♪でございます。(笑

>ういう時、娘ってホントイイですわ(笑)
この台詞すごいといえばすごいんですが、逆に大人が情けないといわれてるような気がしなくもいないので辛らつな感じを受けちゃうんですよねえ。
勿論作家にもそんな意図はないんでしょうが そういう構図になることは考えてほしい気もするんですよ。
>金沢の方に何か都合の悪いことでもあるってことで、これは後々明らかになることでしょう。
弱みのあるやつは訴え出ないといいますからねえ。さて、脅迫でもしていたんでしょうか。油断してるとこういう逆襲にえてしてあうものです。
>ひとみの夫・雄一がやたらと周りを遠ざけようとしているのが、益々怪しい…
ここらへんが怪しいままで進展してるのはかなりイライラしますが。(笑
もっとヒントかなんかメッセージが欲しいですよねえ。

>電話で済むやん~って言ったら、ドラマにならない?(笑)
電話で済ませたら はやる気持ちが表現できませんよ。(笑
おそらく、現実でもすっ飛んでいく人はいると思いますねえ。私もそうするかも。
>ここで咲希が大活躍♪
 何かと使える娘ですね。(微笑

>そこへひとみと真由子も加わって、結局4人に戻ってました。
 それぞれが違う目的なのに同じ場所に集まってしまうというこういう裏腹な部分は面白いですよね。
>心の整理がついたのか、駿介の部屋へと貴子たちと共に足を踏み入れたたまき…。
こういう開かずの部屋はドラマでなくとも自分の心に閉ざした部屋がある象徴なんですよね。いつかは時間が経てばあけなくてはいけない。そこから旅立って成長せねばならない。だけど、巣立ちは誰しも怖い。大人になっても年をとっても我々は幾度もこういう壁と出くわすわけですから、いつまでもひるんでばかりもいられませんよねえ。

>息子をたくましく育てようと臨海学校に参加させ、その時に海の事故で亡くなった…ということで責任を感じ、ずっと亡くなった事を認めたくなかったらしい。
だいたい子供の事故の死因というと交通事故か海難事故ですね。
「ホカベン」での林間学校での死亡事故エピソードを思い出しますね~。

>理佐子もやっぱりこの4人じゃなきゃダメだったってことかな~?と今更ながら思いますわ。
女性の友情、ともに笑い泣き食べて語る。これに尽きるのでは。しかし、この友情がいまやバカに出来ない。男の友情がほぼ風化しようとしてますからね。
女性から、「男同士がつるんで気持ち悪いったらありゃしない」なんて台詞最近めっきり聞かなくなりました。みなさん、家庭優先、嫁さん優先なんですね。
しかし、近所づきあいはしない一方、こういう過密な付き合いを自他共に強いる生活って極端で結構無理が出てくるんじゃないかなあと思うんですよ。
そういう偏った付き合いが子供社会にも反映し、大事になったりするのだと思います。
肩を張らずにいい距離感で無理なく多数と付き合える方法。その中で親友や深い付き合いを模索していく。そういうことを真剣に話す時が今まさに来てるのだとも思うのですよ。
約15年前に同窓会をやった時にアラサーの世代の男性はほとんど昔の付き合いが寸断状態。地元にはほとんどいない上に残ってるのは腰の重い公務員がほとんど。
一方女性は主婦陣が地元に多く残っていて付き合いも続いているので情報もたくさんありました。行方不明と思っていた人も発見。すごいパワーですよ、女性は。
だから、今みたいな世で あまり男を攻撃しても却って弱るばかり。ここは昔の人の知恵のようにうまく操縦していいところを引き出してその恩恵にあずかるほうが得策だと思うんですけどねえ。

>そんなところへ、「ただいま~」とひょっこり哲夫が帰ってきました。
トボケてましたよねえ。KYな良純さんがこういう形でぼーっとした魅力が出てるのが好感持てます。

>また気になるところで終わりますな~(^▽^;)アハハ
いやあ、井上さんかなりきばった挑戦状を視聴者にたたきつけて終わったのはいいですが、所詮ドラマの範囲なのであまりハードルを上げないほうが無難な気がします。
実は話の進展よりもまったり感をけっこう楽しんでいたので、こういう風なちゃんとサスペンスに出来てまっさ といった具合の言い訳みたいな台詞は果たして有効か、それは来週答えが出ちゃうところなんですがねえ。
今、ざっと見てても評価はサスペンスやミステリーの方側にはあまり感じないんですが。

さて今回はコラボ新作にSCANDALと思いましたが後に回し、イノセントでいってみます。タイトルはmana様のイノセント7話に解説を書いてありますので、そちらをご参照ください。かなりマイナーな作品です。
そしてバックに彩るはそんなオツムが奏でる幸せの世界。Jの誰の何の映像か、歌は何かがわかったらあなたは超一流のJファンです♪
(≧∇≦)ノ彡バンバン!
>しとろえんさん
>踏んだりけったり、ホンダシ、入れたり、ラジバンダリ~♪でございます。(笑
(  ̄ー ̄)ノ◇ ハイ、ザブトン1マイ(笑)

> この台詞すごいといえばすごいんですが、逆に大人が情けないといわれてるような気がしなくもいないので辛らつな感じを受けちゃうんですよねえ。
女子には女子にしか解らない世界(笑)というか、どうも自分のことしか考えてなさそうなお父さんに「喝!」って感じでしょうかね。

>脅迫でもしていたんでしょうか。
(゜-゜)(。_。) ウンウン たぶんそんなところなんでしょうね。
示談金も高額な上に、理佐子まで…金沢はかなりの悪キャラ?(^_^;)

>みなさん、家庭優先、嫁さん優先なんですね。
(  ° ▽ ° ;) エッ ウチは全く逆ですわ(笑)
男同士、しょっちゅうつるんでおられますよ~(^-^;A
最近はやはり皆さん働き盛りなお年頃…ということで、集まる回数も減ってるみたいですが。
しかも私の方が近所づきあいが苦手。(^^ゞエヘヘ
ま、主人が地元ということもあるので、元々から繋がりのある方々が多いってのもあるかも知れません。
って、しとろえんさんに愚痴っても(汗)…って話ですが(笑)

>KYな良純さんがこういう形でぼーっとした魅力が出てるのが好感持てます。
うんうん(^_^) 今更ながら、良純さんのキャラが生きてきたって感じでしょうかね♪
ネグリジェ姿はないけど(笑)

うわ~「脳内メーカー」
当ってるぅ~!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
これ、やっぱり凄いですね(笑)
Jは半分ぐらいなら、分かるかも~♪(’-’*) フフ
光GENJIも懐かしい~♪
キンキの二人も若いですね~(^.^)
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク