FC2ブログ
「スキャンダル」 最終話
教会に現われた理佐子は失踪の全容について語り始めるのですが、そんなに衝撃的な意外性は正直なところ無く…(笑)

まずは8年前の傷害事件。
1本10万円もするワインを財務省が接待に使っていたことを記事にする…と強請られた金沢たちが、ホステスとして働いていた理佐子にライターについて聞き出そうとしたのを拒否され、悪態をついたことが発端。
理佐子を庇って久木田が金沢を殴り、怪我をさせたことで示談金を払わせ、そのお金をライターに払って記事をもみ消そうとしたはずが、それから調子に乗ったライターが何度もお金を強要してきたらしい。
示談金を使って記事をもみ消そう…と考えたのは、雄一。
ライターの脅しの度に金沢も理佐子を脅し、彼から逃れるために殺してしまおうと計画。
そのアリバイ工作に使うために、貴子たちとの逆ナンゲームを思いついたものの、結局は殺せなかった。
自分もあの“輪”の中に、もう一度戻りたいと、頭をよぎってしまったから…ってのは、ちょっと説得力がない上に、久木田のピアニストになるという夢を叶える為には、殺人未遂の妻は似合わない…と思って失踪したというのも、イマイチよく解りませんでしたわ。(^_^;)
ピアニストの妻が結婚式当日に失踪…というのは、実際に世間が大騒ぎして、余計に騒動になってしまってましたもんね。
ま~、それもこれも“愛”ゆえに…ってことで(笑)

理佐子には殺人未遂事件の逮捕状が出ていて、ひとみを尾行して教会に駆けつけた勝沼たちが、貴子たち4人を犯人隠避の罪で逮捕。
それから留置場での楽しい生活♪が始まるわけです(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
久木田が警察にきていることを知った貴子たちは、理佐子と会わせてやって欲しい…と頼み込むのですが、普通は無理だそうな。
でもそこは勝沼♪
二人が廊下で上手く鉢合わせするように、靴ヒモで時間稼ぎをするなんて、彼らしい粋な計らいをしてくれましたわ。
理佐子は心にもない言葉で久木田を突き放そうとするも、「ずっと待ち続ける…」と久木田は約束。
そしてこの事件をきっかけに、成長した4人の主婦たちも自分や夫、家族のことについてもう一度見つめ直すきっかけになった。

雄一から離婚を切り出されたひとみは、もちろん拒否。
退職すると聞かされても、これからも一緒に生きて行こうと決心したようです。
真由子は賢治と別れることにした…といっても、賢治の方はまだ想いが残っているみたい。
だって、あれだけの美貌ですもん~。そう簡単には諦め切れませんわ(笑)
でも彼女には水谷がいますしね~(’-’*) フフ

そしてたまきは、哲夫から離婚を切り出されていました。
二人の絆のような存在だった「開かずの間」が開かれ、過去の呪縛から解き放たれたかのように…。
たまきもそれなりの覚悟はあったかも知れないですね。
これからはたぶん、悪態をつきながらも(笑)お互いが心の支えになりそうな予感。

そして貴子は…
秀典は今までのことを謝罪、すっかり反省して良き夫になると思いきや、まだまだ浮気の虫は治まりそうにありません。(^▽^;)アハハ
ま、浮気男なんてそんなところです(笑)

「SCANDAL」というタイトルほどの事件ではなかったけど、女の友情も捨てたもんじゃないな…と意外なところで思わせてくれるようなドラマでした。





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : SCANDAL
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

>そんなに衝撃的な意外性は正直なところ無く…(笑)
今回のTBSはどちらにせよ、思ったところにミステリーはなかったという結果でしょうねえ。こっちはミステリーでもないから、拍子抜け感は否めません。
>それもこれも“愛”ゆえに…ってことで(笑)
 そういうわけでつじつま合わせは聞くには聞けてもさほど面白いプロセスでもありませんでした。愛情があったという形は美しかったけれども。

>それから留置場での楽しい生活♪が始まるわけです(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
 いやあ、この絵面は楽しかったなあ♪食べることに執着するハセキョーも面白い。
>この事件をきっかけに、成長した4人の主婦たちも自分や夫、家族のことについてもう一度見つめ直すきっかけになった。
 ここが裏テーマのようでしたね。ナンパゲームもこのためにあった。女性が自立か結婚生活の見直し・立て直しをしなくてはならない、そういう自尊心の喚起みたいなものでしょうか。

>雄一から離婚を切り出されたひとみは、もちろん拒否。
退職すると聞かされても、これからも一緒に生きて行こうと決心したようです。
>賢治の方はまだ想いが残っているみたい。
いやあ、根性がなければ追いかけることすら難しいですね。賢治のお茶目さに好感をもっちゃいました。

>そしてたまきは、哲夫から離婚を切り出されていました。
 これはきつかったですね。でもああいう関係はやっぱり賢也さんを思い出しちゃいます。
これからはたぶん、悪態をつきながらも(笑)お互いが心の支えになりそうな予感。
 この二人はお似合いですね。まあ、だんだん近づいちゃうじゃないでしょうか。
>秀典は今までのことを謝罪、すっかり反省して良き夫になると思いきや、まだまだ浮気の虫は治まりそうにありません。(^▽^;)アハハ
どっちかなあと。(笑 浮気なのか、パートナーの宣戦布告なのかなと。まあ、そういうどちらの可能性も見過ごせる大きさが出来たということでしょうか。

>「SCANDAL」というタイトルほどの事件ではなかったけど、女の友情も捨てたもんじゃないな…と意外なところで思わせてくれるようなドラマでした。
 ま、タイトルはフェイクで、少しわかりづらかったけど、女性同士の煮え切らない面白い関係性は描けていたんじゃないかなと思います。
かなり今回の中では高得点の部類です。

新作コラボは美月の続編。怖い台詞もつっこめば怖くない。(笑
カエラちゃんは好きな方ですが、あんなの作ったら心底惚れてまうで~~。(笑
こんばんは♪
>しとろえんさん
>今回のTBSはどちらにせよ、思ったところにミステリーはなかったという結果でしょうねえ。こっちはミステリーでもないから、拍子抜け感は否めません。
ピアニストの美人妻が、結婚式当日に失踪というスキャンダラスな事件…かと思いきや、蓋を開けてみれば~(^▽^;)アハハ
理佐子の真意を知って、ちょっと拍子抜けでしたが、これも「愛」あれも「愛」たぶん「愛」きっと「愛」ということで(笑)

>ここが裏テーマのようでしたね。ナンパゲームもこのためにあった。女性が自立か結婚生活の見直し・立て直しをしなくてはならない、そういう自尊心の喚起みたいなものでしょうか。
(゜-゜)(。_。) ウンウン そういう印象の方が強かったですね。

>賢治のお茶目さに好感をもっちゃいました。
でないと、あんなに若くて綺麗な真由子は落とせないでしょう~(笑)(’-’*) フフ
一見強面なのに、可愛い…作戦です(笑)

>でもああいう関係はやっぱり賢也さんを思い出しちゃいます。
そういえば、最近お見かけしませんね~(^-^;A

>浮気なのか、パートナーの宣戦布告なのかなと…
ということは、結局は切れてないってことですよね?(/_;)/アレー(笑)

>かなり今回の中では高得点の部類です。
最初はちょっと苦手かも?と思いつつ、回を増すごとにそれぞれのキャラが生きてきて、面白くなったドラマでした。(^.^)


「抱いて」の後の顔文字?のつり目加減が最高!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
真希ちゃんは埴輪?(笑)
で、研さんの横はじゃりン子チエちゃんのヒラメちゃんですか?(’-’*) フフ
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク