FC2ブログ
「イノセント・ラヴ」 最終話
予告で、聖花が教会の上から飛び降りたのを殉也が庇って…というシーンがあったので、どうせこんなことだろうとは思ってましたが、ここまでそのまんまとは~(^▽^;)アハハ
いや、もしかして何か他の捻りがあるかも?と期待した方が悪かったん?(笑)

頭に大怪我を負った殉也は、一命を取り留めたものの意識不明なまま…。
かつての聖花にそうしたように、今度は殉也の枕元で一生懸命オルゴールを鳴らし続ける佳音。
ま、お約束です(笑)
お陰で殉也は奇跡的に意識を取り戻し…といっても、後遺症で記憶を失っていた。
そんな彼の為に献身的に世話をする佳音。
そして意外に無傷だった(コラコラ:笑)聖花を、昂に頼んで連れてきてもらい、殉也を励まし続ける。

そんなある日、耀司が働いている工場へ訪ねてきた池田。
フリーになった池田は、いつか「希望を捨てずに生きている二人の姿を記事に書きたい」と告げ、そんな彼に「何があっても、生きていくしかないんですね。」とたたみ掛ける耀司。
妹・佳音の幸せを願い、生きて行こうと決心したんでしょうかね。
最初の方は、殉也に対する嫉妬ぶりがあまりにも凄かったので、もしかして血の繋がっていない兄妹?とか思ってしまうほどだったのですけど、この辺は軽くスルー(笑)

で、やっぱり昂は殉也のことを想い続けていたらしい。
挙式前に遠回しに告白したものの、鈍感な殉也は全く気づかず。(^▽^;)アハハ
今となっては、意識不明状態の殉也の前で、きちんと告白したのがきっかけで意識が戻ったとか?(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
そんな昂は、結局聖花と共に生きることにしたんでしょうか?
この辺、ちょっと有耶無耶?(^^ゞ

佳音は殉也の記憶を取り戻すために、美月にも協力を求めました。
しかも、急にイイ人になってるし…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
美月には楽しかった頃の思い出話をしてもらい、そんな話をしているうちに自分でも殉也に対する想いに心の整理がついた…という感じでしたね。
しかし香椎さんのキャラ、勿体なかったな~(^_^;)

そんなこんなで、カサブランカ、「いつくしみ深き」、佳音のために作曲した曲…で、記憶の全てが繋がった殉也は、教会にいた佳音のところへと駆けつけて、ぎゅーっと抱きしめ、キスを…
イヤー、もうこのシーンはこっちの方が恥ずかしくて見ていられませんでしたってば(笑)
堀北真希ちゃん相手に、長い長いキスシーン…頑張ってましたね~。
北川さんの口元が「チュー」になってて、思わず笑ってしまいましたけど(笑)オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )
めでたし、めでたし…



思い起こせば、毎回毎回ツッコミシーンの連続で、何だかんだと楽しませていただきました(笑)
こういうドラマに共感できなくなったのは、大人になって汚れてしまったせい?(^▽^;)アハハ






ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
関連記事

テーマ : イノセント・ラヴ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

イヴですよ~。
…って何もないですけどね。

>もしかして何か他の捻りがあるかも?と期待した方が悪かったん?
そんな甘い夢を見てたとは~。
私はもう完全スルー♪
語りたくもないですわんヾ(゚∇゚*)マァマァ

お約束のオルゴールではなく、自ら弾いたピアノでしたね。

>血の繋がっていない兄妹?とか思ってしまうほどだったのですけど、
>この辺は軽くスルー(笑)
私はここをスルーしたくなかった!(笑)
福士君の演技は好きでした。
キモイお兄ちゃんじゃなくて良かったです。

>こういうドラマに共感できなくなったのは、大人になって汚れてしまったせい?
りんりんさん、神に祈りなさい(笑)
お疲れ様です~(^^ゞ
>manaさん
お返事が遅くなりました。<(_ _)>
クリスマスもいつの間にか、終わってるし(笑)

甘い夢は見たかった~!(笑)

>お約束のオルゴールではなく、自ら弾いたピアノでしたね。
(  ° ▽ ° ;) エッ あれはオルゴールではなく?
最終回までも、すっかりながら観で、殆どスルーしてしまったので…(^▽^;)アハハ

最初の方で「本当の兄妹疑惑」をあれだけ引っ張っておいて、最後の最後で軽く流されちゃいましたもんね~(^_^;)
あーだこーだと推理してた頃が、懐かしい(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
でも福士君は爽やかなままでよかった♪(‘ ▽‘)ゞテヘッ

〔†〕 m( ̄0  ̄〃)オオ!カミヨ!!(笑)
>ここまでそのまんまとは~(^▽^;)アハハ
 ねえ。どういう圧力が動いているのかしらん。(笑
>もしかして何か他の捻りがあるかも?と期待した方が悪かったん?(笑)
 正常ですよ。 普通期待はしますよ~。あっさり、バッサリ切られました。(笑

>ま、お約束です(笑)
 ちゃんと説明的な自己弁護もお約束です。(笑
>お陰で殉也は奇跡的に意識を取り戻し…といっても、後遺症で記憶を失っていた。
 記憶を奪うための仕掛けとしては大げさすぎます。(笑
>池田は、いつか「希望を捨てずに生きている二人の姿を記事に書きたい」と告げ、
 他に取材に行ってほしいんですけどねえ。だめかなあ。(笑
>そんな彼に「何があっても、生きていくしかないんですね。」とたたみ掛ける耀司。
 なんか、この言葉がテーマっぽい。「どんな作品でも何が起こっても見るしかないんですね」

>血の繋がっていない兄妹?とか思ってしまうほどだったのですけど
 よもや、軽く視聴者に読まれてやめたとか。(笑
>この辺、ちょっと有耶無耶?(^^ゞ
 え~濃霧注意報が出ていますので、クリスマスとはいえど屋外への外出は出来るだけ控えてください。(笑

>殉也に対する想いに心の整理がついた…という感じでしたね。
 でも黙って最後振り返るのは未練とも別れともどっちつかず。女性は整理がついたら振り返らないものですがねえ。振り返るのは男です。(笑
>しかし香椎さんのキャラ、勿体なかったな~(^_^;)
同感です。ギャラだけで動いている感は、内藤さんのほうがもっと強いですが。

>堀北真希ちゃん相手に、長い長いキスシーン…頑張ってましたね~。
なんか、公開セクハラみたいな、見てはいけない背徳な感じも…。若い彼女にとっては役柄というより、そこは我慢のキスシーンでしょうねえ。

>思い起こせば、毎回毎回ツッコミシーンの連続で、何だかんだと楽しませていただきました(笑)
 私は妄想まで多用しました。(笑 まあ、ネタには事欠かなかったですね。
>こういうドラマに共感できなくなったのは、大人になって汚れてしまったせい?
 いやあ、映像はキレイだけど、打算的な制作側の心が汚れてると思います。創作の仕事ってもっとアーティスティックでないと感動を呼べないと思います。
視聴者が自分を責めるような作品はある意味「罪」でさえあると思います。

あ、すんじゃったなあ!!(笑 あっけなかったなあ。

スピンオフ新作です。第3期は4人が各局でドラマ出演。女性陣はかなり可愛い路線ではなくなってます。欠席の高齢者もいます。音楽、タイトルネタもあります。
圧力…(笑)
>しとろえんさん
そういうことでしたか~(^_^;)
事務所的に、これがギリギリ?(笑)

>ちゃんと説明的な自己弁護もお約束です。(笑
(≧∇≦)ノ彡バンバン!

>他に取材に行ってほしいんですけどねえ。だめかなあ。(笑
ホント、いい加減に見切りをつけないと(笑)
フリーになったことだし、ちょっとは考えないと…

>「どんな作品でも何が起こっても見るしかないんですね」
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
笑い過ぎて、お腹が痛い…


>なんか、公開セクハラみたいな、見てはいけない背徳な感じも…。若い彼女にとっては役柄というより、そこは我慢のキスシーンでしょうねえ。
確かに、我慢してましたね~(^▽^;)アハハ
しかし『公開セクハラ』…って~(笑)
ゆずの北川さん、役得ですな(笑)

( ・。・)? ん?
「ビーチボーイズ」に、「BOOWY」が混じってません?(’-’*) フフ
そして滝山様が…(≧∇≦)ノ彡バンバン!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「…あのね、お兄ちゃん。私、お兄ちゃんが居なかったら、  きっと今日まで生きて来られなかった。だから、殉也さんと出会えたのも、 今日ここに居るのも、全部お兄ちゃんのお陰だと思う。私幸せになるね」「あぁ」「今度会いに来て」「分かった。行くよ。幸せにな」 ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク