FC2ブログ
「ヴォイス~命なき者の声~」 第1話 失われた命を救う医学
初回は建設現場付近で何かの下敷きになって死亡した男性・市原(モロ師岡さん)のエピを絡ませながらの、登場人物紹介…という感じでしたが、主人公を演じる瑛太君の天然キャラがピッタリとハマってて好感持てましたわ。

まずは東凛大学医学部4年、加地大己(瑛太さん)。
「心臓外科学ゼミ」を志望していたはずが不合格で、なぜか「法医学ゼミ」に無理やり合格されていたような形跡が…?
後で15年前、大己が母親を亡くした現場で、教授の佐川文彦(時任三郎さん)と出会っていて、その時の彼の様子で法医学に向いてるんじゃ?と思った…という回想シーンがあったのですが、彼が医者を目指して、しかも自分の大学に入学するなんて確率を考えたら、かなりの偶然(笑)
しかも名札をチラッと見ただけで名前も覚えてたなんて、どんだけの記憶力!(^▽^;)アハハ
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)
最初は興味がなかった大己も、「法医学は人の死因を解明し、法医学者にしか聞こえない言葉や声を繋ぐのが自分たちの仕事だ」と佐川に聞かされて、思い直したようです。

そして大己の親友・石末亮介(生田斗真さん)は、明るいお気楽キャラのように見えましたが、実家は総合病院を経営し、後継者として期待されている御曹司。
著名な消化器内科医の父親同ゼミに入ると約束するも、勝手に法医学ゼミに入ってしまった…というところから察するに、そのまま後継ぎに納まるのは荷が重いと感じているようですね。

他には、「脳神経外科学ゼミ」に合格したにも拘らず、「法医学ゼミ」への異動を希望した久保秋佳奈子(石原さとみさん)。
気が強くしっかり者だが、意地っ張り…というキャラはさとみちゃんにピッタリ?(’-’*) フフ
でも脳神経外科学ゼミの教授からスカウトされるぐらいの学内屈指の才女の彼女が「法医学」を選んだのは、幼い頃に心不全で亡くした母親の死因に疑問を持っていることが理由らしい。
この辺は後に描かれるかも知れませんね。

そして実家の歯科を継ぐつもりだったのが、監察医を描いた海外ドラマにハマり、法医学の道に進んだ桐畑哲平(遠藤雄弥さん)。
彼の“オタク”ぶりは筋金入りで、その知識が異状死の調査に役立つこともあるらしい。

変り種なのが元暴走族という経歴を持つ、羽井彰(佐藤智仁さん)。
過去に自分が相手を一発も殴ってないのに死亡するという事件が起こり、犯人扱いされるものの、司法解剖の結果、死因が持病によるものだと判明して無罪に。
その後、学費を稼ぎながら猛勉強して法医学の道を志しているらしい。
引越し屋さんのバイト経験があり、重さに関しては知識があるというところはイイ感じ♪
しかし「仮面ライダーカブト」の時とはうってかわって、今回はちょっとワイルドですやん~(笑)
哲平との師弟コンビ(笑)は、毎回笑わせてくれるかな?

後は年上なのに大己たちにタメ口で喋られた(笑)刑事・大和田(山崎樹範さん)や、今回は大酒飲みでもなく、船にも乗ってない(by Dr.コトー)技官の蕪木誠(泉谷しげるさん)のキャラにはホッとさせられそうですね~♪
助教・夏井川玲子役の矢田亜希子さんはお久しぶりですが、全然違和感なかったですわ。
大己たちにレポート提出やら、ガミガミ言っても軽くスルーされ(笑)

で、他殺かも…と思われていた市原ですが、ビル前にある花壇に向かい、膝を地面につけ手を伸ばし、突っ伏すように気を失っていものの、落下物から逃げようとした形跡はない。
しかも表情は微笑んでいるように見えたというところから、市原がビルの屋上から飛び降りて自殺しようとした小学4年生くらいの子供を助けようとして、亡くなった…というところに辿り着いたようですわ。
でも別れた元妻・川鍋秀子(美保純さん)のアパートへ行って、その一部始終を想像を交えて大己が話したってのは、正直どうなんでしょう?
玲子から後で、小学生ぐらいの子どもの毛髪や市原とは別人の血液が見つかったと語られていたので、別に間違ってたという訳でもないのですけど、まだ学生の身でそこまで踏み込んでしまって大丈夫?と心配してしまいましたわ。(^-^;A
それに助かった子どもが現場にカードと共に花を手向けていた…という感動っぽいエピも、よくよく考えてみれば小学生が自殺?とか、その子が怪我をした人をそのままにして立ち去ったってことで、何となく後味が悪い気がしたのは私だけでしょうか?(^_^;)

色々とツッコミどころはありそうですが(前クールよりは全然マシ:笑)、ゼミの学生たちのキャラや、「月9」っぽくない雰囲気もなかなか期待できそうですね。




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

ドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。
関連記事

テーマ : ヴォイス~命なき者の声~
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

これはこれでいい月9♪
瑛太君って役柄で全く顔つきが違って見えますね。
さすがですが…
バラエティもんは苦手そうです(笑)

佐川と大己の関係も気になる所。
さてそんな偶然があるんでしょうか(^_^;)
私は名札に集中しすぎて、大河の与六だとは全く気づきませんでした。
この子はスゴイ演技力ですからね~。期待の新人(笑)

斗真君のオーラがどんどん薄くなって行く気がしてます。
イケパラがピークかヾ(゚∇゚*)オイオイ

佐藤智仁さん、カブトは見てなかったんですが、昼ドラでチラッと(^_^;)
今回の役柄はえぇんでないかぃ(^~^)
ワイルドなのに肝っ玉は小さい的な感じみたいなっ!

小学生が自殺…そして「ごめんなさい、ありがとう」のメモ
ってのは突っ込みたいところですが(^_^;)
許します?そうなっちゃいます?

月9なのに恋愛なし?みたぁいなっ!(笑)
>色々とツッコミどころはありそうですが
最近の脚本家の傾向ですかね。すぐに書かせてもらえる半面、修行の場もない、ハングリーさもない。山田太一さんの若い頃と随分違い恵まれた反面、ありがたさもわからないわけでしょうからねえ。
>ゼミの学生たちのキャラや、「月9」っぽくない雰囲気もなかなか期待できそうですね。
だんだんこういう群像劇も月9に割り込んできましたよね。のだめ、古くは「ビギナー」もそうでしょうか。

>なぜか「法医学ゼミ」に無理やり合格されていたような形跡が…?
名前が後から修正されたということはギリギリで交換したという感じ。裏取引があったのか。(笑
>しかも自分の大学に入学するなんて確率を考えたら、かなりの偶然(笑)
というか、それを覚え続けていたのは奇跡。(笑 他にやることなかったんかいな。(笑

>名札をチラッと見ただけで名前も覚えてたなんて、どんだけの記憶力!(^▽^;)
北島マヤか!というツッコミはともかくも、菊池桃子さんの息子さんが速読が出来るそうで、そういう人はスキャンのように写真を撮るように頭の中に全部入ってくるんだそうです。そしてそれらがファイルのようになるそうで。

>そして大己の親友・石末亮介(生田斗真さん)は、明るいお気楽キャラのように見えましたが
なかなかこういう2番手ポジションいいですね。暴れちゃってくださいという感じ。
>他には、「脳神経外科学ゼミ」に合格したにも拘らず、「法医学ゼミ」への異動を希望した久保秋佳奈子(石原さとみさん)。
賢い役が多いですが、先輩のドロンジョ同様、にま~~りの役が似合うんですがねえ。
きらきらひかるの学生版、きらきら監察医のうさぎならず、ひよこ(ピヨピヨ)
ピエピエだったらムッシュピエール。あ、また脱線。
脱線ついでに、最近、詩吟の発声にモンゴル民謡のホーミーの発声法が混ざってることに気づきました。ふ、深い。

>そして実家の歯科を継ぐつもりだったのが、監察医を描いた海外ドラマにハマり、法医学の道に進んだ桐畑哲平(遠藤雄弥さん)。
ちょっと前の刑事ドラマで「太陽にほえろ」に憧れて刑事になったような奴は…という台詞がありましたが、まさにそういう類。(笑
>過去に自分が相手を一発も殴ってないのに死亡するという事件が起こり
携帯電話を注意したり、傘の柄が当たっていても、近くの男が痴漢扱いされるのも救って欲しいなあ。(明日は我が身
>引越し屋さんのバイト経験があり、重さに関しては知識があるというところはイイ感じ♪
これ、経験談みたいよねえ。(笑
>助教・夏井川玲子役の矢田亜希子さんはお久しぶりですが、全然違和感なかったですわ。
扱い軽そうですが。なんか最近、いてもいなくてもいいのを無理やり登場させてる感じがあります。
>何となく後味が悪い気がしたのは私だけでしょうか?(^_^;)
事件の関わり上これ以上は仕方がないのですが、後味は悪いですよね。設定が第一話からこれっていうのは避けられたかもなあ。子供落下はきらきらでも使ったネタだから落ちると受け止めるというアレンジはいいとしても、せめて2・3話で入れて欲しかったなあ。

前回は「ガバチョ」ネタですね。わしもそう思う博士は思い出しながら描いてみました。退場マンに抱えられた女性は岡田有希子さんなんですよ。

さて、新作です。こういう画像はほとんどがTV放映ものなので頭や肩が切れてるので、作る作業も慣れてきました。生え際や額と髪の境目も作ることもあります。おかげさまでかなり技術がアップしました。ちょっと休んで篤姫を見たりしてましたが。
その新作は写真年表です。実はTBSはダメですがフジでは成婚率が高かったんですよ。それも結婚したら魔法が解けてしまって。(笑
考えて作ったはものの数も配置も相当気を使いました。(タメイキ
こんばんは~♪
>manaさん
>瑛太君って役柄で全く顔つきが違って見えますね。
でも髪の毛は相変わらず剛毛そう(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )

>さてそんな偶然があるんでしょうか(^_^;)
私は名札に集中しすぎて、大河の与六だとは全く気づきませんでした。
ドラマですから(笑)
んで、大己の子ども時代と与六役だった加藤清史郎君は、「劇団ひまわり」だそうですよ。さすが~(笑)(^.^)

>斗真君のオーラがどんどん薄くなって行く気がしてます。
イケパラがピークかヾ(゚∇゚*)オイオイ
「ハチクロ」も残念でしたしね~(^-^;A
今回も大病院の御曹司…ってことで、弾けたキャラじゃなさそう(笑)

佐藤智仁さん…ライダー→昼ドラから出世です(笑)
で、ワイルドなキャラって、かならず髪の毛がメッシュ?(≧∇≦)ノ彡バンバン!

>許します?そうなっちゃいます?
あれはちょっと…でしたね。(^_^;)
恋愛関係は、さとみちゃんをみんなで取り合い(笑)

>しとろえんさん
ドラマにリアリティーを求める方が、おかしいのかも知れませんね。
ドラマはドラマだから(笑)(‘ ▽‘)ゞエヘッ

「月9」といっても、少し前には「西遊記」もあったぐらいですから~(^.^)
でも群像劇は、結構好きかも♪

…ということは佐川も「速読」を?(笑)

>きらきらひかるの学生版、きらきら監察医のうさぎならず、ひよこ(ピヨピヨ)
ピエピエだったらムッシュピエール。あ、また脱線。
(≧∇≦)ノ彡バンバン! どんどん脱線しちゃって下さい!
なんだかいけそ~うな気がするぅ~♪
ウチの母親が詩吟を齧ってました(笑)

>携帯電話を注意したり、傘の柄が当たっていても、近くの男が痴漢扱いされるのも救って欲しいなあ。(明日は我が身
法医学ではちょっと難しそう…(’-’*) フフ

元奥さんに市原さんの亡くなった経緯を話して、少し感動的っぽい雰囲気にはなってましたけど、その他もろもろが雑な気がしましたわ。(^_^;)

>わしもそう思う博士…うんうん♪(^_^)
岡田有希子さんだったんですか?
うわ~、それはまた懐かしい…
最後は可哀想でした。(・_・、)

しかし今回もまた芸が細かい!!
よくここまで集められましたね~。
しかも情報が凄い…
しとろえんさんの作品には、毎回驚きの連続ですわ~(^o^)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 『人はいつか必ず死ぬ。 それでもその死から、かすかな声を必死で拾おうとする者たちがいる。 医大に入って、四年目の冬、僕らは失われた命を救う医学と出合った』  なんかいい感じじゃないですか~? ちょうどいい重さっていうか・・・月9らしい感じですよね。...
◆瑛太さん(のつもり) 瑛太さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』に加地大己 役で出演しています。 昨日は第1話が放送されました。 ●導入部のあらすじと感想
「お前は法医学に向いている」東凛大学法医学教室の教授・佐川文彦(時任三郎)に言われ、法医学ゼミに入ることになった、加地大己(瑛太)。実は佐川は15年前に、小学2年生の大己と出会っていました。まさかその頃から大己の言動に目をつけてたんですか?この辺も二人の間に
ドラマ「ヴォイス ~命なき者の声~」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:瑛太、生田斗真、石原さとみ、遠藤雄弥、佐藤智仁、濱田マリ、山崎樹範、名高達男、泉谷しげる、矢田亜希子、時任三郎、他 *脚本:金子茂樹 *プロデュース:瀧山麻土香、
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク