FC2ブログ
「ヴォイス~命なき者の声~」 第4話
今回は亮介の高校時代の友人・富士夫(田中圭さん)が、遺体となって司法解剖に運ばれてくる。
ショックを隠しきれない亮介。
体中には殴られた後…って、一瞬「銭ゲバ」と撲殺がかぶるやん!と思ってしまいましたが、血液検査で詳しく調べてみると、アナフィラキシーショックが原因で喉の内側に腫れができ、それが気道を塞いだために窒息死したらしい。
逮捕された富士夫の仲間・高沢(細田よしひこさん)は殴ったことは認めたものの、窒息に関しては首を絞められた痕もないし…ということで、直接の死因にはならなかったようです。
殺人に関してはお咎めはなかったとしても、大麻はアカン。
ま~、ちょっとタイムリーなお話ですわね。(^-^;A

しかし、何だか今回もスッキリしないというか…
お金に困っていた高沢が大麻を学生時代の友人に売るよう強要し、それを拒んだ富士夫がシーフードピザに入っていた“エビ”を食べたという、結局は自殺行為。
小学生の頃にも同級生に執拗にからかわれて、悔しさのあまりエビフライを食べたというエピが語られていましたが、それが父親の言っていた「男には守らなきゃいけないプライドがある」と結びつけるには、あまりにも腑に落ちないんですよね~(^_^;)
しかも意識が朦朧とするほどには大麻を使用していない可能性…って、結局は大麻を吸っていたことには違いはないですし。
大切な友達を守りたかった…とはいえ、この辺のモヤモヤは何処にぶつければ?(^▽^;)アハハ

でも「法医学」としての姿勢というか、遺族に対しては「真実と向き合って死を乗り越えるためのもの」、そして「無念の死を遂げねばならなかった人の真実の声を聞き取るためのもの」というのは、毎回感じさせられます。
ただ諸々のエピは、「感動」とはちょっと程遠いかな~(^-^;A

富士夫の死と向き合ったことで、亮介は父親に自分の意志をちゃんと伝えらることが出来たようですが、きっとあのままじゃ終わらないんでしょうね。
「自分の足で自分の決めた道」の言葉は一瞬頼もしく感じましたが、まだまだ青いです(笑)





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪
あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

開催中のドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。
関連記事

テーマ : ヴォイス~命なき者の声~
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

残念でなりません
月9にしなきゃいけなかったんですかねぇ。。。

>「男には守らなきゃいけないプライドがある」
>と結びつけるには、あまりにも腑に落ちないんですよね~(^_^;)
でしょう。あれはプライドですか?┐(´-`)┌ ダメダコリャ
もうちょっと泣けるエピはないのか。
あ、泣かそうとしてるんですよね?(^_^;)\('_') ォィォィ...

なるほど~。フフ
りんりんさんのレビューも心なしか短いわね(笑)

「どうして毎回スッキリしないの?ねぇどうして?
  大己どうして、ねぇねぇ、どうして…」
『エジソンの母』の、どうして坊やか!(笑)
最近は・・・
>manaさん
「月9」も色んなジャンルに挑戦してますが、今回はちょっと…(^^ゞ

>あ、泣かそうとしてるんですよね?(^_^;)\('_') ォィォィ...
もしかして、泣かせるつもりはない?
なら、合格~♪(笑)
りんりんさんのレビューも心なしか短いわね(笑)
ば、ば、ば、バレてる!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
教えてー!おじいさん~とか?(笑)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 さて、今回はそれぞれの法医学への思いを聞くことができましたね。 「法医学って遺族のためにあると思うんだ。 真実と向き合うことによって、死を乗り越えるための新たな一歩を踏み出す、 その手助けをすることなんじゃないかって・・」佐川教授(時任三郎) 「私...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク