FC2ブログ
「官僚たちの夏」 第3話
「三種の神器」もあっという間に終わり…。(^-^;A
今回は少し前からくすぶっていた“日米繊維摩擦”絡みのお話。
アメリカは安い“made in JAPAN”の存在で繊維業界の存続が危ぶまれ、「輸出を控えろ」と日本に圧力をかけてきたようです。

そんな時、通産大臣にアメリカ協調派の池内が就任。
繊維局長にはアメリカから呼び戻された玉木が任命され、同じ通商派の片山もカナダ大使館から繊維局へ異動。
それに対抗して(笑)、風越は庭野を大臣秘書官に、腹心の鮎川を繊維局に送り込んだ訳ですが、相手は池内…ということで、風越の手の内はバレバレでなかなか手強そうですわ。

折りしも、日本の繊維業界は増産につぐ増産で工場を新設したり、人員を大幅に増やしたり…と盛り上がっていたのですが、正式に綿製品の輸出自主規制が実施された場合、1年後では半数の企業が倒産する恐れがあるらしい。
・・・といったところで、何だかんだいっても結局は決まっちゃうんでしょうね。(^_^;)
要求をのまないと他の貿易にまで影響が及ぶみたいだし、「日米安保」もあるし、ここは繊維業界に泣いてもらう…と、とばっちりを食らってしまうようですわ。

「オカヤ繊維」も窮地に立たされ、ざこばさん演じる社長さんの悲痛な叫びに思わず涙です。(・_・、)
「OKAYA」のタグも泣いてますよ。




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


風越の娘・貴子もあっという間に大学生です♪(^.^)
関連記事

テーマ : 官僚たちの夏
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

官僚たちの夏改版商品価格:580円レビュー平均:4.22 教えて下さい 小説今TBSで元は城山三郎さんの小説の官僚たちの夏をしてますが、教えて下さい 小説今TBSで元は城山三郎さんの小説の官僚たちの夏をしてますが、この官僚たちの夏のような経済小説、または政治経
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク