FC2ブログ
「赤鼻のセンセイ」 第5話
5話目にして、やっと参太朗のウザさが薄まったというか(笑)
今回はあまり気になりませんでしたわ。(^.^)

わだっちの病状が悪化しているらしい。
七瀬先生からの連絡を受け、説明を聞きに病院へやって来た父親・邦春(山崎一さん)ですが、本当のことは本人には知らせたくない…という。
参太朗も父親の意向を汲んで、嘘を貫こうしたのですが、やえっちには気づかれてしまいました。
「大人は嘘をつくとき、優しい顔をする」
子どもの頃から周囲の大人や友達を見てきて、“嘘”はすぐに判るらしい…。

夏休みということで院内学級の比較的症状の軽い子どもたちが一時帰宅する中、病院に残った子ども達は『課外授業』とやらがあるらしいのですが、そっちの方がリスクが高く感じたのは私だけ?(^_^;)
参太朗はわだっちが描いていた、一面のひまわりが咲き乱れている『黄色い海』の絵を見て、思いをかなえてあげようと行き先を決定するのですが、当日わだっちが体調不良の為に参加できない。

それでも「自分の代わりに、みんなには見てきて欲しい」というわだっちの強い思いを受けて、現地へ向かう一行。
ところが5年という年月は、思い出の『黄色い海』を残酷にも工場に変えてしまったようです。(・_・、)
諦めきれないやえっては、わだっちに聞いていたタイムカプセルを捜すのですが、途中で喘息の発作が起きて断念。
代わりに参太朗が…ということになるのですが、今回はいつもの「俺が俺が」「前へ前へ」のウザイキャラではなく(笑)、さり気ない優しさにちょっと感動しました。

病院に戻ってきたやえっちは、わだっちから感想を訊ねられ、「凄かった!」といかにも感動したように嘘をついてしまうんですよね。
その場にいた邦春も話を合わせていたところへ、絹が本当のことを言ってしまう訳です。
(→o→)ゞ 「あちゃー」な空気が漂う病室。
ところが、これは絹の愛情でした。
「嘘だと思うなら、自分の目で確かめて来なさい。」
この言葉には、わだっちに諦めず元気になって欲しい…という思いが込められていたようです。

そこへ、カプセルを全部掘り起こした参太朗が戻ってきました。
中には「20歳の和田君へ」から10歳ごとに、「150歳の和田君へ」までという友人たちからの手紙が入っていて…。
「全部開けて読んでみるか?」という参太朗に、「今は中を見ずに取っておく…」と答えたわだっち。
彼の病気を治すという強い決心の表れが垣間見れて、少し救われました。
いくらドラマだからって、劇的に良くなるのは難しいでしょうけど、骨髄移植のドナーが見つかるとか、もう一声明るい話題が出てくると嬉しいんですけどね~。(^^ゞ




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

今回は派手な“ミラクル”は無かったけど、一番感動できたかも…(笑)(^_^)
関連記事

テーマ : 赤鼻のセンセイ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 今回のテーマは「嘘」。 和田っち(須賀健太)のCDをやえっち(神木隆之介)が勝手に持ってった事から 珍しく二人の間にケンカが勃発。 「俺は嘘つかれたことがムカつくんだよ!!」 いつになく、感情的なわだっちですが・・・ もっと本格的な嘘をわだっちにつく...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク