FC2ブログ
「任侠ヘルパー」 第6話
病院での診察の結果、やはり晶は若年性認知症でした。
自分でも自覚&覚悟していたいたせいか、医師の言葉を冷静に受け止めていた姿が辛い…。
そしてフラッシュバックのように思い出した彦一の“桜吹雪”ですが、息子の涼太には自分の病気を黙ってて欲しいということで、こちらは何とかクリア。(´▽`) ホッ
でも涼太のことを思うと、何だか複雑な気持ちにもなりますわ。

で、サブタイトルの「認知症患者の恋」というのは、てっきり「タイヨウ」でエロ爺さんぶりを発揮していた(笑)入所者の風間(ミッキー・カーチスさん)のことかと思いきや、彼の初恋の人・多恵ちゃん(木村夏江さん)のことだったみたいいですね。
日頃の行いが悪いせいか、セクハラをやめても、雑誌を処分しても“純愛”は誰からも信じてもらえない。
完全に自業自得…(^-^;A

しかし姑・多恵子を守りたい気持ちは解るけど、嫁・百合(横山めぐみさん)のあんなあからさまな拒絶ってのも首を傾げましたわ。
認知症の姑の介護は、家族の助けも無さそうだったし、そりゃ何も知らない者からにとっては想像を絶するほど大変なことなんでしょうけど、それにしても過剰反応し過ぎでしたよね。(^_^;)
結局、風間は気持ちを伝えられないまま、多恵子が肺炎をこじらせて亡くなってしまったのは何とも可哀想でしたが、あんなことに気を取られて、肝心の病気に気づけなかったんじゃ?
(今回はなぜか嫁に厳しいワタクシ:笑)
多恵子は認知症で、単に風間のことを夫と勘違いしていた…と思い込んでいたのが、実は昔の写真を探し出していて、何となく頭の片隅に思い出していたんじゃないか?と判って後悔しても、時すでに遅し…。
お葬式で涙ながらに話す百合が、白々しく見えたのは私だけ?(^▽^;)アハハ

一方、二本橋は離婚した妻との復縁を願っていた訳ですが、娘さんからも“極道”というだけであんなに拒絶されて、ちょっと可哀想でしたよね。
二本橋なりに、一生懸命それと悟られないように頑張ってる姿が不憫でした。
でも風間に出会い、「娘のことは気にせず、自分がどういう人生を選ぶかが重要だ。自分が選んだ人生なら、いつか解ってくれるはずだ…」と助言してくれたことで一念発起。
“極道”からは完全に足を洗い、元妻や娘と再び一緒に暮したい…という夢も、元妻の再婚相手を目撃してしまったことで、もろくも崩れ落ちてしまうのでした。(・_・、)
再び娘さんと会った時に、わざわざ“ザ・やくざ”みたいな格好をしていたのは、自分とは「二度と会いたくない!」と思わせるための行動だったのでしょう。
自分のことより、愛する元妻と娘の幸せを願って…。

今回、晶の母親も同じ「アルツハイマー型認知症」だったということが判りました。
遺伝するものなの?
それとも偶然?
どちらにしても、残される涼太が心配ですわ。
もしかして、行く行くは彦一が引き取ることになるとか?




ポチッと押してみる?
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

1話で好評だった清史郎君の“あひる口”が再び見られて、嬉しかったわぃ♪(^.^)
関連記事

テーマ : 任侠ヘルパー
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク