FC2ブログ
「JIN-仁-」 第5話
ヒヤヒヤしながら見守った、「ペニシリン」の製造。
「十八番、・・・・・・薬効あり!」と山田が叫んだ瞬間は嬉し涙が…って、ドラマなのに(笑)

野風に通された部屋にいた夕霧は、末期の梅毒でした。
しかしこの時代、特効薬の「ペニシリン」はまだ発見されてません。
とりあえず「予防が大切」と考えた仁は、「鈴屋」の女郎たちの梅毒検診を申し出るも、もし病気が見つかったら職を失うことになる…と誰も取り入ってくれませんでしたわ。(^_^;)
逆に、一度梅毒に罹った女郎が治ると値が上がるとかで、完治ではなく単に小康状態というだけで、これは間違った知識だと説明しても信じてもらえず…。

そこで「ペニシリン」の製造を決心した仁。
実は未来が学生時代の頃に、自然のものから作り出す方法を書き記したレポートを見せられていた訳ですよ。
「出来ないって言葉、嫌いなんです…」
これって、やっぱり偶然ではなく必然?
このために、江戸へタイムスリップさせられたのか?
・・・自問自答する仁。
ところが「青カビ」から作り出すことは知っていても、その工程が思い出せない。
というところで、仁が吉原へ…と心配していた咲が偶然油のビンを倒して、それがヒントになって無事に思い出すことが出来ました!
「油は油で落とすって言うでしょ。濾過した青カビの培養液に菜種油を加えて、撹拌するんです。」

そこで洪庵たち西洋医学所の人々の力を借りてあらゆる「青カビ」を集め、製造することになったのですが、その抽出作業には複雑な工程をこなし、さらに薬効があるかどうかは分からない…というかなり難しいらしい。
無事に「ペニシリン」が出来上がった時には、本当に感動しましたよ~(^.^)
しかしこの時代の治療は、梅毒でただれた皮膚に直接「銀」を塗ってたんですね。
今思えば、かなり無謀な…(^-^;A

で、早速出来上がった「ペニシリン」を、夕霧に何本も静脈注射を打つ。
一時危篤状態だった夕霧は意識を取り戻し、症状もみるみる回復していった…かに見えてたのですが、「ペニシリン」の製造は不安定の上にやはり末期の梅毒の治療には限界があったようです。
それでも「泣いても一生、笑ろうても一生。ならば今生、泣くまいぞ…」という言葉を残し、笑顔で息を引き取った夕霧を見送った野風。
野風も仁に感謝してました。
この尊敬と感謝の気持ちが、徐々に愛情へと変化していくんでしょうかね。
今回は出番の少なかった龍馬さん(笑)も、気が気じゃありません。
脱藩が無罪放免になった…と、喜んでいる場合じゃありませんわ。(^^ゞ

ところで・・・
仁のお陰で次々と新しい治療方法を教わる洪庵たちのことを、快く思わない輩もいるらしく。(^_^;)
次回は洪庵の弟子・佐分利が、罠にはめられてしまうようですわ。
西洋医学所を設立した伊東玄朴が突然地位を追われて、失脚。
そのため、居場所の無くなった玄朴派の医者達が不安と不満を抱き始めて、陰湿な計画を企てているみたい。
男の嫉妬って、結構怖いんですよ~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

咲が吉原へ出入りするための「大門切手」が無く…。
そこでかんざしをするりと抜いたかと思うと、袴に着替えて男の格好に扮装した咲。
なかなか似合ってましたやん♪(’-’*) フフ
関連記事

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんわ~
>山田が叫んだ瞬間は嬉し涙が…って、ドラマなのに(笑)
いや~このドラマ見てる人はみんなドキドキヒヤヒヤして見守ったと思うわ~
私も山田の声聞いて、心の中でヤッターーー!って叫んだわ~(笑
>ペニシリン」を、夕霧に何本も静脈注射を打つ。
あんなに何回も打って大丈夫か?って思ったけど、そのお陰で驚異的にブツブツがなくなったんですもんね・・
>今回は出番の少なかった龍馬さん(笑)も、気が気じゃありません。
そうそう!今回は龍馬さんの出番が少なくて寂しかったわ~
その分来週は大活躍か?仁をすくってくれるんですよね?
のうたいとるでありんす
もう、こうなったら歴史が変わる事が
いいのか悪いのか考えている場合じゃないもんね(^^;)
フレミングだろうが、エジソンだろうが、知ったこっちゃないぞ!
電球やらモーターやらCTまで、じゃんじゃん発明しちゃえば?
戦国自衛隊かよヘ(__ヘ)☆\(^^;)
いずれ「時の番人」か「男の嫉妬」が帳消しにしてくれるで
ありんす(^_-)
こんばんは~♪
>きこりさん
>私も山田の声聞いて、心の中でヤッターーー!って叫んだわ~(笑
あっ!きこりさんもやっぱり?ヽ( ^ー^)人(^ー^ )丿
これで失敗じゃ、あまりにも辛すぎますもん。

そうそう!注射打ち過ぎに思えたけど、結果的に湿疹がみるみる消えて、
良かったですよね。

このドラマは龍馬さんが出ないと、始まりません!(笑)
来週は仁も危ない目に遭うみたいだし、ここは大活躍していただかないと~(^_-)-☆



>パピさん
お疲れ様でありんす~(’-’*) フフ

>もう、こうなったら歴史が変わる事が
いいのか悪いのか考えている場合じゃないもんね(^^;)
フレミングだろうが、エジソンだろうが、知ったこっちゃないぞ!
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
うわ~、懐かしい♪>フレミング
左手の法則(笑)
メスやら注射器、点滴器材まで作ってしまってるんですもん。
もうドンと来い!(^.^)

「時の番人」…やっぱり出てくるんでしょうかね。
あのチラッと映ったお侍さん?
気になってるでありんす。(^^ゞ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆野風 役の中谷美紀さん(のつもり) 中谷美紀さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に出演しています。 昨日は第5話が放送されました。 ●あらすじと感想
野風に、末期の梅毒患者・夕霧(高岡早紀)の治療を頼まれた仁は、手の下しようがないと断りましたが…「今の我らに、何かできることはないんでしょうか。 今、目の前で苦しんでおる民のために」洪庵の言葉に仁はまず、梅毒の感染を防ぐため、女郎たちを調べることに。と...
 「死も救いなんですよね・・・」仁 「夕霧さんが、笑って逝けたのはペニシリンのおかげです」咲  病を治すためだけでなく、穏やかな死を迎えるためにも薬は必要なんだよね・・(。pω-。) 夕霧さんは亡くなってしまったけど、未来は確実に変わっている・・・ その...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク